【いじめ裁判】神戸市で起きた恐喝事件の内容と学校の対応

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回の記事は「いじめ 裁判」というキーワードで平成11年頃に起きた神戸市の中学校いじめ事件の内容を詳しく調べた内容となっています。

 

 

なぜ実際にあった裁判の内容や判決をまとめる必要があるのかと言うと、いじめを裁判で争うときに

 

・「いじめ」の何が問題になっているのか

 

・事実の証明で「認められたもの」と「認められなかったもの」の違いは何か

 

・「学校の対応」で問題となっているものは何か

 

・損害賠償金の相場はどれ位なのか

 

・実際にどれ位の期間が掛かるのか(事件の日と判決の日が書かれているから)

 

など、いろいろな情報(私たちがなかなか知り得ない事)を知る事が出来るからです。

 

 

 

いざ裁判をやろうと考えても実際には大勢の人と時間とお金が掛かってしまうのは、これを読んでいるあなたも知っている通りだと思います。

 

 

さらに裁判で必要な証拠は自ら集めなければならないので、証拠として認められる内容はどういったものなのかも予め知る事も出来るでしょう。

 

 

判例は「今後このような痛ましい事件を起こさないようにする為の教訓」という意味合いの他に、「加害生徒側や学校の対応について責任を問う為の方法や経緯」についても書かれています。

 

 

 

本当に「いじめで自殺する生徒を減らす」と考えているのであれば、単に痛ましい事件がありましたと過去形にするだけで無く、

 

 

・「事なかれ主義」の今の学校で、加害生徒や学校への責任を問う為にはどうすれば良いのか

 

 

私たち自身が判例を見て考えて行くべきだと私は考えています。

 

 

「法律は知っている者のみを助け、知らないままの者には手を差し伸べる事は無い」

 

 

弁護士だけに任せっきりでは無く、我が子の事は私たち親がしっかりと守って行かなければならないと思います。

 

 

 

以上を踏まえて今回の事を見ていくと、主に「暴力」「カツアゲ(金銭面のトラブル)」がメインとなった問題で、被害者のA君は後で不登校となってしまいます。

 

 

加害生徒は2人いて(BとC)、Aが通っている塾にまで押しかけて「カツアゲ」をする事もしばしばあったようです。

 

 

今回の事件では、被害者であるAの受けた暴力などの内容が悪質であるためにAの保護者は裁判で争う事にしました。

 

 

中学校で起こるいじめは内容が深刻なものが非常に多く、不登校に陥る生徒も多いです。

 

 

さらに最近の中学生は「スマホ」を使っていじめをするケースも多くなってきて、中には小学生からスマホを使っていてこの問題に荷担するケースも多くなってきています。

 

 

既に子供にスマホを与えている方も、これからスマホデビューさせる方にも「スマホ」対策を詳しく書いた記事を紹介させて頂きます。

 

※スマホを使ったいじめを少しでもなくす為にまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください。

スマホを中学生で買う前に必ずやっておいた方が良い事とは!?

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

被害生徒が受けたいじめの内容は!?

ここでは、今回の事件で被害生徒が実際にやられた内容を詳しく見ていきたいと思います。

 

 

被害生徒AがBとCにやられていた期間は平成11年6月~平成12年3月までの期間となり、ちょうどAとBとCが中学1年生の時の出来事になります。

 

 

小学校は一緒の学校で「AとB」とは6年生の時に、「AとC」は3年生と4年生の時に一緒のクラスだったことが裁判で判明しています。

 

その当時からAはBとCに因縁をつけられ、暴力を受けていたようです。

 

 

そして中学校に上がって、今回の事件に発展していきます。

 

 

【主な内容】

 

・賭けトランプを一緒にやろうと誘い、イカサマをしてAから4000円だまし取る

 

・上記金銭を払わない時に「殴る」「蹴る」などの暴力を振るう

 

・トイレの個室に閉じ込め「暴力」を振るう

 

・当時Aが通っていた塾にまで押し寄せ「カツアゲ」や「暴力」を行う

 

・Aをとあるマンションの駐車場に呼び出し、暴行をする

 

・万引きを強要する

 

 

今回起きた問題の内容はどれも「法」に触れる内容ばかりとなっています。

 

 

「暴力」や「お金」が絡んだいじめは深刻な問題に発展しやすい傾向がありますが、体や財産に直接的に影響が出るものなので「目に見えるような証拠」も残しやすいでしょう。

 

 

「アザ」や「傷」、「お金」を用意するのには限界があるので足が付きやすいです。

 

 

子供の変化が「目」につきやすいので、注意深く見れば問題解決の糸口は掴みやすいでしょう。

 

※今回の他に「中学校で起きるいじめの内容」についてまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください。

それっていじめかも!? 中学生の我が子がでいじめられた時の解決策

 

 

 

 

学校の対応はどんな内容か!?

ここでは今回の問題に対する「学校側の対応」をまとめていきたいと思います。

 

 

学校全体の対応として、

 

・問題の当事者が同じ小学校なので、中学校の先生方は小学校の先生と会議を行い、当時の様子などに問題があったのかを検討する

 

・上記の内容を今度入学する新1年生に対しても同様に行う

 

・毎週1回は必ず「生徒指導委員会」や会合を行い、「学校問題」に対する話し合いをしている

 

・過去のトラブルを事例化した「生徒指導ファイル」を全教員に渡して、指導の統一化を計っている

 

といった内容が裁判で認められています。

 

 

また特に注目したい内容として、

 

・問題を先生1人で抱え込まず、部活の顧問やその友達にしっかりと「情報を共有する事」や「やられている所を目撃したら連絡する事」を徹底させる

 

・被害生徒の家族にその都度連絡を入れて、不登校になっても定期的に連絡をしてケアする

 

・BとCについては問題をよく起こす生徒として過去何回か指導しており、問題を起こした時には保護者に連絡を入れて放課後に時間を取り話し合いを続けている

 

・休み時間や放課後に学校全体を見回りをして、少しでも怪しい行動していた生徒を見かけたらその都度指導する

 

といった対応が認められました。

 

 

今回の事件ではAに暴行するときに何人かに見張り役をさせて「見つからない様にしていた事」もあり効果があまり見られない結果となっていますが、学校の対応として裁判では非常に高い評価を得ています。

 

※今回の学校の対応の他に、裁判で評価された学校の対応などについてまとめている記事を載せていますので一度読んでみてください。

いじめの対応や指導方法 今の学校はどこまでやってくれるのか!?

いじめ問題で学校が実際に行った「神対応」とは何か!?

 

 

 

今回の学校の対応をまとめると珍しく積極的に対応していると感じるでしょう。

 

 

多くの学校での対応は「その学校だけで完結しようとする」傾向が強く、関係機関との連携を取ることが少ない場合が多いです。

 

 

 

それに伴ってか、被害生徒家族への情報公開もなかなか行われない事が少なくありませんが「いじめ防止対策推進法」が平成25年に制定されてからは環境に変化が出てきています。

 

特に「情報公開」については、少しずつではありますが早めの公開を実施している学校が多くなっています。

 

 

 

また、学校だけでなく「外部機関」に対しての相談件数も合せて増えてきているので一度相談をしてみると今まで考えもしなかった方法が見えてくるハズです。

 

 

※いじめの相談を受けてくれる機関についてまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください。

いじめ対策 子供の接し方や心のケアの方法など重要ポイントまとめ

 

 

ちなみに私「はかせ」は行政書士の方に「学校への要望書」という形で我が子が受けたいじめの事実とそれからの対応を書面で作成し、話し合いのベースとして対応してきました。

 

 

この問題が「風化」してしまわないように「形」に残しておく事は解決策としては非常に意義のある内容だとやってみて思いました!!

 

※いじめと行政書士についてまとめた記事を載せていますので一度読んでみてください。

なぜ、最近「いじめ問題」を行政書士に依頼するのが多いのか!?

 

 

 

裁判で争われた内容は!?

Aが行われた内容について、裁判ではどのように判断されたのかをこの段落で詳しく見ていきたいと思います。

 

 

この裁判の争点を大きく分けると、

 

・今回の問題についての「学校側の対応」に不備はあるのか

 

・加害生徒の保護者に「監護義務違反」は認められるのか

 

の2つに分かれます。

 

 

 

 

今回の問題について「学校側の対応」に不備はあるのか

前述した「学校の対応」に説明した内容を元にまとめていきます。

 

 

被害生徒であるAは酷い暴力を受けていたけれど、担任の先生や周りの生徒にカバーされながらなんとか難を逃れる事が出来ました。

 

 

そして、今回の学校の対応について「安全配慮義務違反」が認められる為には学校側の対応に「故意や過失」が認められなければなりません。

 

 

 

今回の事件について学校の対応を見ていくと、

 

・問題を予め予測する事は出来た(予見可能性が認められる)

 

・保護者側に「情報」を共有している

 

・教師全体で問題を対応している、または情報を共有している

 

 

といったように「学校全体での問題解決」に積極的に取り組んでいる事が認められています。

 

 

特に前述した学校の対応についてまとめた所でも書いていますが、被害生徒のケアを継続的に続けていた事やトラブルがあった場合にその都度対応していた事が判明していますので学校の「安全配慮義務違反」について認められる可能性は低いと考えられます。

 

 

そして今回の裁判では学校の「安全配慮義務」については「過失」が認められず、責任を負わないと判断されました。

 

 

※もし今回の様な学校の対応とは逆に、「不満や不備」があった場合について詳しくまとめた記事を載せていますので一度読んでみてください。

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

 

加害生徒の保護者に「監護義務違反」は認められるのか

BとCは度々学校で問題を起こしており、Aだけで無く他の生徒にも暴力を振るっていた経緯があります。

 

その他に凶器などを持ち込んだりと、学校も対応に追われていた事も裁判で判明しています。

 

 

「学校の対応」の所でも書いていますが、BとCが問題を起こす度に保護者に連絡を入れています。

 

 

なので、保護者はBとCが問題をよく起こす生徒と言う事を知っており、「指導や監督をしなければならない」立場になります。

 

 

そして、今回の事件では加害生徒であるBとCの保護者に「監督義務違反」を認める判決となりました。

 

 

もし、BとCが学校生活で問題を起こす生徒で無く保護者にも特段の連絡が無い場合になると「監護義務違反」を相手に認めさせる事はちょっと難しくなるかも知れません。

 

 

※親が負う責任「監護義務違反」について詳しくまとめた記事を載せていますので一度読んでみてください。

いじめを裁判所に訴える!! 実体験から学んだ負けない為のポイント

 

 

 

【いじめ裁判】神戸市で起きた恐喝事件の内容と学校の対応 まとめ

 

今回の裁判で、被害者家族が請求した内容はこのようになっています。

 

・被告ら(BとC、その保護者ら、神戸市)は原告Aに対し、連帯して約500万の損害賠償金を支払う

 

 

そして、実際に出された判決の内容はコチラ

 

・被告ら(BとC、その保護者ら)は原告Aに対し、連帯して約100万の損害賠償金を支払う

 

 

 

請求金額は5分の1に減額されていますが、学校の対応が「被害者側の期待に応える」内容になっている事が特徴の判例となっています。

 

「情報の共有」が出来ている事が、私は特に素晴らしいと思ったポイントになります。

 

 

対応の差があれど事実を公にする行為が「学校への信頼」のバロメーターになると、実際にいじめ問題と共に何年か過ごしてきて実感しています。

 

この記事でまとめたように、学校の協力を仰ぐ事が「いじめ問題」解決の近道となり我が子が安心して学校に通える対応にも繋がるでしょう。

 

そこで、「いじめ-ラボ」では実体験を元に「相談コーナー」を実施していて、学校との話し合いの仕方や保護者が「いじめ問題」で出来る事など、実際に我が子がいじめに遭って裁判を起こした経験を元に具体的なアドバイスを行っています。

 

いじめを受けてこれからどう対応していけば良いのか不安な時は、一度「いじめ-ラボ」までお話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました