いじめ問題や不登校が起きやすい時期とは??解決策は「〇〇」にあり!

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめ-ラボ管理人「はかせ」と申します。

 

 

今回の記事は「不登校問題」をテーマに「いじめ問題」や「不登校問題」が起きやすい時期をまとめた内容となっています。

 

 

特に「小学校高学年から中学校3年生まで」が不登校問題やいじめ問題が多い時期となっています。(文部科学省の統計から)

 

 

 

小学校高学年から中学校3年生までの期間はちょうど「思春期」と重なっていて、身体的にも精神的にも「子供」から「大人」へ成長するナイーブな時期となります。

 

 

この頃の子供は「誰かに頼る事」を恥ずかしいと思う子がほとんどだと思います。

ましてや自分の親に相談する事はほとんど無いと思って良いでしょう。

 

 

子供が学校でどんな様子で過ごしているのか

 

何か問題を抱えているのではないか

 

悪い友達とつるんで問題を起こしてはいないか

 

 

いろいろと不安に思うことありませんか!?

 

特に「不登校問題」は外からは非常にわかりにくい問題なので、どう接して良いのか分からない事がこの頃の子供との接し方が難しいと思うポイントとなっています。

 

 

この記事では「不登校問題」や「いじめ問題」をまとめて、この問題が起きやすい時期を詳しく解明する事で不登校問題の解決策をまとめて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子がいじめを受けているかもしれないと思った時にあわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

 

 

子供が抱えている「現実」と「統計」

先ほど私は「不登校が多くなる時期」を小学校高学年から中学校3年生までの期間と言いました。

 

 

文部科学省が公表しているデータによるとこうなっています。

出典元:平成 29年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(速報値)について

 

 

 

 

文部科学省が公表した『平成 29 年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(速報値)について』では、不登校生徒は約144000人

 

長期欠席者全体(約22万人)の66%、小・中学生全体(約1000万人)の1.5%にも及びます。

 

 

不登校問題は「公に出来ない問題」にも関わらず小・中学生約14万もの生徒がこの問題に悩んでいると言う事になります。

 

 

 

ちなみに、小学生の不登校で悩んでいる生徒は約35000人で、長期欠席者全体(72000人)の48%、小学生全体(約646万人)の0.5%。

 

中学生の不登校で悩んでいる生徒は約10万人で、長期欠席者全体(約14万人)の75%、中学生全体(約348万人)の約3.2%になります。

 

 

 

もっと分かりやすくすると...

 

出典元:平成 29 年度「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」(速報値)について

 

 

上記のグラフの様になり、小学生1000人あたり不登校で悩む子は約5人中学生1000人あたり不登校で悩む子は約35人となります。

 

 

 

つまり...

 

小学生は1つの学年(4~5クラスとして)には必ず1人は不登校で悩む子がいて、中学校だと1クラスに1人は悩んでいる子がいる事になります。

 

 

 

数字よりも具体的な例えの方が子供たちが直面している問題がリアルに感じる事が出来ると思います。

 

 

 

そして子供たちが不登校となってしまう理由については『我が子がいじめで不登校!?親に出来る解決策まとめ』で説明している様に「人間関係の悩み」が全体の3割を占めています。

 

・いじめ問題

 

・クラスの雰囲気

 

・部活のメンバーとの関わり

 

・友達関係

 

・先生との関係

 

・家族との溝

 

 

まだ未成年なのに「大人顔負け」のストレスが今の子供には掛かっているようです。

 

 

 

以上、子供が今直面している問題をクローズアップしてみました。

文部科学省の公表しているデータを元に「どれだけの生徒」が不登校になっているのか分かると思います。

 

 

最早、不登校問題はいじめ問題と同様に「他人事」ではないのです。

 

 

それを端的に表している事実が「1クラスに1人は中学生で不登校になっている」と言う事です。

 

 

 

では次の段落で不登校になる時に良く見られる傾向をまとめて行きたいと思います。

 

 

 

不登校問題によく見られる傾向

この段落では、不登校問題によく見られる傾向として、どんな事があるのかをまとめて行きたいと思います。

 

 

不登校は「いじめ問題」と密接に関わっているとこの記事で何回も言っていますが、不登校になる場合といじめが起きる場合とは非常に似たケースが多いです。

 

 

原因となる問題や「クラスの雰囲気」が関わっている事、悩んでいる子にしか「問題の大きさ」が分からない事などの共通点が代表的なものです。

 

 

では以下に共通するポイントをまとめて行きたいと思います。

 

 

 

夏休みや冬休みなどの「長期休暇」が明けた時に起きやすい

子供が長期の休みに入ってから、いざ学校が始まるとなった時に「不登校」になってしまうケースが非常に多くなっています。

 

 

文部科学省の統計でも「友人関係」や「クラスの雰囲気に馴染めない事」を理由に不登校になってしまう生徒が多いと出ています。

 

 

学校生活の主な「長期休暇」は、

 

・GW(長い時だと4月28日くらいから5月第一週終わるまで)

 

・夏休み(7月下旬~8月末くらいまで)

 

・冬休み(12月下旬~1月中旬まで)

 

・春休み(3月上・中旬~4月初旬まで)

 

 

が主な「長期休暇」になるのではないでしょうか。

 

 

 

重い玉を転がす場合「最初に動かす時」に一番力を使い「動き始めた後」はあまり力を必要としない「慣性の法則」と同じ様に、不慣れな状況から抜けた後にまたその場所に行くには非常にエネルギーを使うハズです。

 

 

一度気が抜ける時間があると「元の状態」に戻るのにいつも以上のエネルギーを使ってしまう為に「学校に行かない」、つまり「不登校」になってしまう確率が高くなるのだと考えられます。

 

 

特に一番長い休みである「夏休み」はこの問題が起きやすい傾向にあります。

 

 

「ON」から「OFF」に、「OFF」から「ON」に切り替わる時には注意が必要になるでしょう。

 

 

 

友達関係に縛られすぎる・エネルギーを使いすぎる

これは私たち家族の体験談になるのですが、四六時中「スマホ」を片手にLINEをしながら過ごす子いませんか!?

 

 

友達からの返信に夢中になり、返信の内容よりも「返信が来たこと」に対して異常に反応する事ありませんか!?

 

 

返信が来ないことに恐怖を感じ、返事が来たら速攻で返信する

 

 

私の子どもは友達との交流をしていた訳でなく、「LINEをする事」に意義を見出している様にしか見えませんでした。

 

当然、長続きせず「仲が良い友達」と思っていた生徒にいじめられ不登校になってしまいます。

 

 

子どもは「何に意義があり、何が意味の無いことなのか」判断する能力がまだ身に付いていないと思います。

 

 

必要以上にエネルギーを「人間関係」に使いすぎバランスが崩れてしまうと学校に通っている意味が見いだせなくなる傾向にありますので、本当にやりたい事や必要な事は何なのかを見失わない様にしていく必要があるでしょう。

 

 

 

学校が「怖い」

先ほどの「友達関係に縛られすぎる・エネルギーを使いすぎる」で書いてある事と重なるかもしれませんが、子どもが「学校自体」に恐怖を感じている事があります。

 

 

あの空間自体といった方が良いのかも知れませんが、「居るだけで怖い」と思ってしまう子が最近非常に増えてきています。

 

 

メディアとかで流れている「いじめ事件」や「不登校事件」の影響を受けているのかも知れませんが「情報」に影響を受けやすい子が増えている事が原因なのかも知れません。

 

 

・誰かが「わたし」の事を悪く言っている

 

・誰かが「わたし」を見ている

 

・みんな「わたし」を避けている様に感じる

 

・「先生」が「わたし」の事を出来ない子だと思っている

 

・「わたし」だけ勉強が出来ない

 

・「わたし」だけ取り残される

 

 

毎日子どもは上に書いた様な「恐怖」を通う度に感じているので、昔のような「学校が楽しい」と感じる子はほとんどいないのかも知れません...。

 

 

 

 

以上、『不登校問題によく見られる傾向』を3つのポイントに分けて詳しくまとめて見ました。

 

私「はかせ」の子がいじめを受けたときの心情をベースに詳しく書いてみましたが、この頃の子どもは「1人で抱え込む事」がほとんどです。

 

 

親が「不登校の原因」や「キッカケ」を知っている家庭はあまりいないと思います。

 

 

しかし、親である私たちが「子どもの様子」から即座に感じ取るしか現時点では解決策はありません。

 

さらに私たち親の世代が学生だった時と今の子どもたちの世代との「学校に対する価値観」は、私たち親が意識しなければ理解する事が難しい位にかけ離れていると言って良いでしょう。

 

 

そんな中、誰かに悩みや今後の対応について相談したいと思った事ありませんか??

 

 

次の段落では、文部科学省や法務省が管轄している「いじめや不登校」の相談機関をまとめて見ましたのでご覧下さい!

 

 

 

 

不登校問題の解決策は「○○」!?

今回、私「はかせ」の子が不登校(約半年間)になり実際に学校に通える様になるまでに行った解決策を紹介していきます。

 

 

 

結論から言うと、不登校の解決策はいじめの解決策と同じ「相談する事」

 

 

 

子どもが抱えている問題を「親」だけで解決していくことは難しいです。

子どもの様子が少しでも変と思ったら、次にオススメする所に一度相談してみて下さい。

 

 

 

子供の人権110番

いじめ問題や対策だけに留まらず、不登校や子供との接し方や親としてどうあるべきかなど、細かいアドバイスを受けることが出来ます。

 

 

実際に私の子供がいじめに遭ったときに相談に乗ってもらい、相談員の方が私たちの子供に対して「本当によく頑張ってくれました」や「本当に芯の強い子なんですね」など子供の事を褒めてくれた時にはポロッと涙がでました。

 

 

親である私たちの立場までしっかりとフォローしてくれるので一番オススメです。

 

 

話を聞いてくれる方はベテランの相談員の方達。親身になって話を聞いて下さるので心が凄く軽くなりますよ!

 

 

《相談時間》

月~金曜日 8時30分~17時15分

※祝日・年末年始(12月29日~1月3日)は除く

 

 

《電話番号》

0120ー007ー110(通話無料)

 

 

 

24時間子供SOSダイヤル

主に子供からのいじめ問題の相談や対策をアドバイスする機関になりますが、保護者からの相談も随時受け付けています。

 

モチロン不登校問題もOK。

 

 

しかも24時間受け付けているので、子供に聞けない、聞かれたくない場合には打って付けの相談相手になります。

 

深刻な悩みで誰にも聞かれたくない時には良いかも知れません。

 

電話をかけると、電話かけた所在地の教育委員会に繋がります。

 

 

《相談時間》

年中無休

 

 

《電話番号》

0120-0-78310(通話無料)

 

 

 

法務省インターネット人権相談窓口

この法務省インターネット人権相談窓口は「子供の人権110番」のインターネット版みたいなもので、主にメールでの相談となります。

 

電話では上手く説明出来ないとか、相談内容やアドバイスをメールで受けたい(いつでも無いようを振り返る事が出来る)場合はこの方法がオススメ!!

 

 

《相談時間》

メールにての相談となります。返信までには多少時間が掛かります。

 

 

《アドレス》

コチラの「法務省ホームページ」から入力して下さい

 

 

 

以上、不登校問題の解決策『相談する事』とそのオススメポイント3つを紹介させて頂きました。

 

私「はかせ」も実際に相談させてもらって非常に心が軽くなりました。

 

少しでも子どもに異変を感じたら、相談する事をオススメします!!

 

 

 

いじめ問題や不登校が起きやすい時期とは??解決策は「〇〇」にあり! まとめ

今回は「不登校問題」をテーマにして、不登校が起きやすい時期とその解決策をまとめた内容となっています。

 

 

調べた結果、子どもがこの問題に悩まされる時期として一番多いのは「小学校高学年から中学校3年生までの期間」が群を抜いています。

 

文部科学省のデータを見てみても一目瞭然で、「長期休暇」明けも不登校問題では危険な時期となっています。

 

これらのデータを元に「解決策」をまとめて見ました。その内容は、

 

『相談する事』

 

です。

 

 

大人でも自分の問題を独りで抱え込んでしまうし、「自分は悩んでいない」と今の現状を否定してしまう子も中には多いのかも知れません。

 

誰にも知られる事が無い反面、いざ助けて欲しいと思ってもなかなか言葉に出来ない時もあるでしょう。

 

 

そこで、相談する時にオススメの相談所を3つほど紹介させて頂いています。

 

・子どもの人権110番

 

・24時間子どもSOSダイヤル

 

・法務省インターネット人権相談窓口

 

 

どれもいじめ問題を相談するところで有名な場所ですが、不登校問題も同様に親身になって相談を受けてくれます。

 

そして、このサイトでも「いじめ発覚から裁判を起こすまでの経験」をもとに「相談コーナー」を実施しています。

 

我が子の被害が発覚してどう対応していけば良いのか分からず途方に暮れているのであれば、是非1度お話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました