いじめで転校しても裁判で費用を「1円」も取り戻せなかった理由

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!!

いじめーラボの管理人「はかせ」と申します。

 

今回の記事は「転校」というキーワードで「転校の費用を裁判で取れなかったケース」をまとめており、今現在の「我が子のいじめの状況」と比較し解決に向かうためには何が必要なのか参考にして頂ければと思います。

 

 

学校でいじめられた時に頼れる友達もなくクラスで独りぼっちで反抗することも出来ず、ただ独りで耐えなければなりません。

 

 

学校にいじめの調査を依頼しても帰ってくる返事は「いじめは無かった」とか「よくある友達同士の問題」で済まされてまともに対応すらしてくれない所ばかり。

 

 

「もうこんなクラス(学校)なんて嫌だ....。」

「先生に言っても信用出来ない」

 

 

 

被害を受けたことがある子は誰しもが一度は「転校」を考えた事があると思います。

しかし、転校には経済的な負担もあるし気軽に出来るものでは無いハズ...。

 

 

いじめを受けてしまうと「内」にも「外」にも逃げ場が無くなり、自分の親にも助けを呼ぶことが出来ずに苦しむケースがほとんどになります。

 

 

今回の記事はそんないじめを原因として「転校」を考えている方に、

 

「いじめが原因で転校したのに裁判で費用を取れなかったケース」

 

というテーマでまとめて

 

・いじめの内容はどんなものだったのか!?

・裁判で費用を請求する事が出来なかったのは何故か!?

 

を詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

参考までに、今回の記事とは逆の「裁判で転校にかかった費用を取り戻せた判例」についてまとめた記事を紹介させて頂きます。

 

※裁判で転校に掛かった費用を取り戻せた判例と「転校」に関する記事はコチラ!!

いじめで転校した費用を裁判で取り戻せた判例まとめ

いじめが酷くて転校したい!転校で失敗しないポイントまとめ

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

どんないじめが行われたのか!?

今回紹介するいじめの事件は、平成19年に京都市の中学校で起きた内容で判例を元にまとめさせて頂いています。

 

 

中学2年生の時に起こったこの問題は、最終的に被害者の子が他校に転校してしまいます。

 

 

そして今回判明している加害者は1人だけ。

仮に加害者をA君として被害者をB君としましょう。

 

 

その時の具体的な内容は、

 

・「肩パン」などの暴力

 

・性的な嫌がらせ(悪口やからかい)

 

・給食の一部を横取り

 

・合唱コンクールの練習中にからかう

 

などの内容になっています。

 

これらの内容を詳しく見ていくと今回のいじめは普段の生活から加害生徒が被害生徒にからかいを行いつつ、逆らわない事を逆手に取って暴行へとエスカレートするケースの様です。

 

 

こちらの『いじめで転校した費用を裁判で取り戻せた判例まとめ』と比べてみると、自宅まで脅しに来たりストーカーまがいの行為をするといった行為は無く「子供の心身や財産を害する度合い」は比較的小さい様に思えます。

 

 

しかしその度合いが小さいといっても「子供の受けた心の傷」はその子だけにしか分からないものなので、この事だけで転校する時の費用が取り戻せなかったとは言えません。

 

 

 

何より被害内容にあるように「性的な嫌がらせ」が行われている事は非常に悪質ないじめと捉えて差し支えないでしょう。

 

 

この「性的な嫌がらせ」が行われているいじめは中学校から高校生の間で多く見られる被害内容で、スマホが普及する事と併せて「外部に写真など流される」と言った様に回復困難な被害を被る可能性が非常に高い事が特徴です。

 

 

また、合唱コンクールなどの学校行事の練習でいじめ(もしくはそれに近いもの)を受けると「被害生徒が出来ない事や主張出来ない事」を名目にいじめが正当化されてしまう事も回復困難な状況になる原因でもあります。

 

 

もし、このいじめが現在進行形の場合にはいち早く被害状況を把握し学校と加害生徒の保護者との話し合いで改善策をとるべきでしょう。

 

 

 

この事件当時はまだ「いじめ防止対策推進法」が制定されていないので転校措置でも「学区外転校」の手続きは柔軟に対応されていません。

 

 

 

現在では100%ではありませんが学校との話し合いで「学区外転校」を視野に対応を進める事も出来るはずですので学校に問い合わせてみると良いかもしれません。

 

 

 

裁判所が下した判決内容

今回、裁判を起こして被害者側が提示した請求内容は、

 

・Bに対してAとその保護者と京都市は連帯して550万の損害を賠償する

 

・Bの保護者に対してAとその保護者と京都市は連帯して565万の損害を賠償する

 

・訴訟費用は被告側が負担する

※2番目の赤文字の請求が「転校に掛かった費用」の請求になります。

 

 

 

そして、実際に認められた請求は...

 

・Bに対してAは55万円の損害を賠償する

 

加害生徒の被害生徒への損害賠償請求のみとなっています。

 

 

Bに対するAの賠償額が10分の1にまで減額されていますがこの原因は一体何なのか?

 

転校する為に約500万も掛かっていますが(転校は本来こんなに掛からないはず...)、1円も賠償金の請求が認められませんでした。

 

 

 

ここで注目したいポイントは請求内容で最初は「Aとその保護者や京都市」となっているのですが判決で出たのは「Aにだけ」請求が下された事がポイントです。

 

 

 

簡単に言えば「子供であるA」にのみに請求の義務があり、その保護者には原則支払の義務はありません。

 

 

供の財産が無ければ泣き寝入りする場合もあります。

 

 

大半は保護者の良心で払ってもらえる場合が多いですが、中にはこの事を理由に逃げる親もいると実際に私たちの裁判を担当している弁護士の方が言っていました。

 

 

もし加害生徒の保護者にも責任を追及したいのであれば保護者に「監督義務違反」が認められなければなりません。

 

※保護者の「監督義務」についてまとめている記事を紹介させて頂きます!

いじめ裁判で勝つ為に 実際に裁判して分かった絶対必要なポイント

 

 

 

では、次に裁判で転校に掛かった費用を「1円も」取れなかった原因を詳しくまとめて行きたいと思います!

 

 

 

裁判で転校に掛かった費用を「1円」も取れなかった理由

では、京都市の中学校で行われたいじめが原因で転校したのに費用を「1円」たりとも取り戻せなかった理由をまとめていきたいと思います。

 

 

ここでまとめた内容は、今現在いじめで転校する事を考えているのであれば「最低限守らなければいけないルール」になると思います。

 

 

決して独りよがりにならず、たとえ怒り心頭でも「聞く耳」を持って学校と話し合いする覚悟を持ちましょう!!

 

 

 

原因 その1 学校の対応

今回の京都市の中学校で起こった問題で、学校の対応はどんな対応だったのか!?問題は無かったのか!?判例を元に調べた所...

 

 

・AとBが給食でもみ合い、もめたときには担任の先生がしっかりと仲裁に入る

 

・Aの保護者とも何度か話し合いをしてAに対する指導方針を一緒に考えていた

 

・Aは感情の起伏が激しいと小学校時代の先生から引き継ぎがあり、対応には細心の注意を払って対応をしていた。

 

・Aが他の生徒と問題が起きたときには、その都度一緒に相手の家まで行って謝る

 

・B側家族が転校の手続きをするときには、Bの通学方法や今後就学する中学校との引き継ぎなどB側家族の希望する内容を最後まで考慮していた

 

 

など、被害にあったBの立場を十分に考えて「転校」する学校を提示している事や今回の問題に対して対策を取っている事が裁判でも高い評価を得ている事が分かりました。

 

※今回の学校の対応とは逆に、「学校の対応に不満があった時」の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

また、今回のいじめによる転校のポイントとして「被害者側で転校する学校を決める事が出来るのか」が気になるポイントだと思いますが、

 

 

基本的には学校側で候補を挙げて転校先を決める事

 

 

が原則になっています。

 

 

 

また同様に、「就学校指定変更」の場合は市町村や県の教育委員会が受け付けて学校との会議のもと「就学する学校」を学校側で決めます。

 

 

なので、最悪はその指示に従わなければならない場合も出てきます。(希望も通る時もあります)

 

 

今回の費用が「1円」も取れなかった原因は、被害者家族の方で学校宇側が決めた学校を一方的に拒否して希望した学校に通うために引っ越しをした為に裁判で認められなかった様です。

 

勝手に転校して勝手に被害を受けたと裁判で言っても、誰も認めてくれないと言うわけです。

 

 

 

 

原因 その2 被害者側家族の対応

今回の転校で費用が取れなかったケースで特徴的な事は「被害者側家族の対応」が非常に悪かった言う事です。

 

 

被害者側の家族の対応をまとめると...

 

・一方的に「自分たちが被害者」として、話し合いに応じない

 

・先生の対応に非協力的

 

・学校と話し合いをしないまま、行動(転校)してしまう

 

・担任と一緒に謝りにきた生徒に激怒

 

など、分からなくもないですが「問題を解決」していくのに協力的で無い事が裁判で悪影響になっていたようです。

 

 

特にいじめが原因で転校を考えているのであれば、勝手に転校してから裁判で損害賠償を求めても認められる可能性は限りなく「0」に近くなります。

 

 

なぜならば、学校側の「安全配慮義務」が違反していない限り学校側に不備は認められないからです。

 

 

学校の不備を裁判で争うのであれば、「適正な方法」で話し合いなどの対応を進めるしか無いでしょう。

 

 

 

原因 その3 いじめの内容

冒頭で今回の京都市の中学校で起きたいじめの内容をまとめてみました。

 

もう一度振り返って見ると、

 

・「肩パン」などの暴力

 

・性的な嫌がらせ(悪口やからかい)

 

・給食の一部を横取り

 

・合唱コンクールの練習中にからかう

 

などで、当時の裁判所の判断では被害者Bの「心身」や「財産」を侵害し、また守る為に緊急な状況であるとは必ずしも言えない状況であったと判断されたようです。

 

 

しかし今現在、侵害の状況は「いじめ防止対策推進法」にもあるように「実際に被害を受けた子」の立場で決めるものとされています。

 

 

なので一概には言えませんが、コミュニケーション系の内容で転校費用を請求する場合には「学区外転校を認めなかった理由」や「学校の問題に対する対応」など総合的に判断する事となりそうです。

 

いじめで「転校」する事が認められているとは言え、何でもかでも転校出来るワケでは無く学校との対応ありきで決まっていきます。

 

 

 

原因 その4 加害生徒の親の対応

ここではちょっと違う視点で「加害生徒の親」サイドからこの問題を見ていきます。

 

世間一般での「加害生徒の親」の対応は、一言で言えば「非常に悪い」・「事実を認めない」といった対応がほとんどでしょう。

 

 

もし、この親の対応が「キチンとした対応」だったのならどうなるのか!?

 

 

Aには母親のCがいて、今回の問題では学校との話し合いを通して「Aが少しでも学校生活になじむ」様に改善策を行ってきたようです。

 

裁判でいじめっ子の親に「監護義務違反」が認められる為には学校からの連絡があったのにも関わらず対応しない事が条件になります。

 

 

今回の裁判では被害者側の対応と加害者側の対応を見比べたときに「被害者側の対応」が見劣りしてしまったために加害者側の「監護義務違反」が認められなかった事が要因の一つになっていた様です。

 

 

本当に裁判で「勝つ」為には、冷静さがどうしても欠かせません。

 

 

一時の感情に流されず年単位で解決にまで掛かる裁判で、本当に加害者側を懲らしめる覚悟が無ければ加害生徒側に責任を認めさせる事は出来ないでしょう。

 

 

 

いじめで転校しても裁判で費用を「1円」も取り戻せなかった理由 まとめ

今回は「転校」というキーワードで「いじめが原因で転校して裁判で相手から1円も取れなかった理由」をまとめてきました。

 

前回の『転校費用を裁判で取り戻すことが出来た判例』も合せて読んで頂くと分かりやすい内容となっております。

 

 

 

今回題材にさせてもらったのは平成19年に起きた京都市の中学校の「いじめ転校の裁判」になります。

 

実際にいじめられた内容が「子供の心身や財産」を侵害する内容とは違い、人間関係のいざこざが原因のコミュニケーション系が主体のいじめです。

 

 

 

裁判で転校に掛かった費用が取れなかった原因は

 

・被害者の親が話しを受け入れる事をしなかった事

 

・学校側の要件を無視して勝手に転校してしまった事

 

・学校や加害者側の家族の対応が必ずしも悪かったとは言えない事

 

この3つが影響していて、最終的に「裁判で負ける」に至ったと言えます。

 

 

 

確かに、いじめは卑劣で自分の子供が被害に遭ってしまったら「感情的になるな」という方が無理な話だと思います。

 

ただ、過去の判例を調べて見ると損害賠償のキーポイントは「相手に故意や過失」が認められるのかが焦点になってきます。

 

 

 

この問題の解決を目指すのであれば、「自分たちの過失」を見せつける様な真似は絶対に避けるべきです。

 

 

今まで自分たちが受けたダメージを加害者側に与えて本当に反省してもらう事が「裁判」で争う事の目的になりますので、感情任せに対応してしまうと今回の判例の様に認められない状況になるかも知れません。

 

 

今回の判例をもとに「感情的になる事」のデメリットも詳しくまとめてきました。

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました