真犯人は親!?いじめの仕返しに相手を拉致監禁した事件の真相

親が仕返しに直接相手を拉致監禁!!親は逮捕されてしまうのか!?

 

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

 

今回の記事は「報復・仕返し」をキーワードに実際にあったいじめ仕返し事件をまとめて行きたいと思います。

 

 

数多くある「いじめの仕返し」についての事件のなかで、一番有名なのが今回紹介する福岡県で起きた報復事件で、しかも今回紹介する事件の主役は被害生徒の「父親」になります。

 

 

 

この記事を部屋で真剣に読んでいるあなたにも、

 

・うちの子をいじめたアイツに同じ様な痛い目を合せたい!!

 

・学校がキチンと対応してくれないのであれば、直接殴ってやりたい!!

 

・大人を舐めているとどうなるのか、直接教えてやりたい!!

 

・2度と学校に行けないようにしてやりたい!!

 

・(今住んでいる地域に)住めないようにしてやりたい!!

 

・泣いて許しを乞う位になるまで痛めつけてやりたい!!

 

と、1度は考えた事あると思います。

 

 

しかも学校が「加害生徒」側の味方をする様な発言するから、「加害生徒」に対する仕返しを本気で計画した事もあるのではないでしょうか!?

 

 

今回の記事は、相手に「本当の恐怖」を与える為に本格的に仕返しをした親の話になります。

 

 

 

 

この記事では、

 

・この父親が起こした仕返しの内容(相手を拉致監禁した事件の詳細)

 

・被害生徒(仕返しした父親の子)が受けた被害の内容

 

 

に触れつつ、これから問題を解決していく上で必要な事をまとめて行きたいと思います。

 

 

 

これを書いている私「はかせ」も我が子のいじめ問題を解決するまでかなりの時間と苦労を掛けてきました。

 

その実体験も合せてこの記事で紹介して行きたいと思います。

 

 

今現在、この問題に苦しんでいて「明日」が見えないあなたのお役に立てれば幸いです。

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

親が加害生徒を直接拉致監禁した「仕返し事件」の内容

我が子の為にアイツを懲らしめる!!仕返しは何処まで許されるのか!?

 

 

今回紹介する「仕返し事件」の内容について簡単に書いていきます。

 

 

息子に起こった被害を知った父親が、加害者と思われる生徒2人を自宅に監禁し包丁や注射器などの凶器で脅迫や暴行を働いたとして警察に逮捕されてしまいます。

 

 

事の発端は、福岡県城島中学校に通う中学2年生の息子が約1年間いじめを受けていたとして学校と対応していた事が始まりです。

 

 

その後、学校との話し合いや対応を経て解決したかと思った矢先、修学旅行で加害者生徒にお土産を渡している所を家族が発見し、まだ問題は継続していると感じて加害者生徒を監禁した事が今回の事件の全容になります。

 

 

父親は加害者生徒を監禁し暴行したとして逮捕されてしまいますが、逮捕の3日後に釈放。

 

その後、書類送検されて簡易裁判所にて「罰金50万円」の略式命令を受けたのですが、

 

 

「略式裁判では、子供が受けたいじめを検察がどう判断したのか分からない」

 

として、福岡地裁に正式裁判を請求しました。

 

 

この正式裁判は、公にすることによって「いじめ」の全容を裁判で明らかにし、加害生徒やその保護者が参加しなければならない状況にする為に起こしたとされています。

 

 

自らの罪と引き替えに子供が受けた被害を裁判で問いかける予定でしたが、直前に子供の将来を考えて取り下げ父親の罰金刑が確定し終結します。

 

 

 

今回の拉致監禁事件の元になる「いじめ」の内容

被害生徒の家族全員を不幸のどん底に陥れたいじめの内容とは!?

 

 

では、この生徒は1年間にどんな被害を受けてきたのでしょうか??

 

簡単にまとめて行きたいと思います。

 

 

父親の罰金刑が確定した後、事情聴取で中学校2年生の1年間に受けた被害は暴力や恐喝など「犯罪」になる行為が多かった事が判明しています。

 

また被害生徒の自転車も壊され、学校が終わっても付きまとわれたり学校外でも被害を受けていた事も明らかになりました。

 

 

 

学校側と被害生徒の父親が息子の被害に気づいたのは、中学校2年生が間もなく終わりそうな2月の中旬。

 

被害生徒が加害生徒に万引きを強要され、お店に万引きがバレていじめの全容が明らかになりました。

 

この加害者は同じ部活に所属している生徒でした。

 

 

 

問題の全容が明らかになり、

 

・被害者側と学校との話し合いで「加害生徒との接触を断つ」と学校と約束

 

をしたのにも関わらず学校側が対応を怠ったせいで、2月後半に行われた修学旅行でお土産を強要される事件が起こってしまい、被害生徒の父親は自ら加害生徒に仕返しを企てて監禁する事を決意する事となりました。

 

※今回の様に「学校の対応」が全く機能していない場合の対応について詳しくまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください!

従来のいじめ解決策はダメ!!いじめ問題を年内に解決させる方法

いじめ裁判で勝つ為に 実際に裁判して分かった絶対必要なポイント

いじめ問題で学校側を裁判で訴える場合に知らないと損するポイント

 

 

 

この父親による「仕返し事件」を振り返って...

誰にでも出来る「最も簡単ないじめの仕返しの方法」を公開

 

 

今回の仕返し事件を振り返って、「最も効果的な仕返しの方法」について考えて行きたいと思います。

 

実際に我が子が被害を受けて裁判まで起こした経験を交えて、3つのポイントにまとめてみました。

 

 

 

まず第一に、いくら加害生徒といえど「犯罪行為」をしてまで仕返しをしてしまう事については、間違いなくやり過ぎだったのではないかという事です。

 

 

この事件では父親が逮捕されて略式裁判で罰金刑が決まってしまいますが、罰金刑といえども自分がやった内容が「罪」としてみなされて判決が下されています。

 

 

真実を明らかにするのに、自らが犯罪を犯してしまうのは間違いです。

 

やっている事は加害生徒と同じ事をしている訳ですから。

 

 

 

第二に、犯罪を犯してしまえばせっかく集めた「証拠や事実関係」が無駄になる可能性があると言う事。

 

加害生徒や学校の無責任を証明する証拠や情報を持っていたとしても、今回の様に犯罪に手を染めてまで集めたものであれば「証拠能力」が認められない可能性が高いでしょう。

 

 

我が子の被害に対する仕返しだったとしても、「許される事」と「許されない事」は必ずあります。

 

徹底的に仕返しするのであればもっとリスクの少ない方法を考えるべきです。

 

そのために弁護士行政書士がいるのですから!

 

 

 

第三に、問題を解決するのに裁判を利用した事は今後の同じ様な問題が起きた時の対策として非常に有効だったのではないかという事です。

 

なぜならば、結果的に今回の父親の行動は犯罪行為になっていますが「問題」を学校の中だけに終わらせず「公」に表す事が出来たからです。

 

 

これから書くことは私の個人的な意見が含まれていますが、「いじめ問題」は「自分の経験」が邪魔してなかなか問題を公にすることが出来ないのです。

 

 

なぜならば「誰しもが教育を2回経験している」から。

 

一回目は「自分自身」。

 

二回目は「保護者として」です。

 

 

前者は「学びを受ける」立場で、後者は「学びを受けさせる」立場で教育を経験していきます。

 

 

自分自身が2回も教育を経験していくので「自分の価値観」と「経験」が影響しやすく、対応が我流になりやすい事がいじめを公に出来ない理由として挙げられます。

 

 

その証拠に弁護士でも教育専門でやっている弁護士は少なくて、教員免許が必須である事もありません。

 

その反面、医療問題になると医師免許を持っていないと弁護士でも簡単には介入できません。

 

またニュースで教育問題を題材にした内容でも、元教師の方がコメンテーターになる事はほとんどありません。

 

 

なので、自分自身の経験が判断を支配してしまう事がいじめ問題を解決するのに障害になる事が度々あり、その最たる例が「先生ごと学校ごとに対応が違う事」で問題が深刻になるケースが多い事にも繋がっています。

 

 

 

 

以上、今回のいじめ仕返し事件を振り返ってみて3つのポイントにまとめてみました。

 

 

この3つのポイントから言える「我が子をいじめから守る為の方法」としてベストな方法は、

 

 

ズバリ、「ボイスレコーダー」で事実を録音する事です。

 

 

ボイスレコーダーで録音すれば間違い無くいじめの状況を証明する事が出来ますし、ワザワザ学校に認めさせる事無く「いじめの事実」を証明する事が出来るでしょう。

 

 

さらに、この証拠を元に裁判を起こせば「いじめが起きていた事」は明白なので、特に「学校の対応に不満がある場合」には学校の責任について「録音データ」で証明する事が出来るでしょう!

 

 

存在自体が許せない加害生徒やその味方をする学校に「言い逃れ出来ない録音データ」を突きつけて追い詰めてやりましょう!!

 

※いじめの事実を押える「証拠の集め方」について詳しくまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください!

学校やいじめっ子を訴える!裁判で勝つ為に必要な証拠の集め方

 

 

 

真犯人は親!?いじめの仕返しに相手を拉致監禁した事件の真相 まとめ

このままやられるか相手が泣いて謝ってくるか、あなたはどちらを選びますか??

 

 

 

今回は「報復・仕返し」というキーワードで、実際にあったいじめ仕返し事件をもとに記事をまとめてきました。

 

 

事件が起きたのは福岡県立城島中学校。

 

 

ここに通う中学2年生の男の子がいじめの被害に遭った事がキッカケになって、その子の父親が仕返しとして加害生徒に「暴行や監禁」を行ったという事件です。

 

その子が受けた被害は悪質なもので、暴力、恐喝、付きまといなどが横行していた模様。

 

学校に対応をお願いしても、対応してくれないために父親が実力行使に出てしまいます。

 

 

 

今、ほとんどの学校で「いじめの対応」についてキッチリとマニュアルを組んで取り組んでいるハズなのですが「やっていない」学校が実に多いです...。

 

 

もし、少しでも学校の対応や言動が今回の城島中学校の様に「なぁなぁ」になっていた場合にはこれから紹介する方法を今すぐにやってみ必要があると思います。

 

 

そのまま放置してしまえば、事実の隠蔽は間違い無く行われるでしょう。

 

 

そこで、今回の仕返し事件で参考になるポイントは、「子供が受けたいじめ」を裁判で明らかにしようとした事です。

 

 

どんないじめが起きたのか?

 

学校はどんな対応をしているのか?

 

加害生徒の親はこの事を知っているのか?

 

学校が対応しないのはなんでなのか?

 

加害生徒の行為は犯罪に当たるのか?

 

 

「裁判」で全て明らかになります。

 

 

 

私たちは人生で2回「教育」を経験し、いつの間にか「我が子のいじめ」についても「私たちの経験」でいじめかどうかを判断してしまいます。

 

1回目は子供の時に自分自身が、2回目は「親」として子供に受けさせる立場で「教育」を経験します。

 

 

「学校はこうあるべき」

 

「これくらいはいじめに入らない」

 

「子供の成長に人間関係のいざこざは必要である」

 

「学校の問題に親が入るものではない」

 

 

など、いじめに親が介入する事について否定的な意見が多いのも、私たちが2回経験する「教育の価値観」が邪魔をするからです。

 

 

今回の事件では父親は罪を犯しましたが、真実を公表する為に自ら正式な裁判を要求する事で子供の受けた痛みをみんなに知ってほしかったんだと思います。

 

 

そこで、今回の様なリスクが高い方法をとること無く「事実」を明らかにする方法として「ボイスレコーダー」を使った方法を紹介してきました。

 

 

《詳細はこちらの記事でまとめています!》

学校やいじめっ子を訴える!裁判で勝つ為に必要な証拠の集め方

 

 

 

この方法で「いじめの実態」を録音すれば、

 

・学校が認めようが認めまいが関係なくなる

 

・場合によっては早急に解決しなければならない「重大事態」であることを証明してくれる

 

・誰がいじめをしているのか明らかになる

 

・学校が対応しなければ、学校の責任として追求する事が出来る

 

・裁判で有利な証拠を集める事ができる

 

・和解を有利に進める事が出来る

 

と言ったように、ジワジワと長期的に相手を追い詰める事(仕返し)が可能になります!!

 

和解まで持っていく事が出来れば、裁判を起こすこと無く当事者で解決(お金で)出来るのでお金の出費も掛からない事もあるでしょう。

 

 

さらにキチンと対応しなかった教師の責任も明らかになるので、「加害生徒」と「学校」の両方に仕返しが出来る事にもなります。

 

 

この事件の様に自らリスクを背負い込む事をせず、加害生徒や学校との関係を明らかに出来る「録音」で徐々に敵を追い込みましょう!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました