【いじめ裁判】真実は何処まで公開してくれるのか争われたケース

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

 

今回は「いじめ 裁判」というキーワードで、平成8年に起きた「福岡県城島町立城島中学校いじめ自殺事件」について詳しくまとめた記事となっています。

 

 

なぜ実際にあった裁判の内容や判決をまとめる必要があるのかと言うと、いじめを裁判で争うときに

 

・「いじめ」の何が問題になっているのか

 

・事実の証明で「認められたもの」と「認められなかったもの」の違いは何か

 

・「学校の対応」で問題となっているものは何か

 

・損害賠償金の相場はどれ位なのか

 

・実際にどれ位の期間が掛かるのか(事件の日と判決の日が書かれているから)

 

など、いろいろな情報(私たちがなかなか知り得ない事)を知る事が出来るからです。

 

 

 

いざ裁判をやろうと考えても実際には大勢の人と時間とお金が掛かってしまうのは、これを読んでいるあなたも知っている通りだと思います。

 

 

さらに裁判で必要な証拠は自ら集めなければならないので、証拠として認められる内容はどういったものなのかも予め知る事も出来るでしょう。

 

 

判例は「今後このような痛ましい事件を起こさないようにする為の教訓」という意味合いの他に、「加害生徒側や学校の対応について責任を問う為の方法や経緯」についても書かれています。

 

 

 

本当に「いじめで自殺する生徒を減らす」と考えているのであれば、単に痛ましい事件がありましたと過去形にするだけで無く、

 

 

・「事なかれ主義」の今の学校で、加害生徒や学校への責任を問う為にはどうすれば良いのか

 

 

私たち自身が判例を見て考えて行くべきだと私は考えています。

 

 

「法律は知っている者のみを助け、知らないままの者には手を差し伸べる事は無い」

 

 

弁護士だけに任せっきりでは無く、我が子の事は私たち親がしっかりと守って行かなければならないと思います。

 

 

 

以上を踏まえてこの事件を簡単にまとめると、被害生徒であるAが中学校入学当時から中学校3年生の卒業間近まで執拗な「いじめ」に遭い、最後には自殺してしまいます。

 

遺族は同年に民事訴訟を起こし「学校側」を相手取り、損害賠償を求め裁判を起こします。

 

 

 

今回、この記事ではタイトルにあるように、

 

・いじめの真実は何処まで公開してくれるのか

 

をまとめていきたいと思います。

 

 

いじめを受けてしまった場合、「学校側が事実を認めてくれるのか」「真実を知りたい」と被害者側が思う事は当然の事だと思います。

 

 

ただ単に「受けた損害を請求する為」では無く、「我が子がどんなに苦しんできたのか」や「我が子が苦しんでいた事に気づけなかった事」に対する責任を果したいが為に「真実」を明らかにしたいと思うのです。

 

 

 

 

今回の裁判で明らかになった事を、

 

・事件の内容

・学校の対応

・裁判内容

 

の3つに分けて、「真実は何処まで公開してくれるのか」をまとめていきたいと思います。

 

 

この裁判が行われた当時は、まだ「いじめ防止対策推進法」は制定されていません。この記事に書いてある内容は「1つのケース」と思ってご覧頂けると幸いです。

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

事件の内容

今回起きてしまった事件の内容をここでまとめていきたいと思います。

 

 

被害生徒をA、加害生徒を不特定多数のため「加害生徒」として書いていきます。

 

【内容】

 

・「蹴る」「殴る」などの暴力

 

・イスに画鋲を敷いて座らせる

 

・Aを侮辱する目的で「あだ名」を付け、呼ぶ

 

・部活でAをのけ者にして、ボールをぶつけたり練習に参加させなかったりする

 

・下級生からも侮辱され「いじめ」の標的になる

 

・恐喝(カツアゲ)、現金約30万円

 

 

期間は先ほども書いた様に中学校入学当時から3年生の卒業間近まで続き、平成8年1月に自宅にて自殺をしてしまいます。

 

 

小学校でAは元気で明るく積極的な男の子であり、中学校に上がる時に地方から福岡に引っ越しをして城島中学校に入学する事となりました。

 

 

 

この問題の発生のキッカケは「訛り(なまり)」で最初はからかいから始まり、段々とエスカレートして自殺に追い込むまでの凄惨な事件となっていきます。

 

 

そしてAは「遺書」を残しており、その遺書には実名で加害生徒が挙げられていて今回の問題の概要を詳しく説明する「証拠」のかわりとなりました。

 

 

 

 

また、今回のいじめで特徴的なのは【内容】で書いてあるように下級生からもターゲットとしていじめられた事です。

 

 

いじめのケースの大半は同じクラスや同じ学年で起きますが、今回の下級生からもターゲットにされてしまった事に関して「部活動」などの全学年が一緒に行動する機会に陰湿ないじめを受けていた事が考えられるでしょう。

 

 

さらに部活動でのけ者にされている事からも、部活動でのいじめが陰湿で長期に渡って受けていた事の証明になっているのではないかと思われます。

 

※今回の様ないじめの形態について「中学校の時に見られるいじめの傾向」などをまとめた記事を載せていますので一度ご覧下さい。

それっていじめかも!? 中学生の我が子がでいじめられた時の解決策

最近のいじめによく見られる「被害者の特徴」 解決が難しい訳とは

我が子のいじめから学んだ、いじめが起きやすい学校やクラスの解決策

 

 

では、ここでまとめた内容を元に「学校の対応」はどうだったのかを次の項目でまとめていきたいと思います。

 

 

 

学校の対応はどんなものだったのか!?

今回の自殺事件で学校側がとった対応はどういうものだったのか、詳しくまとめて行きたいと思います。

 

 

まず始めに、Aは中学校1年生の時から加害生徒たちから「蹴る」「殴る」の暴力を受け度々先生に相談をしていましたが、ただの「じゃれ合い」としか受けてもらえず対応も取られていない事が多かったようです。

 

 

Aが2年生の時には城島中学校に「いじめ加配教員」として何名かが配属する事となります。

 

その新たに配属された教員がいても、親身になって対応はされなかった事が裁判で判明しています。

 

 

Aが自殺した後に発見された遺書には加害生徒の実名が載っていましたが、学校側の対応は頑なに「いじめに気づく事が出来なかった」と一言。

 

 

被害を受けていた生徒からの相談を受けていたのにも関わらず、中学校入学当時から3年生の終わりまでの約2年半も学校側は「いじめに気づく事が無かった」という事になります。

 

※今回の学校の対応のように「対応の不備や不満」についてまとめた記事を載せていますので一度読んでみてください。

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

 

 

次に、「事件の真実」を遺族側が学校に「情報の開示」を請求した事について見ていきたいと思います。

 

 

自殺があった後、全校集会で自殺があった事と2、3年生に対して感想文を書かせたり、遺書に書かれていた主犯格と見られる生徒に対しては別個に事情聴取をしている事が明らかとなります。

 

 

ただ、遺族側に開示された内容は「一部分のみ」となり、本当に知りたい情報は知る事は出来ませんでした。

 

 

 

生徒に与える精神的影響や、時期が1月で「高校受験の準備」と重なり時間的な余裕をとる事が出来なかった事が「一部開示」にした理由とされています。

 

 

さらに、学校と警察とのやり取りでは

 

 

・被害生徒からの相談については具体的な内容を知っていたのにも関わらず、曖昧に発言

 

・教育委員会に提出する報告書についても「いじめの事実」について、掴みきれなかった(ほとんど対応する事をしなかったのにも関わらず)と報告し責任の所在を誤魔化す

 

 

 

といったように、「学校側の対応には非がない」ようにする為、事実とは違う供述をしている事が明らかになっています。

 

 

 

 

 

 

以上、どのような対応を取られていたのかをまとめると、

 

・Aが先生に相談しても、対応はキチンとされない

 

・自殺後に遺族に情報開示を求められるが、一部開示に留まる

 

・警察での事情聴取の際には、「自分たちには非が無い」事とする為にウソの供述をしていた

 

大きく分けると3つのことが裁判で明らかになっています。

 

 

いじめ問題の対策として「加配教員」まで配属しているのに「ただのじゃれ合い」としか見てくれず、相談にもあまり親身になって乗ってもらえないままAは自殺をしてしまいます。

 

 

警察の取り調べでも「保身」に走る学校の対応は「今の学校」の象徴となる対応のようですね。

 

 

 

では最後に「裁判ではどのように判断されたのか」を前述の「事件の内容」と「学校側の対応」を踏まえて詳しく見ていきます。

 

 

 

裁判でどのように認められたのか!?

今回の「自殺事件」を裁判で争う時にポイントとなったことは、

 

・「いじめ」があったのかと「自殺」の間に因果関係が認められるのか

 

・「自殺」を「予見する事は出来たのか」(予見可能性)

 

・学校に「調査報告義務違反」は認められるのか

 

の3つが裁判で争点となりました。

 

 

 

城島中学校に「いじめ」があったと認められ、「自殺」との因果関係が認められれば学校側の「安全配慮義務違反」が認められる事となります。

 

 

また、「Aが自殺する事」について予見する事が出来たのならばAが自殺して失ったものまで学校側で償う事になります。

 

 

そして情報を「一部しか開示しなかった事」について「調査報告義務違反」が認められれば、遺族側の願いである「真実を知る事」に繋がります。

 

 

 

今回の裁判でどうなったのか!?

 

詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

「いじめ」があったのか、「自殺」の間に因果関係が認められるのか

今回の裁判では「遺書」や「調査報告書と警察での聴取との矛盾」、「2、3年生の感想文」がAに対する暴力を証明する事になりました。

 

 

冒頭の「事件の内容」に書いてる内容が約2年半継続して行われていたと認められ、学校側の対応の不備を証明する形となりました。

 

 

それと合せて「Aが自殺してしまった事」も学校側の対応の不備の為に起こったとして因果関係を認めています。

 

 

 

これにより、学校の「安全配慮義務違反」が裁判で認められる事となりました。

 

 

安全配慮義務違反が認められたと言うことは、学校に責任を認めてもらう上で一番大事な事でもありますから認められた事は非常に有意義なことです。

 

※「学校の安全配慮義務」について詳しくまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください。

いじめ問題で学校側を裁判で訴える場合に知らないと損するポイント

 

 

 

「自殺」を「予見する事」は出来たのか(予見可能性)

今回の場合、一番難しかったポイントがこの「自殺の予見可能性」を証明する事です。

 

 

結果から言うと、今回の事件では「予見可能性」は認められませんでした。

 

いじめと自殺の因果関係を認めるけれど「いじめを予見する事」については否定する内容は一見矛盾している様に感じますが、裁判では責任の所在を明らかにするために細かく分ける事があります。

 

 

簡単に言えば交通事故で相手にケガをさせてしまった事については賠償する責任が認められるけれど、

 

・交通ルールを破って(信号無視など)事故が起きたのか

 

・不可抗力(雪道で氷の塊を践んでスピンしてしまったなど)で相手にケガをさせてしまった

 

では認められる損害賠償の金額について差が出てくるのと大体同じ考えです。

 

 

 

今回認められなかった理由として挙あげられるのは、

 

・Aが学校を休んだり、遅刻したり、早退したり等が見受けられない事

 

・高校進学について意欲的だった事

 

・Aが自殺するまで、「異変」に気づく事が家族でも出来なかった事

 

以上3つ。

 

 

 

Aは中学校を終えて高校に進学してそこからやり直そうと努力していました。

 

 

そのことが逆に、家族には「Aの差し迫った心」を読み取ることが出来なかった原因になってしまうという結果になってしまいます。

 

 

被害生徒の心境をどう読み取っていくのか、またはどう接していくのかを考えさせられる内容となってしまいました。

 

 

 

学校に「調査報告義務違反」は認められるのか

今回の記事のタイトルに掛かる内容になります。この「調査報告義務違反」が認められるのかは今後の対策で最も注目が集まる内容です。

 

 

実際に「調査報告義務違反」について争われたポイントとして

 

・「学校」は調査機関ではなく教育機関である事

 

・被害生徒だけで無く、在校生の影響も考えなければならない

 

・調査する「時間」の制限は無いのか

 

が挙げられます。

 

 

 

まず学校の立ち位置は警察みたいな「調査機関」ではなく、あくまでも「教育機関」としての立ち位置を明らかにしています。

 

 

調査した内容の「正確さ」や「信憑性」について、少し曖昧さがあったとしてもそれだけで違反となる事は無いとしています。

 

 

また、「学校の対応」の項目で説明した「在校生徒への影響」や「受験の準備などで時間が足らなかった事」についても一定の制約があるとしています。

 

 

 

実際の裁判での内容ではこう言われています。

もっとも,公立中学校は捜査機関ではなく教育機関であるから,教師ら
及び教育委員会としては,教育機関として必要かつ可能な方法において調
査を実施すれば足りるし,また公立中学校は,教育機関として,常に当該
生徒のみならず,他の生徒らに対する関係でも,全人格的な教育を全う
し,その健全な成長を図り,教師らと生徒らの間の相互信頼関係を維持育
成することが要請されており,他の生徒らのプライバシーも尊重し,規律
ある学校運営を維持する必要があり,同時に当該事故等について,司法の
見地から捜査権限を有する警察や検察庁が現に捜査を開始し,あるいは捜
査をする予定がある場合には,その障害となるようなことは慎むべきであ
るという一般的な制約があるから,その調査内容あるいは調査結果につい
ても,このような範囲内において,報告すれば足りるというべきである。

 

 

 

以上の事から、学校に対する責任を分析すると...

 

・いじめの有無と自殺との間に因果関係は認められる

 

・Aが自殺した事についての「予見可能性」は認められない

 

・学校の調査報告義務は必要範囲で事足りる

 

 

となり、「いじめによる損害・自殺」については学校側に責任を認める形になりましたが「学校がキチンと調査報告しなかった事」については責任を否定しています。

 

 

 

特に学校の「調査報告義務」については、在校生の影響を考えると「真実の全て」を知る事は非常に難しくなるといわざるを得ません。

 

 

在校生から証言を求めることやそれを行う時間なども制約を受けることがありますので、学校が正確に「真実」を公表する事は正直厳しいでしょう。

 

 

限られた事実から子供の受けた問題を明らかに出来るのかが問題となり、1人で解明していくことは難しくなるでしょう...。

 

 

 

限られた時間と証拠から「いじめの事実」を明らかにしていくのであれば、

 

・いじめが何故起きたのか

 

いつから続いてきたのか

 

誰がやったのか

 

何処で行われたのか

 

内容はどんなものなのか

 

学校の責任に繋がる内容(安全配慮義務についてなど)を効率良く集める必要があるでしょう。

 

例え全ての事実が公開されなかったとしても、学校の責任を認める事が出来る証拠を集める事が出来れば「学校の責任」について問う事が出来ると思います。

 

 

最終的に一審の判決を変更し(原審の内容が不明な為詳細は分かりません)、いじめの被害で主犯と思われる加害生徒と福岡県に対し「約4700万円の損害賠償請求」を認める内容となりました。

 

 

 

【いじめ裁判】真実は何処まで公開してくれるのか争われたケース まとめ

以上、今回紹介した内容は福岡県城島町立城島中学校で起きた自殺事件でした。

 

 

今回のケースは平成8年に起きたいじめ自殺事件になりますので「いじめ防止対策推進法」が制定されていません。

なので実際には変更になる内容もあるかも知れませんのでご了承ください。

 

 

 

この自殺事件の裁判で争われた内容は、

 

・「いじめ」があったのかと「自殺」の間に因果関係が認められるのか

 

・「自殺」を「予見する事は出来たのか」(予見可能性)

 

・学校に「調査報告義務違反」は認められるのか

 

となり、実際に裁判でどのように認められたのかを詳しく書いていきました。

 

 

今回の記事のタイトルにもなっている、

 

『真実は何処まで公開してくれるのか』

 

については、結論から言うと「全部の公開は非常に難しい」かもしれません。

 

 

 

「時間」や「他の生徒の状況」「警察の対応」など様々な制約が出て「全部の情報」を公開することは非常に難しくなります。

 

 

今回の裁判でも時期的な制約(受験の準備)や在校生の精神的な影響を考慮した上で、問題に対する調査報告義務については「ある程度の範囲で調査すれば事足りる」としています。

 

 

もし、子供が受けたいじめの内容を詳しく知りたいのであれば、日頃から学校との話し合いで子供の学校生活の状況を知っておく事がこれから必要になってくるハズです。

 

 

子供のこれからを見守っていく為に、学校と裁判で争うのではなく情報を可能な限り共有していく事が大事になってくるのではないかと私は思います。

 

そこで、この「いじめ-ラボ」では我が子のいじめが発覚してから裁判を起こすまでの経験を元に「相談コーナー」を実施しています。

 

実際に我が子にいじめが発覚してしまうと「学校との対応」や「我が子との接し方」などどうしていけば良いのか分からなくなる事が多いですよね!?

 

もし、我が子のイジメをこれからどう対応して良いのか分からず途方に暮れているのであれば、「相談コーナー」まで一度お話を聞かせてもらえませんか??

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました