福岡で起きた親が教師を訴える事例 殺人教師の真実について

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回の記事は「教師と保護者」をテーマにいじめられた子の親が教師(学校)を相手に訴える事件をまとめて行きたいと思います。

 

この記事では「保護者が学校を訴える」事例を振り返って、

  • 事件の内容
  • 実際に行われた事について
  • 教師の体罰(いじめ)が起きてからの学校の対応
  • 裁判でどう判断されたのか

を具体的にまとめつつ、今後このような被害が起きない様にする為にはどうすれば良いのかをまとめて行きたいと思います。

 

また、学校(教師)と保護者との関係がこれ以上悪く(訴えるしか解決策がない状態とか)ならない様にする為にはどうすれば良いのかについても個人的な意見になりますが「実際にいじめ問題で苦しめられてきた立場」で触れさせて貰っています。

 

保護者が学校(教師)を訴える!? 殺人教師と言われた事件の内容

事件の舞台になったのは、2003年(平成15年)の福岡県福岡市の小学校。

当時はモンスターペアレントという言葉が無く、教師がいじめに荷担したり保護者が学校を訴えるなんて思いも寄らなかった時代です。

実は本にもなった大事件で、「でっちあげ」という題名を聞いた事があるかもしれません。

その本がコチラ!!

被害者である少年とその保護者が加害者である教師を訴える内容なのですが、少年とその保護者が言っている事はやられた事も含めて全部ウソでマスコミが「モンスターペアレントである保護者のウソ」に振り回されるという内容です。

さらにこの親が学校(教師)を訴える事件を詳しくまとめる為にコチラの文献を参考にさせて貰っています。

 

より具体的な内容については上記の参考文献を元に、「保護者が学校(教師)を訴える経緯」を確認して行きたいと思います。

 

当時小学校4年生だったA君(両親を父B、母C)が、そのクラスの担任であるD教師によって、

  • デコピンやアイアンクロー、頬をつねる、鼻をつまむ等の体罰に当たるもの
  • A君の持ち物をゴミ箱に捨てる(無造作に床に置いてたから取りに来させる目的で)
  • A君がアメリカ人の血を引いている事に対する差別(アメリカの血は汚れているなど)
  • 「死んでしまえ」など自殺を強要する

といった、およそ教師であるならば絶対にあってはならない事が日常的に行われていたとされていました。

A君はこの教師による行動で「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」になってしまい、精神科に入院してその後は転校しなければならなくなります。

 

このいじめ(体罰)が発覚したのは家庭訪問がキッカケになっています。

担任のD先生が放課後の15時半くらいから家庭訪問の予定だったのにも関わらず予定を忘れてしまって家に帰った為、父Bの予定が同日しか空いてなかった事もあり夜の8時くらいから10時くらいまで家庭訪問が行われました。

(夜遅くの時間帯を希望したのは父Bの方で、母CはA君の兄がケガをしてしまった為に付き添いで不参加)

この時にD教師は日時を間違えていたことを深く謝罪し、父Bと何気ない話(A君の学習態度や成績、Aがアメリカ人とのハーフである事)をして何事も無く終わります。

 

しかし、突如としてこの家庭訪問の2週間後辺りに父Bと母Cが学校に抗議する為に来校し、

  • 家庭訪問の時にA君の血筋(母方の遠縁がアメリカ)について差別的な発言があった事
  • 夜遅くの家庭訪問は非常識
  • D教師がA君に対して日常的にいじめ(冒頭でまとめた内容)を行っている事

を校長に訴える事になります。

D教師には全く身に覚えの無い事ばかり言われてしまいますが、自分の言い分を説明する暇も無いまま謝罪させられてしまいます。

その後、A君家族は学校(D教師)側の折り合いが付かず最終的に学校側を訴える形になり、D教師は停職6ヶ月の懲戒処分を受けてしまう事になってしまいました。

 

今回の保護者が学校(D教師)を訴える事件の内容を大まかにまとめると上記の流れになりますが、冒頭で説明した通り「保護者側の言い分(訴え)」は全くのウソです。

なぜこのようなウソをついたのかは今でも分かりませんが、教師にとって致命傷である「懲戒処分(停職6ヶ月)」を受けてしまった事には変わりありません。(事件から10年後の審査でこの処分は取り消される)

 

今回の「保護者が訴える事例」で学校と教育委員会委がとった行動は!?

家庭訪問から2週間後、A君保護者が学校に苦情(家庭訪問時の暴言と日頃の体罰について)を訴える事がキッカケでD教師が担任しているクラスの授業に他の先生が監督役として見張る事になります。

また、校長と教頭はD教師から事の発端を聞き取りをしてD教師がA君の顔を掴んだ事を認め、その後校長と教頭で話し合い「D教師」をA君のクラスの担任から外す事を決定しました。

 

さらにA君のクラスの生徒(クラスの生徒数は28人)に「アンケート」を実施して、普段のD教師の学校での様子(他の生徒にも同じ様な行為をしていたのか)について詳しく調査すると...

  1. D教師から叩かれたり、友達が叩かれたりした所を見た事があるか
  2. D教師が授業などの時に1人の生徒に「アメリカ人」だったり「髪が赤い」など行っている場面を居たことがあるか
  3. 校長先生などが注意した後、D教師の言葉遣いや態度が怖くなったりした時があるか
  4. 他の先生がいなくなってから(監督役の先生)D教師が他の生徒を叩いたりした所を見た事があるか

以上4つの問いに対して「1,」の問いには22人の生徒が「ある」と回答し、「2,」については16人の生徒、「3,」については11人の生徒、「4,」については7人の生徒が「ある」と答えていたことが明らかになっています。

 

以上のアンケート結果から再度教育委員会はD教師に事情を確認し、A君に対する指導が「体罰」に当たるとして「停職6ヶ月」の処分を下す事となりました。

 

保護者が学校(教師)を訴える! 「殺人教師」の事件で裁判所はどう判断したのか!?

先ほどまで「今回のD教師が行った体罰」と「その体罰について学校側が取った対応」についてまとめてきました。

実際には「ほとんどがウソ」である今回の体罰(いじめ)ですが、学校側がまとめたアンケート等を見ると保護者が訴える内容が真実を言っている様に見えてしまいます。

このアンケートなどを踏まえて保護者が学校(教師)を訴える事件を裁判所がどう判断していったのかをまとめて行きます!

 

家庭訪問の時に言った差別的な発言について

今回の保護者が学校(教師)を訴える事件について、事の発端は「家庭訪問の時のD教師の暴言」が始まりでした。

D教師の発言はA君家族を否定する(アメリカの血が流れているから汚れている)内容でしたが、

  • A君の保護者が学校に苦情を訴えてきたのは「約2週間後」
  • 普通、ここまで言われたらすぐ抗議の電話を入れたり苦情を訴えるのに、翌日学校には連絡は入っていない
  • A君の保護者の知人の証言が保護者の言っている事とほとんど同じ
  • A君の保護者が差別的発言をうけた2年後に裁判を起こしていて、知人の証言はその時に取っている
  • 大分時間が経っているのに、知人と保護者の証言がほとんど同じなのは不自然(知人の証言が保護者の言動の影響を受けている)

以上の事が明らかになり、結果的に「家庭訪問の時の発言」は信頼出来ない(保護者の訴える内容は信頼性がない)と裁判所は判断しました。

 

A君の持ち物をゴミ箱に捨てた行為について

D教師が行った「A君の持ち物をゴミ箱に捨てた事」について裁判所がどう判断したのか!?

A君の保護者は持ち物全てをゴミ箱に捨てられたと証言していますが、D教師の言い分は全く違っていて床に無造作に置かれていたランドセルを誰のか問いただした上で「ゴミ箱の上」に置いたと証言しています。

 

これに対して裁判所は、

  • A君自身と保護者の訴える内容が違う(A君はランドセルや持ち物を捨てられた事を覚えていない)
  • D教師が訴えられる前にA君や保護者に対してランドセルをゴミ箱に捨てるような事をして申し訳ないと謝罪している
  • そもそもA君の保護者が訴える内容(証言)に信頼性がない

として、「ランドセルをゴミ箱に捨てた(持ち物全てでは無い)」と判断しています。

 

D教師による「自殺の強要」について

D教師による自殺の強要が実際にあったのか!?

もし本当にあったとするならば、学校と保護者の信頼関係は破綻する事になりますよね!?

今までのA君の保護者の発言を振り返ってみるとほとんどがウソなので保護者の訴えは認められない感じがしますが、今回の証言は「A君本人」になります。

 

A君がD教師に言われた言葉は「お前は生きている価値が無い。死ね。」と証言していますが、この証言で実際には保護者の誘導があったとされており、さらにA君本人がD教師に言われたのにも関わらずあまり覚えていない事が判明し、A君の訴える内容について信頼性を否定しています。

さらにはこの自殺強要の件があった後に社会科見学があり、A君とD教師は普通に会話をして写真も撮ったりしている事が裁判で明らかになっているので「D教師がA君に自殺を強要したとは認められない」と判断しています。

 

A君は「PTSD」になっていたのか!?

今回の保護者が学校(教師)を訴える事件の重要ポイントにもなった「A君がPTSDになっていたのか」について詳しく見ていきたいと思います。

A君は2003年(平成15年)の10月始め辺りに福岡県の大学病院(精神科)に2004年(平成16年)の4月中旬まで入院をしていますが、そこの医師に今までのいきさつを伝えて結果的に「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されます。

しかし、A君の今までのいきさつ(体罰の内容や言われた内容)は保護者が代わりに答えていた事(A君はあまり学校の事を覚えていなかったから)や入院中何度かは外泊もして友達とサッカーして遊んでいた事などが裁判で明らかになり、医師の診断と今回の事件との関係は否定されていまいます。

 

保護者が学校(教師)を訴える裁判の結果はどうなった!?

今までの保護者が訴える内容(証言)をまとめても信頼出来る証言がほとんど無い為、教師の行為が不法行為だと認められた内容は

  • D教師がA君にアイアンクローをした事
  • 何回か叩いた事(小突くくらい)
  • ランドセルをゴミ箱に捨てた事

この3つだけだったので、保護者側が訴える内容はほとんど否定される結果となりました。

ちなみに保護者側が学校(福岡市)に請求した内容は約5800万の損害賠償請求で、実際に認められた請求は約220万の損害賠償請求だけでした。

 

この判決後、保護者側は控訴しますがD教師に対する請求を取り下げ、「保護者側」と「福岡市(学校)」のみの控訴審を起こします。

D教師への控訴を取り下げた事で請求が確定し、これ以上控訴審でD教師が行った体罰について争う事が出来なくなりました。

取り下げた理由としてA君がD教師を外す事になれば「本人尋問」に応じると保護者側が答えていますが、本当はこれだけ保護者側が訴える内容の信頼性が認められなかったので再度争っても勝ち目が無いと悟ったからだと思われます。

 

D教師からしてみればこれだけ信頼性のない証言で自分の罪が確定(慰謝料を支払う)してしまうので徹底的に争いたいハズですが、控訴を取り下げられた事によって法廷で「今回の顛末」を争う事が出来なくなりました。(福岡市の補助参加人としてしか参加出来ないから)

控訴審でもD教師の行為(アイアンクローをした事、叩いた事、ランドセルを捨てた事は変わらず約220万の損害賠償金が約330万に引き上げられて控訴審は終了。

両者上告(上告すると今度は最高裁判所で争う事になる)する事なく、保護者が学校(教師)を訴える事件は終結し判決が確定します。

 

この控訴審の後に福岡市人事委員会にD教師は懲戒処分取り消しの申し立てを行い、申立が認められ懲戒処分(停職6ヶ月)を取り消す裁決が下される事になります。

 

 

以上、ここまでがA君に対する体罰(家庭訪問の時の暴言)から実際に保護者が学校(教師)を訴えるまでの一連の流れになります。

その発言ほとんどがウソではあったのですが、事件から裁判が終わるまで実に6年近くの月日が掛かってしまいました。

あとはテレビや雑誌などで書かれたりした様にマスコミに「でっち上げ」と言われ「モンスターペアレント」という言葉まで流行る様になります。

 

保護者が学校(教師)を訴える!!この事件から学べる事とは!?

今回の記事は福岡県の小学校で起きた「保護者が学校(教師)を訴える裁判」の内容を詳しくまとめた内容でしたが、この事件が他人ごとではなくいつでも私たちの「隣」に潜んでいる事を忘れてはならないでしょう。

人間誰しも「ウソ」を言うし、一見何の変哲もない「ウソ」だったとしてもそのたった1つのウソが相手を不幸にしてしまう事があるからです。

 

今回のケースは被害生徒(保護者)側がウソをついて担任の教師を停職6ヶ月にまで追い込んでいますが、これが学校側がウソをついていたり他の加害生徒(保護者)がウソを言っていたとしたらあなたならどうしますか??

もし、あなたが今回のケースで「D教師」の立場であればどう対応すれば良いのでしょうか??

 

残念な事に現実的に学校側や加害生徒側(保護者)がウソをついて「いじめ解決」をいたずらに遅くしている事例は数多く存在しています。

これらの事実に対応する為にも

  • 「いじめの」実態を把握する
  • 学校との話し合いを記録する
  • 学校との関係を良好なものにする
  • 我が子の避難場所を確保する

以上の対策を常に意識しておく事が「いじめが実際に起こっても慌てない対策」になると私は考えています。

さらに学校(加害生徒側)を訴えるとしても訴えるまでには様々な手続きを踏まないと(いじめの事実や証拠などが必要)いけないので「いじめの解決」には「訴える事(裁判)が必要なのか、ほかの方法が必要なのか」考えて行かないとなりません。

 

この記事を始め、「いじめ-ラボ」では実際に我が子のいじめを対応(裁判も)をしてきた経験を元に「相談コーナー」を実施しています。

実際に我が子にいじめ(体罰)が起きてどうすれば良いのか分からない!!となった時には気兼ねなく「相談コーナー」まで相談をお寄せください。

最後まで記事を読んで頂き、本当にありがとうございました!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました