群馬県であったいじめ事件から学ぶ 裁判で勝つには何が必用か!?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめーラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回の内容は実際の裁判の事例をもとに、この解決策や対処法を一緒に考えて行きたいと思います。

 

なぜ実際にあった裁判の内容や判決をまとめる必要があるのかと言うと、いじめを裁判で争うときに

 

・「いじめ」の何が問題になっているのか

・事実の証明で「認められたもの」と「認められなかったもの」の違いは何か

・「学校の対応」で問題となっているものは何か

・損害賠償金の相場はどれ位なのか

・実際にどれ位の期間が掛かるのか(事件の日と判決の日が書かれているから)

 

など、いろいろな情報(私たちがなかなか知り得ない事)を知る事が出来ます。

 

 

 

いざ裁判をやろうと考えても実際には大勢の人と時間とお金が掛かってしまうのは、これを読んでいるあなたも知っている通りだと思います。

 

さらに裁判で必要な証拠は自ら集めなければならないので、証拠として認められる内容はどういったものなのかも予め知る事も出来るでしょう。

 

 

判例は「今後このような痛ましい事件を起こさないようにする為の教訓」という意味合いの他に、「加害生徒側や学校の対応について責任を問う為の方法や経緯」についても書かれています。

 

 

 

本当に「いじめで自殺する生徒を減らす」と考えているのであれば、単に痛ましい事件がありましたと過去形にするだけで無く、

 

 

・「事なかれ主義」の今の学校で、加害生徒や学校への責任を問う為にはどうすれば良いのか

 

 

私たち自身が判例を見て考えて行くべきだと私は考えています。

 

 

「法律は知っている者のみを助け、知らないままの者には手を差し伸べる事は無い」

 

 

弁護士だけに任せっきりでは無く、我が子の事は私たち親がしっかりと守って行かなければならないと思います。
今回具体例として挙げる判例は「群馬県桐生市で起きたいじめ事件」です。

 

この事件の最大の特徴は「裁判が終わるまで6年掛かっている事」で、被害者である女の子は自殺をしてしまいました。

 

 

学校側が最後まで事実を認めようとせず「家庭での問題が自殺の原因」とか「母親が外国人だから」など普通なら考えられない理由をでっち上げ、遺族側と徹底抗戦を行った為に長期間解決までに時間が掛かったとされています。

 

 

最後は「和解」で終結しましたが、今回の記事では「6年」も掛かってしまった原因「学校の対応」を中心に、加害者側の対応や裁判で争われた内容を詳しくまとめていじめ問題の解決策を考えて行きたいと思います。

 

※学校の対応に不満があった時の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

群馬県桐生市で起きたいじめ事件の内容

今回は例として挙げた群馬県桐生市のいじめ事件の判例を元にまとめていきたいと思います。

 

被害者は2010年当時小学6年生だった女の子で何処にでもいる普通の女の子。

親の都合で小学校4年生の時に群馬県桐生市の小学校に転校して5年生くらいになってからいじめが発生します。

 

 

当時の事件の内容をまとめると次の通り

 

・「キモい」「ゴリラ」「臭い」などの誹謗中傷

 

・授業でパートナーを選んでする内容では悪口のせいでいつも独りぼっち

 

・靴隠し、机に落書き

 

・給食にゴミを入れられる(本人は分からず食べてしまう)

 

・給食はいつも独りぼっち

 

など暴力よりも言葉(コミュニケーション系)のいじめが多いケースでした。

 

特に、「校外学習」の時のいじめが裁判で争点となり「学校の対応の不備」が問われるポイントとなっています。

 

 

この女の子の被害内容を見てみるといじめの形態は言葉(コミュニケーション系)のいじめばかりで外見から見えにくい被害内容になっていると同時に、女子生徒特有の「相手の周りから逃げ場を無くす」様態も特徴として見受けられます。

 

 

さらに、給食を独りぼっちで食べさせる事がいじめの内容からあるように「スクールカースト」の存在も見えてきています。

 

※「スクールカースト」についてまとめている記事を紹介させて頂きます。

我が子のいじめから学んだ、いじめが起きやすい学校やクラスの解決策

 

 

特に思春期に近い子の多くが「他人からの評価」に敏感になり、

 

・いじめられている子を助ける事に消極的になる

 

・自分がいじめられない様に他人を陥れるケースも増加する

 

 

といった理由で問題が起きた時にも「仲裁者」よりも「傍観者」の割合が多くなったり、からかいの度合いもエスカレートして暴力や性的嫌がらせなど回復困難な状況にまで相手を追い込むケースが近年増加しています。

 

 

では次に、学校側の対応を詳しく見ていきましょう。

 

 

 

裁判のポイント 学校側の対応について

今回の裁判で遺族側の請求は、

 

・母親の精神的損害として相手側に2650万円の損害賠償請求

 

・父親の精神的損害として相手側に550万円の損害賠償請求

※相手側(被告側)は桐生市と学校と加害者家族

 

となります。

 

 

そして裁判を終えて認められた請求は、

 

・母親の精神的損害として相手側に390万円の損害賠償請求

 

・父親の精神的損害として相手側に60万円の損害賠償請求

 

となりました。

 

人1人が死んでしまっているのにも関わらず約400万しか損害賠償が認められない事は、いかに日本の教育が「いじめ」の認識について軽く扱っているか証明する判決になるのではないでしょうか。

 

 

いじめ問題を考える上で一番考えなければならない事が1つあり、それは「自殺する生徒」をいかに無くしていくかと言う事です。

 

 

 

その理由として言える事は、

 

・将来の担い手を確保する事

 

・自殺してしまうと残された家族が報われない事

 

・仮に自殺したとしても今現在のいじめ被害者(自殺者や遺族)に対する救済があまりにも軽い事(補償についても賠償についても)

 

 

いじめ問題を解決していく為には「自殺」は絶対に避けなければならない事もこの判例を見ていくとお解りになると思います。

 

 

そこで今後このような事が起きない様に、この判例から「学校側の不備や過失」を詳しくまとめて見ました。

 

この「学校側の不備や過失」が今回の裁判で争点になっていて、学校や桐生市の責任の所在が賠償額の基準になっています。

 

 

 

裁判で争点となった学校側の不備や過失

この事件での「学校側の不備や過失」についてまとめていきます。

 

本当に生徒のいじめを気づく事が出来なかったのか?

誰がどう見ても分からなかったのか?

 

 

この2つが裁判で証明されなければ「学校の不備や過失」を問うことはできません。

 

※「学校の責任や役割」についてまとめた記事がありますのでここで紹介させて頂きます!

いじめに遭った場合、学校の役割や責任にはどんなものがあるのか!?

いじめ問題で学校側を裁判で訴える場合に知らないと損するポイント

 

 

学校が事実を認めない事

 

子供の命が失われたのにその事実に目を向けようとしない姿勢が、今日のいじめ問題を深刻にしている主な要因でしょう。

 

 

 

さらに今回の事件で目を引く項目は「給食を独りぼっちで食べなければいけなかった事」と「校外学習の時の学校側の対応」。

 

 

学校によっては机はそのままで食べる所もあるかも知れませんが、普通であれば席の近い友達と机を合せて給食を食べるのが一般的なのかと思います。

 

 

担任の先生もクラスのみんなと一緒に給食を食べるハズなので「独りぼっちで給食を食べる子」がいたら絶対に気づくと思います。

 

 

 

そして「校外学習の時の学校の対応」でさらにいじめが悪化します。

 

女の子は何とか頑張ってその校外学習の日に学校に出席しましたが、その時にクラスの子に言われも無い誹謗中傷を受けて泣いてしまいます。

 

 

周りにいた先生も女の子をなだめるけれど女の子はいっこうに泣き止みません。

そして出発の時間になっても女の子は校外学習に行く事を拒みました。

 

 

先生達も女の子の様子をみて行く事を諦めようとしましたが、校長を始め先生方の説得により校外学習に参加してしまいます。

 

 

目的地ではいつものように「独りぼっち」で過ごし、あれだけ説得して参加させたのに先生方の対応は側で見ている事しかしなかったようです。

 

 

この2つの事例を見てどう見ても「いじめ」があると思われるのに対し、今回の裁判では学校側は「いじめは無い」と主張して結果的に問題解決まで6年掛かってしまいました。

 

 

 

アンケートの存在

今回の事件で学校側の不備が浮き彫りになった内容は「いじめアンケート」が女の子の生前に行われていなかった事です。

 

 

先ほど書いた「学校側の不備や過失」の内容と被る所がありますが「いじめの存在が明白」なのにも関わらず、対応として事実確認を怠った事が裁判で「悪質」と判断されています。

 

 

普通に考えれば「給食を独りぼっちで食べる所」を見てしまえば、問題が発生していると素人でも分かりそうなものです。

 

 

アンケートの実施は義務ではありませんが、問題の事実確認には一定の効果があります。

 

 

話が変わりますが、私の子供が実際にいじめを受け学校と話し合いする時に「アンケートによるクラスのみんなの意見」は非常に役に立ったツールです。

 

「クラスの声」を聞かずして学校の安全配慮義務を全うしたとは言えません。

 

※安全配慮義務について詳しくまとめた記事がありますのでここで紹介させて頂きます!

いじめ問題で学校側を裁判所に訴える場合に知らないと損するポイント

 

 

 

女の子がいたクラスの「異常」な状態

またこの自殺してしまった女の子がいたクラスが「学級崩壊」してしまっている事も裁判でポイントとなっています。

 

このクラスでは担任の先生も女子生徒と同じ様に標的になっていた事が裁判で明らかになりました。

 

先生の言う事はクラスの全員が聞く耳持たず、授業中にも関わらず他のクラスに行ったりと問題行動が多くて他の先生も手を焼く状態だったそうです。

 

 

誰が何をやっても抑制出来ない状態で、さらにPTAでも問題になり学校側に対応をお願いしていたようですが学校は特に対策を取ることも無く放置状態だった事と判明しています。

 

 

 

後に精神科の診察を受けたときに「うつ」と診断された事をはじめ、子供の学習をサポートする立場である学校がその指導役である教師の管理が出来なかった事も学校側の不備や過失として裁判で認められた要因の一つとなりました。

 

簡単に言うと「いじめ」=「学校の不備や過失」=「学級崩壊」=「担任の管理」となったわけです。

 

 

 

学校が作ったいじめに関する報告書の内容

今回の事件の時にはまだ「いじめ防止対策推進法」は制定されていません。

 

しかし2013に制定されたこの法律にはこんな事が書かれています。

 

第二十三条 学校の教職員、地方公共団体の職員その他の児童等からの相談に応じる者及び児童等の保護者は、児童等からいじめに係る相談を受けた場合において、いじめの事実があると思われるときは、いじめを受けたと思われる児童等が在籍する学校への通報その他の適切な措置をとるものとする。

 

2 学校は、前項の規定による通報を受けたときその他当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、速やかに、当該児童等に係るいじめの事実の有無の確認を行うための措置を講ずるとともに、その結果を当該学校の設置者に報告するものとする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5 学校は、当該学校の教職員が第三項の規定による支援又は指導若しくは助言を行うに当たっては、いじめを受けた児童等の保護者といじめを行った児童等の保護者との間で争いが起きることのないよう、いじめの事案に係る情報をこれらの保護者と共有するための措置その他の必要な措置を講ずるものとする。

引用元:いじめ防止対策推進法より

 

このように、子供にいじめ問題があった場合には関係者に対しての報告する事が定められています。

 

 

今回の事件を調べていくと、最初に学校側が「いじめを認めていない」のでこの報告を行っていない事が判明。

 

さらに被害者の女の子が自殺をしてしまってから数日後に関係行政庁向けに報告書を作っていたことが明らかになっています。

 

その内容も教師が警察で受けた事情聴取だったり、被害者家族の聞き取りがなされていなかったりと不備だらけの内容となっていました。

 

 

裁判では被害者家族に対する報告を怠ったとして「重大な過失」とし、学校関係行政庁の過失をまとめて認めました。

 

 

いじめ防止対策推進法が制定されてない今回の裁判でも学校関係サイドの過失は重大と判断されたのであれば、これからの裁判で「報告する事」が問題の争点となる可能性が非常に大きいでしょう。

 

 

この事件が起きる前に「いじめ防止対策推進法」が制定していれば、この事件の結末はまた違ったものになっていたのかも知れません....。

 

 

 

加害者側の態度

いままでの記事の中で「学校」を中心にフォーカスしてみましたが、今度は「加害者側」を見ていきたいと思います。

 

裁判の中では「加害者」が大勢いて、誰がどのいじめを行ったかは具体的に責任追及していません。

 

ただ、裁判での判例を見ていくとクラスのほとんどが女の子の誹謗中傷を言っていた事が明らかになっています。

 

 

また加害者側家族と親しい間柄の家族などは、

 

「金目当ての裁判に違いない」

「外人なのに面倒くさい」

「こっちが逆に被害者だ」

「さっさと出て行けば良いのに」

 

と地域で言いふらし、被害者家族が住めなくなるような環境にしていた事も裁判で判明しています。。

 

結局、裁判の最中に家族は他の県に引っ越すこととなってしまいました。

 

※今回の事件の様に言われも無い誹謗中傷やいじめによって、住むところを変更しなければならない場合に「転校」について詳しくまとめた記事を用意しています。
経済的に負担が少ない「就学校指定変更」などもまとめていますのでご覧下さい!!

いじめが酷くて転校したい!転校で失敗しないポイントまとめ

いじめで転校した費用を裁判で取り戻せた判例まとめ

いじめのせいで転校して裁判で相手から「1円」も取れなかった理由

 

 

 

今回の判例から「親が出来る事」はなにか!?

今回の判例を振り返って見て、この被害生徒は何度か母親に「いじめの事」で相談している事が判明しています。

 

当然母親も「学校に行く事」は反対で、何度か休ませる事がありました。

 

私もこの母親と同じ考えで、本当に学校が嫌なら登校させる必要は無いと思います。

 

 

実際に我が子がいじめに遭ってしまってからは相当な期間学校を休ませました。

もちろん、その理由は「いじめがあったからだ」と伝えて。

(この理由は絶対に曖昧にしないで下さい!絶対に学校は逃げますから)

 

 

ただ、それだけに留まらず「外部に相談する事」と「私たち自身が法律に触れておく事」が必要になるのではないかと思います。

 

 

今回の場合は「子供が自殺する前に」出来ていれば、最悪自殺は避けれたのかも知れません。

 

 

学校を休ませるだけであれば気休め程度にしかならず、いつかは義務教育中は学校に戻らなければならないのが現状です。

 

 

強制的に学校へ戻される前に「弁護士や行政書士をはじめ、今後の対応を相談する事」が必要でしょう。

 

 

そして学校が認めざるを得ない「証拠」を見つける事が最優先になります。

 

「学校側の発言」

「加害生徒の発言」

「いじめの被害が目に見えて分かる証拠」

「実際に先生に相談していたらその内容」

「その他書面などの形に残っている証拠」

 

ここに挙げた内容は1つの例に過ぎませんが、裁判でこの証拠を提出する事が出来れば非常に有利に進めることが出来るでしょう。

 

 

 

群馬県であったいじめ事件から学ぶ 裁判で勝つには何が必用か!? まとめ

今回は「いじめ 裁判」をキーワードにして群馬県桐生市で起きたいじめ自殺事件をまとめてみました。

 

 

女の子は自殺する時に、本来はお母さんにプレゼントするはずだった手編みのマフラーを使って自殺してしまいます。

遺書は残っておらず、衝動的な自殺と警察では判断されています。

 

遺書が残っていない事が残念ながら学校に「自殺を予見できなかった事」を認める後押しになってしまいました。

 

今回の様な学校の不備が無ければ最悪のケースは確実に免れたハズです。

 

裁判では「お金」の部分でしか解決出来ません。

仮に裁判で学校の責任を認められたとしても女の子は戻ってきませんし、自殺した事実も消えません。

 

これ以上「第2、第3の犠牲者」を出さない様に、私たち親自身も子供の様子だけでなく「学校との接し方」を真剣に考えていかなければならないでしょう。

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました