分からず屋の学校と時間が掛かる裁判 いじめ解決策どっちが良いか?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!!

いじめーラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回の記事は「いじめ 解決策」というキーワードで「学校との話し合い」と「裁判を起こす事」どっちが有効な解決策なのかをまとめた記事になります。

 

 

 

この記事の目的は、

 

・実際に「学校との話し合い」を経て対策を学校に取ってもらう事には、子供にとってどんなメリットやデメリットが含まれているのか

 

・「裁判」を起こして、相手加害者に効果はあったのか

 

を今現在いじめ問題で悩んでいるご家族の方に「1つの方法としてこんなやり方もある」と知ってもらう事が目的となります。

 

 

学校で起こるいじめは多種多様で大人の考えでは考えつかないような凄惨な内容が多くなっていると同時に、これらの問題に大人がどう対応していくのかが今問われているのだと思います。

 

 

我が子のいじめをはじめ、少しでも「いじめ」に対する認識を改めると共に「他人事」では無いという事を知ってもらう為に記事にまとめてみましたので読んで頂ければ幸いです。

 

また、今現在この問題に悩んでいる方がいれば『お問い合わせページ』までご意見ご質問を頂ければと思います!

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

解決策として有効な方法は!?

子供がいじめられた時に一番不安に思うのが「子供がいじめられた事によって立ち直れない事やこれからどう接して行けば良いのか」だと思います。

 

今まで通り普通の生活を送る事や普通に学校に通って卒業する事が「当り前」と感じていたのにも関わらず、いじめにあってしまうとその全てが無くなってしまいます。

 

 

したがって、いじめ解決を考える場合には

 

いじめ問題を解決すると言う事はこれら失ったものを全部取り戻すこと

 

と言い換える事が出来ると思います。

 

 

しかし、今の現状(過去の判例や学校の対応)を考えると全てを元に戻す事は非常に難しいと言わざるを得ません。

 

※学校の対応に不満があった時の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

そこで、これからいじめにあった場合の解決策(私たちが実際に体験した時の感想も含む)として考えられる事は、

 

・子供の今後を考える事

 

・加害者側をどう対処するか

 

この2点に絞って考えて行く事が重要になると私は考えています。

 

 

では、この2つの争点を詳しくまとめて見ていきます。

 

 

 

解決策 その1 子供の今後を考える

この「子供の今後を考える」事を中心に解決策を進めていくと、子供の生活スタイルや学校の勉強の進み具合など「実務的なケア」を中心に考えなければなりません。

 

 

いじめられた時期を元に、義務教育であれば進学を前提として学校へ復帰する方法を決めなければいけないし、義務教育が終わっているのであれば「人間関係」の構築をベースにした解決策を考えなければなりません。

 

さらに「子供の今後を考える」のであれば、それなりの期間が掛かる事も考慮しなければいけません。

 

 

心の傷は簡単には治らず大人になってからも苦しみ続けますので、簡単に治ると思っていると途中で挫折してしまう恐れもあるでしょう。

 

 

小学校の時に「性的ないじめ」に遭い、大人になっても「その時」の苦しみが抜けず最後には殺人事件を起こしてしまった事例もあります。

 

※詳しくはこちらの記事でまとめています。

いじめ対策 子供の接し方や心のケアの方法など重要ポイントまとめ

 

 

さらにこのいじめ問題は一過性の問題ではなく、子供がいじめを苦に「自殺」してしまうケースが後を絶ちません。

いままで幾つもの命が学校のいじめで無くなっている事を忘れてはならないでしょう。

 

 

 

 

解決策 その2 加害者側をどう対処するか

自分の子供にいじめがあった時は、我が子の心配と同時に「相手への怒り」で気持ちが溢れてくると思います。

 

それこそ、一発ぶん殴ってやりたいくらいに怒りがこみ上げてくると思います。

 

しかし、現実では「子供のいじめ」で相手側を懲罰する方法はほとんど機能していません。

 

 

「いじめ防止対策推進法」では加害生徒への懲戒や出席停止などの項目を主受けていますが、加害生徒への懲戒は義務教育では退学は出来ませんし、停学も厳格な規定の元運用されていますので実際に行使した実例も数が少ないです。

 

どうしても今の学校では「被害生徒」よりも「生徒全体のケア」を重視してしまう傾向にあるため、懲罰に対しては慎重になる場合が多いでしょう。

 

なので相手に大きなダメージを与え、かつ「公の場」で罰をを与えるとなると「裁判」が一番効率が良い方法になると私は考えています。

 

 

 

以上、解決策として有効な方法を

 

子供の今後を考えるケース

いじめた相手をどう対処するかのケース

 

2つを例に挙げて考えて見ました。

 

次は、今受けている問題を解決する為にこの2つの項目のメリットを具体的にまとめていきたいと思います。

 

 

 

どう解決していくか 対策のメリット

子供がいじめを受けて、どう解決に向けて進めば良いのか具体的な道しるべがあれば解決策も立てやすいと思います。

 

例えば我が子と話し合い、

 

・学校に戻りたいと考えているのか

・今の学校には戻らず、転校したいと思っているのか

・当分誰とも会いたくない、暫く1人になりたいと考えているのか

・どうしてもアイツの事が許せないと思っているのか

 

と言ったように、今受けている問題がどのようなケースのものなのか、いじめを受けてた時期は何時なのかを考えて子供と相談しながら決めていく事が大事になってきます。

 

 

 

「子供の今後を考える」ケース

子供の今後を考えるケースの解決策を選ぶ場合は、子供の進路や友達関係などを重視する場合に選択する事が多くなると思います。

 

相手と争って責任を追及するよりも、今の我が子の状況を考えて「心のケアや進学に向けて体制を整える事」を重要視するのであれば学校や教育委員会との情報の共有や対応の連携がカギになってきます。

 

 

なぜなら、問題を解決しても子供の学校生活はその学校で続くし、転校したとしても「学校」に転校する事には変わらないからです。

 

問題を解決しながら子供の友達関係だけで無く、学校との関わり合いを深めていく事も大事になるでしょう。

 

 

この「子供の今後を考える」対策では、万が一いじめが再発したとしても学校との連携が図れている場合には比較的軽度の被害で済む確率が高くなる事がメリットとして考えられます。

 

 

さらに子供の生活リズムは「学校生活」が大半を占めており、それに伴い「友達関係」が子供の価値観を支配しているので友達関係で何か不穏な動きがあった場合には学校の方から連絡をくれる事もあります。

 

また、細かい事で言えば「クラス替え」や「別室での授業」、「登校時間の変更」などの対応もありますし「転校」であれば「就学校指定変更」の方法もあります。

 

 

 

 

ここで気を付けなければいけない事は「我が子可愛さ」に我が子の受けた被害を全面的に学校に押しつけない事です。

これが酷くなれば「モンスターペアレント」と呼ばれ、取り合ってくれなくなる可能性もあります。

 

学校で起きた事ではあるけれど、学校にも対応の限界というものがあります。

 

学校側の対応が悪くとも話を最後まで聞いて子供の今後を話し合いましょう。

 

 

 

加害者側をどう対処するか

加害者をどう対処するかを選択する場合には、その問題で受けた被害が大きくて子供の状態が悪い場合に選択する事が多いと思います。

 

学校にもなかなか行けず、中には自殺をしてしまいそうなケースが目立つ場合に「被害を補填」する意味合いでこのポイントを選択する場合が多いと思います。

 

また、学校の対応に不信感を持ったり情報公開の対応に満足出来ない場合にこの選択する可能性もあるでしょう。

 

 

 

子供の状況を把握した上で家族でも話し合いをし、学校や普通の生活の復帰に時間が掛かると「加害者側の状況」も気になる所だと思います。

 

うちの子は何も悪いことしていないのに学校に行けなくなったけど、相手側は呑気に学校に通っているワケですから気にならない訳無いハズ。

 

 

親が子供の為に戦うとなると、一番メジャーな方法は「裁判で損害賠償請求する方法」となるでしょう。

 

弁護士を通して対応や解決策を一緒に考えたり、受けた損害をお金で解決したい場合は「裁判」が一番手っ取り早い方法になるでしょう。

 

 

何よりも学校を介して和解の話し合いではいじめについて全く認めようとしなかった加害者家族でも、裁判で判決が下れば何も文句は言えなくなります。

 

 

さらに先ほど「子供の将来を考える」ケースでは被害をお金で解決出来ません。

 

相手にキッチリと責任を追及したいと考えているのであれば、裁判ほど適した方法は無いと私は考えています。

 

 

 

 

分からず屋の学校と時間が掛かる裁判 いじめ解決策どっちが良いか? まとめ

今回の記事は「いじめ 解決策」をキーワードに「子供の将来」と「受けた損害」をポイントにして、自分の子供をこの問題から救うのに効率の良い方法は何かを書いていきました。

 

 

子供の将来を中心に解決策を考えるのであれば、学校を批判するよりも学校と一緒に子供の将来を考えて1日でも早く普通の生活にも出れる様にする事を第1に考えた方が良いでしょう。

 

また、子供が受けた傷を少しでも補填したいと思っているのであれば、損害をお金に変えて1円たりとも引かずに裁判で訴える方法を考えるべきかもしれません。

 

 

この問題の解決策はまだまだ沢山ありますが、ベースになる解決策の考え方は

 

・子供の今後を考える事

 

・加害者側をどう対処するか

 

この2つのポイントに絞られるハズです。

 

 

この記事を書いている私は「裁判」で子供の受けた傷を請求する裁判の方法を選びました。

 

学校との話し合いも沢山してきましたが、相手側の生徒にケジメを付けてもらうには学校の対応だけでは不十分です。

 

 

かといって裁判を起こせば必ず相手側を罰する事が出来るかというと、100%そうとは言えません。

実際に相手側の無罪が成立して一銭も取れなかった判例もあります。

 

 

どっちの解決策が正解かなんて答えはありませんから、子供や家族で十分に相談して納得のいく答えを出してから決定する事が大事です。

 

子供の笑顔の為に今出来る最善を尽くして、1日1日を生活していきましょう。

 

そこでこの「いじめ-ラボ」では、我が子が被害に遭ってから裁判を起こした経験を元に「相談コーナー」を実施しています。

 

今回の内容の他に、

  • 記事では書けなかった事
  • どうやって学校との話し合いをしてきたのか
  • いじめを認めて貰ったのか

などについて具体的に答えていますので今現在被害を受けてどう対応していけば良いのか分からず悩んでいるのであれば、一度お話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました