いじめ裁判事例 統合失調症といじめの関連性を認めたケース

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめーラボ管理人「はかせ」と申します。

 

 

今回は「いじめ 裁判」というキーワードで実際にあった裁判事例を紹介しつつ、裁判でいじめを認めてもらうにはどうしていけば良いのかまとめた記事になっています。

 

 

なぜ実際にあった裁判の内容や判決をまとめる必要があるのかと言うと、いじめを裁判で争うときに

 

・「いじめ」の何が問題になっているのか

・事実の証明で「認められたもの」と「認められなかったもの」の違いは何か

・「学校の対応」で問題となっているものは何か

・損害賠償金の相場はどれ位なのか

・実際にどれ位の期間が掛かるのか(事件の日と判決の日が書かれているから)

 

など、いろいろな情報(私たちがなかなか知り得ない事)を知る事が出来ます。

 

 

 

いざ裁判をやろうと考えても実際には大勢の人と時間とお金が掛かってしまうのは、これを読んでいるあなたも知っている通りだと思います。

 

 

さらに裁判で必要な証拠は自ら集めなければならないので、証拠として認められる内容はどういったものなのか予め知る事も出来るでしょう。

 

 

判例は「今後このような痛ましい事件を起こさないようにする為の教訓」という意味合いの他に、「加害生徒側や学校の対応について責任を問う為の方法や経緯」についても書かれています。

 

 

 

本当に「いじめで自殺する生徒を減らす」と考えているのであれば、単に痛ましい事件がありましたと過去形にするだけで無く、

 

 

・「事なかれ主義」の今の学校で、加害生徒や学校への責任を問う為にはどうすれば良いのか

 

 

私たち自身が判例を見て考えて行くべきだと私は考えています。

 

 

「法律は知っている者のみを助け、知らないままの者には手を差し伸べる事は無い」

 

 

弁護士だけに任せっきりでは無く、我が子の事は私たち親がしっかりと守って行かなければならないと思います。

 

 

 

この記事で紹介する判例は、、平成14年に広島県で起きた中学校いじめ事件の内容となっています。

 

 

この判例で注目すべき内容は、いじめによる影響で「統合失調症」になった場合に「いじめの損害」として認められたと言う事です。

 

 

統合失調症とは「考えている事」と「気持ちの内容」が一致せず、情緒が不安定になる精神疾患の一つ。

 

時には幻聴がしたり、気分が一気に落ちたり、怒りだしたりと「気持ち」の起伏が激しいのが特徴の病気になります。

 

 

 

この裁判でも被害者である生徒(A君)は「ショベルカーに乗った男が殺しに来る」と訴え学校をしばらく休みます(不登校になる)。

 

 

 

この記事では今回起きたいじめを先ほどの「統合失調症」との因果関係も含め、

 

・「いじめ」の内容

 

・学校の対応

 

・裁判でどう認定されたのか

 

を中心にまとめています。

 

 

いじめを裁判で争う場合には「いじめ」と「被害内容」との因果関係が認められなければ成りません。

 

 

外から見て分かる被害内容(例えば傷や後遺症など)であれば因果関係を証明する事は比較的にしやすいと思いますが今回の様な目に見えない内面の傷(統合失調症をはじめとする精神疾患など)は証明が難しくなります。

 

 

しかし、いじめの大半はこの「目に見えない内面の傷」が深刻であり、誰にも分かってもらえず自殺まで選んでしまうのが現実です。

 

 

今回の裁判ではどんな経緯を経て「統合失調症」と「いじめ」の関係が認められたのか!?

 

この記事で詳しく見ていきたいと思います。

 

※この記事の他にも統合失調症をはじめとする「精神疾患」と「いじめ」に関連した記事を載せていますので紹介させて頂きます。

解決までに10年掛かった名古屋「市邨学園」いじめ事件まとめ

【いじめ裁判】「うつ」になった事を裁判で認めさせるには

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

裁判で争われた「いじめ」の内容とは!?

今回の裁判で明らかとなった「広島県の中学校」で起きたいじめの内容とはどんなものだったのか!?

 

「統合失調症」にまでなった凄惨ないじめの内容とは何だったのか!?

 

箇条書きにまとめてみました。

 

 

【いじめの内容】

 

・文房具を投げる、壊す

 

・シャープペンで被害者の子の手を刺す

 

・首を絞める

 

・羽交い締め

 

・石を投げる

 

・水をかける

 

・蹴る

 

・悪口(キチガイ、貧乏人、障害者など)

 

・万引きをしたことをもとに脅迫する

 

 

 

これらの内容を見ていくと、被害者の生徒に対して「からかい」ではなく「悪意」を持って接し暴力(中には大けがをさせるものも)を働いたと言える内容となっています。

 

 

中学校2年生の始め頃から被害者A君に対するいじめが見られるようになり、中学校卒業するまで継続的に(毎日)いじめられていたようです。

 

 

項目の一番下の「万引きをしたことをもとに脅迫する」という内容は、いじめっ子グループに「運動神経が無い」「臆病者だから」と馬鹿にされ意地になって万引きをした事が元で脅迫されてしまうと言う内容になります。

 

 

 

中学校の子供によく見られるいじめの傾向として「暴力」と「お金」に関するいじめが非常に多くなります。

 

小学校とは違い「力」も大人に準じて強くなりますし、「金銭の恐喝」では時に数万円にまで及ぶ事例も珍しくありません。

 

 

子供の体で「見えない部分(例えば背中や脇腹、二の腕など)」にアザが残っているのであれば「いじめ」を受けている事を疑った方が良いかもしれませんね。

 

※今回の中記事とは別に「中学校のいじめ」について傾向別に詳しくまとめた記事を載せているので一度読んでみてください。

それっていじめかも!? 中学生の我が子がでいじめられた時の解決策

 

 

 

特に「統合失調症」になった大きな要因は、「万引き」したことをもとに「お金」を加害者(B、C、D、Eの4人)からせびられていた事が大きい様です。

 

 

・「万引き」したことを警察に通報する

 

・万引きした商品のお金を代わりに払っておいたから、その分払え!

 

・立て替えた分を払わないと利息を取る

 

・黒板に「万引き男」と書く

 

・自宅にまで押し寄せて「万引き男」と言いふらす

 

 

などといった事が裁判で明らかになっています。

 

 

 

確かに万引きは犯罪で責められるのは致し方ない部分があると思いますが、加害生徒側がその事実を逆手に取って脅迫する事は別問題になりますよね。

 

 

被害者のAは家でもクラスでもずっと脅迫される事になり非常に大きなストレスを抱えることとなります。

 

 

中学生くらいの年齢なら「万引き」で通報されたとしても「逮捕」まで行かない事は分かるかも知れません。

 

常日頃「警察」と「お金」のキーワードで脅迫されてしまえば大人でもストレスはかなりかかる内容だと思います。

 

 

結果、「日頃のいじめ」と「万引き関連の脅迫」が合わさって被害者のAは「統合失調症」となってしまいます。

 

 

 

 

学校の対応はどんな対応だったのか!?

裁判で明らかになった学校側の対応はどうだったのか!?

 

保護者と話し合いをしたり、具体的な解決策をとったりしたのか!?

 

 

裁判で明らかになった内容をまとめていきます。

 

 

【学校の対応の内容】

 

・加害者であるB、C、D、Eの4人がAをいじめている現場を見ても特に注意をする事も無い。したとしても「その辺にしとけよ」で終わり。

 

・いじめの現場が「職員室」や「クラス」のテラスで行われていても「いじめとは感じなかった」と発言

 

・主犯格とされるBは日頃から問題(Aとは別の生徒に悪質な嫌がらせ)を起こす生徒として教師間で有名であり、問題の度にBの両親に連絡を入れている

 

・「いじめの内容」で挙げている「シャープペンで被害者の手を刺す」事件の時にはAの両親には連絡を入れず、当事者の生徒からの事情聴取もしていない

 

 

簡単にまとめると裁判で明らかになった学校の対応はこのようになります。

 

 

学校側の対応で共通している事は、「いじめを他人事」として見ている事と「学校側の物差しで判断」している事がこの一覧で分かると思います。

 

※今回の事例の様に「学校の対応」に不満があった時の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

 

さらに今回の学校の対応で「Bの両親」には「Bが日頃問題を起こす生徒」として連絡をし、指導や注意を促している事が明らかになっています。

 

 

しかし、今回のいじめ問題で加害者とされている残りのC、D、Eの両親には特に問題があっても連絡する事はせず、また3人の生徒も問題を起こす生徒では無いようで特段の指導もしていませんでした。

 

 

同じ「いじめ」をした加害生徒なのに普段の生活態度などで「問題児」と「普通の生徒」の対応に差を付ける学校の対応は本当に許されるものなのでしょうか!?

 

 

 

では実際にBの両親だけに学校からの指導や連絡を受けた事が判決にどのように影響を及ぼしているのかを含め、この事件について裁判所はどのような判断を下したのかをまとめて行きたいと思います。

 

 

 

裁判で争われたポイント

今回の裁判で争点となったポイントは以下の通りになります。

 

 

ほとんどのいじめ裁判で共通する内容となるもので、

 

・いじめ加害者側の行為が不法行為を構成するのか

 

・「学校側」の対応が「安全配慮義務」に違反するのか

 

・加害者側の保護者に対する「監護義務違反」が成立するのか

 

 

の3つが大きな争点となります。

 

 

今回の裁判で原告側が請求した内容は

 

・被告らは、Aに対し、連帯して各自1100万の損害賠償金を支払う

 

・被告らは、Aの父親に対し、連帯して各自約570万の損害賠償金を支払う

 

・被告らは、Aの母親に対して、連帯して各自約950万の損害賠償金を支払う

 

※被告らはB、C、D、Eとその両親の合せて11人と学校を管理する広島県を指します。

 

 

 

 

そして、実際に裁判ででた判決は、

 

・BとBの両親、C、Dと広島県はAに対し、連帯して各自約660万の損害賠償金を支払う

 

・Eは、Aに対し、約30万の損害賠償金を支払う

 

・BとBの両親、C、Dと広島県はAの父親に対し連帯して各自約7万の損害賠償金を支払う

 

・BとBの両親、C、Dと広島県はAの母親に対し連帯して各自約130万の損害賠償金を支払う

 

となりました。

 

 

請求金額全体で見れば「減額」されていますが、おおむね被害者側の請求を認めた内容となっています。

 

今回の裁判でおおむね認められた経緯を先ほどの3つの争点となるポイントに分けて見ていきましょう。

 

 

 

いじめ加害者側の行為が不法行為を構成するのか

今回の裁判ではB、C、D、Eが行ったいじめは「不法行為」として認められました。

 

 

Bについては、今回のいじめの主犯格として認められ「首締め」や「石を投げる」などの行為には言い訳が許されないと裁判で認められています。

 

 

「首を絞める」事が一般的に「死」に繋がる事や「石を投げる」とどうなるかは「責任能力」が認められる年齢である中学生であれば、「危険行為である」事は一目瞭然。

 

 

 

Bの言い分として「Aは本気で嫌がってはいない」と反論していますが、やった行為は「危険行為」と認められているのでこの言い分は採用されませんでした。

 

 

他のC、D、Eも同様とされていますが、Eについては今回のいじめでは「羽交い締め」と「悪口」だけと言う事から不法行為が認められるも「損害賠償金」は少なめとなっています。

 

 

 

そして、「万引き」事件が引き金になった「統合失調症」といじめの関連性についてですが、万引き」の事実を利用して「脅迫」し、そのストレスによって統合失調症を誘発したとして関連性を認めています。

 

 

Aの自宅まで来て「金銭」の強要を迫っていた事が明らかになり、加害者側の「違法性」を認める要因の一つとなっています。

 

 

自宅まで来て言いふらすとなると近所の方にもバレますし、何より「やってしまった事実」が重くのしかかりストレスはかなり重かったと思われます。

 

 

「やってしまった事」は悪い事ですが、それを利用して「脅迫」する事とはまた別問題になりますよね。

 

 

裁判では医師側の意見にも触れていますので引用させてもらいます。

 

統合失調症は,何らかの脳の生理学的・生化学的機能や構造上の異常が
あり,そのためにストレスとなる出来事に対して十分対応できるだけの脳
の強さを備えられなくなって発病すると一般的には考えられている。

 

そして,上記の脳の脆弱性としては,遺伝的なもの,出生前のウイルス感染,
早期の頭部外傷,出生時の産科的異常などが想定されている。このような
脆弱性を基盤とし,ストレス状況で発病,再発するという考え方を代表す
るのが統合失調症の脆弱性-ストレスモデルである。

 

統合失調症は脆弱性の高い人ではわずかなストレスで発症するが,脆弱性が低い人でも強いストレスにさらされると発症する。生物学的アプローチをとる研究者は,多くの統合失調症患者は脆弱性の高い方に位置すると考えている。

 

また,脆弱性の低い人に見られる症状は,統合失調症の中核群というよりも,反応性の要素の強い,より周辺群に位置すると考える傾向がある。

 

このように「強いストレス」により「統合失調症」に「なり得る可能性」を認めている判決となっています。

 

 

 

「学校側」の対応が「安全配慮義務」に違反するのか

今回の裁判でのもう一つの争点「学校の対応」に不備は無かったのかどうか!?について調べて行きましょう。

 

 

この件については前述の「学校の対応はどんな対応だったのか」でも書いていますが、いじめが職員室の側で行われていても先生は見て見ぬフリだったそうです。

 

 

Aと加害者一同がいじめをしているところを先生が見たときには「その辺にしとけよ」と一言をかけただけ。

 

 

裁判では学校側が「いじめとは感じなかった」と発言している事から、実査に「その現場」を見ている事が推測され不当性を証明する事となりました。

 

 

 

仮に学校側の「いじめとは感じなかった」と言う事を信頼するとしても、実際に行われたいじめの内容が「暴力」や「石を投げる」などの危険行為になります。

 

 

なので、「大人である先生側」が今回裁判で明らかになったいじめの内容を「いじめと感じない」とすれば学校側の言い分はそもそも信頼出来るものでは無いことになります。

 

 

結果的に学校側の「安全配慮義務違反」が立証されて、責任を問われることとなりました。

 

※学校が負う「安全配慮義務」について詳しくまとめている記事を載せていますので一度読んでみてください。

いじめ問題で学校側を裁判で訴える場合に知らないと損するポイント

 

 

 

加害者側の保護者に対する「監護義務違反」が成立するのか

今回の裁判で加害者側の「監護義務違反」が認められたのは「Bの両親」のみになります。

 

 

何故、Bの両親だけ認められて他の保護者は認められなかったのでしょうか!?

 

 

監督義務違反が認められるのかの分かれ目は「学校からの連絡」にあり、この「監護義務違反」を成立させるには以下の要件のいずれかを満たす必要があります。

 

 

・学校生活に問題があり、何度か学校からその生徒の親に連絡を入れても何の改善も無い

 

・実際にいじめの事実が確定して該当する生徒(いじめっ子)に指導し家族にも連絡したが何の改善も無い

 

 

と言う風に「我が子が行った事を親が知っているのか」、そして「そのことについて改善・指導をしたのか」がポイントになっています。

 

 

子供が学校で問題を起こし学校から連絡を一度もらっているのであれば、再度問題が発生した場合には「その子の親」も責任を負う可能性が非常に高くなるでしょう。

 

 

 

今回の裁判ではBの両親にのみ学校から連絡を受けている事が判明しています。

 

その他のC、D、Eが起こした問題は「大した問題でも無いし、いじめではない」と当初の学校の認識が影響して3人の両親には「指導をお願いする連絡」は入っていませんでした。

 

 

 

3人の両親が今回のいじめについてどう思っているのかは裁判で明らかにされていませんが、子供の起こした問題を「知ることが出来なかった」と判断され、監護義務違反は認められませんでした。

 

 

「知ろうとしなかった」としても「知ることが出来なかった」と判断されたという事です。

 

 

ウラを返せば今回の様に「いじめ」を真剣に認めようともせず学校から連絡が無かっただけで監護義務違反の責任を免れてしまう可能性があると言う事です。

 

 

学校との話し合いや対応策を考えるのであれば、「加害者側にいじめの事実を連絡する」事は必須条件になりますね!!

 

 

「お金」の問題になってしまいますが、連絡「した」「しない」で何百万の違いが出てしまうと言えば実感が湧きやすいと思います。

 

※親の責任「監護義務違反」について詳しくまとめている記事を載せていますので一度読んでみてください!

いじめ裁判で勝つ為に 実際に裁判して分かった絶対必要なポイント

 

 

 

いじめ裁判事例 総合失調症といじめの関連性を認めたケース まとめ

今回の内容は「いじめ 裁判」というキーワードで、平成14年に起きた広島県の中学校のいじめ裁判を紹介しました。

 

 

この裁判で特徴的な事は「統合失調症」と「いじめ」の関連性を認めた判例と言うことです。

 

 

いじめによるストレスを「統合失調症」の要因の一つとして認め、いじめとの因果関係を認められたことは非常に意義が大きい内容と言えます。

 

 

統合失調症は「不登校」との問題と密接に繋がっていて、不登校問題にも大きな影響を与えている判例です。

 

 

 

この記事では、過去の裁判に関する記事をリンクしながら

 

・「いじめ」の内容

 

・学校の対応

 

・裁判でどう認定されたのか

 

に分けて詳しく内容をまとめています。

 

 

特に「裁判でどう認定されたのか」の部分では、学校の対応と保護者に求められる責任について詳しくまとめさせて頂きました。

 

 

いじめ問題を解決させていくのに「安全配慮義務」「監護義務」について知っておく事は非常に大切になります。

 

 

 

この判例だけに限らずいじめの解決策を見つけて行くには、過去の判例をひもとく必要があると私は思います。

 

 

いじめで苦しんできた何人もの子供達の思いを無駄にしないように、大人がもっといじめに真剣に向かい合う必要があります。

 

実際にいじめ問題で苦しんできた親として、今回の記事を書かせてもらいました。

 

もし今現在いじめで悩んで相談する相手もいないのなら、この「いじめ-ラボ」に話を聞かせてもらえませんか!?

 

いじめから裁判まで起こした経験を元にアドバイスさせてもらいます!!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました