いじめ報復事件の実態 ここまで人生を狂わせる原因は何なのか!?

 

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

「いじめ-ラボ」管理人のはかせと申します。

 

 

今回は過去のいじめ報復事件を例に、そこから「我が子をいじめから救うために出来る事」を記事にまとめて行きたいと思います。

 

 

今回題材に挙げさせてもらうのは、1991年に起きた「佐賀県いじめ報復事件」になります。

 

過去に数えられないほどの仕返し・報復事件が起きていますが、この報復事件は特殊で一歩間違えれば「大量殺人事件」になっていたかもしれない程の事件です。

 

中学校でうけた恨みを晴らそうと、自ら同窓会を企画しクラスのメンバーと先生も全員死亡させるつもりでした。

 

この犯人は過去にどんないじめを受け、どんな心の傷を負ってしまったのか??

 

 

残念ながら犯罪に手を染めてしまいましたが、今回の犯人が受けた心の傷は絶対に風化させてはいけません。

 

・何故、犯罪に手を染めなければ行けなかったのか

・クラスと先生全員を殺したいと思うほどの被害の内容

・これからの学校の対応を私たち家族の役割

 

 

起きてしまった事件は取り返しが付きませんが、上記3つのポイントをまとめてこれからの対応に活かす事は必ず出来るハズ。

 

過去に書かれていた事件の内容を基に、詳しくまとめて見ました。

 

 

※この事件の他に「いじめ報復事件」の内容をまとめた記事をリンクしていますので、コチラの記事も是非ご覧ください。

 

※いじめの仕返し、報復事件の内容をまとめた記事はコチラ!!

いじめの仕返し、報復事件の記事 一覧

 

 

 

今回の記事の他に「いじめ-ラボ」では、私たち家族が子供のいじめを通して感じた事や学んだ事をベースにまとめています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 ※いじめ問題と不登校問題についてまとめた記事はコチラ!!

いじめ問題と不登校問題の解決策記事 一覧

 

 

 

一歩間違えれば「大量殺人事件」になっていた報復事件の内容とは!?

今回の報復事件は1991年に佐賀県で起きた報復事件になります。

 

ネットでは犯人の実名が公表されていて「赤司良治」、当時年齢は28歳。

 

犯行に使われたものは同窓会に出されるハズの宴会用のビールに毒物を入れて全員殺す予定だったと判明しています。

 

また、爆発物が入った箱が見つかっており、その箱の処理に当たっていた警察官数名が箱が発火して重軽傷を負っています。

 

犯行を実行に移す前に犯人が警察に捕まり実際には被害はありませんでしたが、あともう少しタイミングが遅ければ何十人もの死者を出していたでしょう。

 

 

 

この事件の犯人である赤司が捕まったのは、意外な人物からの報告があり捕まえることが出来たそうです。

 

その人物とは「赤司の母親」です。

 

犯行を実行するまでの赤司の様子がおかしいと警察へ相談した事が犯人特定の足がかりになり、被害が起きる前に赤司を逮捕出来ました。

 

その後、殺人未遂で逮捕された赤司は裁判で「懲役6年」の実刑判決を受けます。

 

1度は「精神障害の疑いがある」とされていましたが、裁判の過程で「責任能力あり」と判断されています。

 

 

我が子が「殺人未遂」で逮捕されてしまうその瞬間、その後ろ姿をみて母親はこの時に何を思っていたのでしょうか?

 

犯行の動機が中学校の時に受けた「いじめ」が原因と知ったとき、どんな心境で警察からの報告を受けていたのでしょうか?

 

 

高校生活も問題なく過ごしていたし、立派に大学まで進んで就職も果していました。

 

 

これからの人生が光りある可能性に満ちあふれていた矢先の逮捕は、どれだけのショックだったのか想像が付きません。

 

しかし、この赤司の両親は「ある重大なミス」を中学校時代の赤司に対して犯していたことが判明しています。

 

 

両親が犯したミスとは一体何なのか!?

 

 

犯行の動機と両親が犯したミスの内容を順を追ってまとめて行きたいと思います。

 

 

 

赤司が中学校時代に受けたいじめの内容とその後

この段落では中学校の時に赤司が受けたいじめの内容とその後の様子をまとめて行きたいと思います。

 

クラスメイトと先生全員を殺したいと思ってそれを実行にまで移していたのですから、殺意に隠れた凄惨な内容を垣間見れるかと思います。

 

 

ネットなどで明らかにされている内容は、

 

・頭を殴られる

・イスなどで殴られ頭を数針縫う

・ロッカーに無理矢理入れられる

・女子の目の前でズボンを脱がされる

・ドブ川の水を飲まされる

 

と言ったように暴力から始まり、「人としての尊厳」を傷付けられる内容となっています。

 

 

もしかすると、最近のいじめの内容よりも酷い内容になっているのかも知れません。

中学校の被害状況』についてまとめた記事を紹介させて頂きますので、1度ご覧になって下さい。

 

 

そして、中学校時代を何とかやり過ごし赤司は高校をへ進学します。

進学先は「農業高校の食品科学科」へ。

 

高校に入ってからはいじめに遭った様子がネットの情報からは窺えませんが、この時には既に事件を起こす事を見据えて進学先を選んでいたことが取り調べで判明していました。

 

 

高校卒業まで目立った問題も起らず、大学にも進学。

その後は化学関係の会社に入社していることも判明しています。

 

この進学や入社動機もこの事件を起こすための足がかりだったと同じ取り調べで明らかになっています。

 

 

当時犯行に使われた毒物や爆薬に必要な物資は、大学で資格を取り実際に会社で学んだ知識やルートを基に作られた様です。

 

中学校から始まった復讐劇は約10年以上の月日を経て実行に移されたと言って良いでしょう。

 

人を「鬼」に変えるとはまさにこの事を言うのだと、この記事をまとめる時に思い知らされました。

 

 

 

赤司の両親について

先ほどと同じ様にネットでの情報をまとめて行くと、赤司の両親は教師をしていた事が明らかになっています。

 

しかも、当時赤司が通ってた中学校の先生です。

 

直接担任になっていなかったとしても、我が子の様子の異変に気づかなかったのでしょうか??

 

結果的に両親は赤司の受けた心の傷に対して何も行動を起こすことはありませんでした。

 

 

我が子の状態には気づいていたのか??

知っていて対応は何もしなかったのか??

 

 

ネットで調べて結果、

 

・両親が「いじめられているのは我が子に原因がある」と考えている

・「我が子」だからと教師でも親でもある自分が介入するとかえって問題が悪化してしまう

 

 

教師という立場であれば、もっと我が子の受けた心の傷に向き合って欲しいところですが「教師」であるが故に出来なかった部分があったのも知れません。

 

何にせよ、両親が上手く対応出来なかった事には変わりはありません。

教師であるのにも関わらず、「いじめられているのは被害者にも原因がある」と言っているのは憤りすら感じます。

 

 

何の為に生徒に学問を教える教師になったのか!?

一人の親として「やってはいけないミス」を犯してしまったと言っても過言ではないでしょう。

 

 

せめてもの償いとして息子が「人殺し」にしない為に先に警察に報告したのかもしれませんね。

 

あの時に「キチンとした対応」していればもっと違った結果が待っていた事は間違いないでしょう。

 

 

 

この報復事件を振り返って、これから親である私たちに出来る事は!?

この記事の最初の方に赤司が受けたいじめの内容をまとめさせて頂きました。

 

・頭を殴られる

・イスなどで殴られ頭を数針縫う

・ロッカーに無理矢理入れられる

・女子の目の前でズボンを脱がされる

・ドブ川の水を飲まされる

 

どれも「人の尊厳」に対する冒涜と言って良いほどのないようですが、私個人的には「女子生徒の前でズボンを脱がす行為」はこの頃の男の子の「プライド」を徹底的に傷付け殺人と同義の行為と思っています。

 

年頃の子供の「性」に関する問題は非常にデリケートな問題です。

 

この行為をされてしまうと、親はもちろん先生にも相談する事が出来ず「生き地獄」を味わう事となります。

 

さらに助けに入った生徒は自分が関わると同じ様にされてしまうと恐れ、「傍観」する方へ動いてしまいますし被害内容を特定しにくくなる原因になります。

 

たった一回でもやられてしまうと取り返しの付かない事になるでしょう。

 

 

いじめ問題の記事をまとめて行くとこの行為がよく被害内容として見受けられるので、我が子がいじめに遭っているかもと思った時には早急に、

 

「我が子が受けた被害」を明確にするために要望書などの作成

弁護士などを挟んで「法的手続き」を前提に動く

 

と良いでしょう。

 

 

特に「学校に要望書を作成し、話し合いをする事」については、学校に事の内容を明らかにすると共に我が子が受けたいじめをどのように解決へと導くのか「指標」となるものです。

 

ただ単に学校に乗り込み「怒り」に任せて話し合いをしても何の解決にもなりません。

 

いじめ裁判失敗例 「親の怒り」が先走りすぎたケース』でも紹介させて頂いていますが、「感情にまかせている」と何の解決にもならず、仮に裁判を起こしても「負けて」しまいます。

 

その後の弁護士の依頼するにせよ、自ら我が子の問題を解決するにせよ自ら事実解明に向けて「冷静に」ならなければなりません。

 

 

もし、今通っている学校にそのまま登校するのであれば尚のこと学校との話し合いは必要になってきます。

 

学校に感情的になって関係が悪化し、その後我が子に何か問題が再発した時に対応出来なくなりますので学校との対応や話し合いは「冷静に」行って損はないでしょう。

 

 

 

いじめ報復事件の実態 ここまで人生を狂わせる原因は何なのか!? まとめ

今回の記事は佐賀県で起きたいじめ報復事件の全容を紹介しつつ「我が子をいじめから救う為に出来る事」をまとめてきました。

 

中学校の出来事が原因で将来の可能性を遠ざけてしまった赤司は、冒頭に説明したように「懲役6年」の実刑判決を受けてしまいます。

 

不幸中の幸いかもしれませんが、この事件に死者が出なかった事が何よりでしょう。

 

 

赤司はこの事件のために高校から社会人までの明確な進路を中学校の時に決めて、実際にそれを実現するまでの強靱な意志を持つことが出来ました。

 

その行動力が犯行に使われるのでは無く、自分が本当にやりたい事へと向かっていたのなら今の日本に欠かせない人物にまで成長していたのかも知れません。

 

 

今回の事件では、両親の対応がもっと上手く出来なかったのかが残念でなりません。

 

 

しかも両親とも教師と言うことで「学校」でも「家庭」でも当時の赤司の異変を誰よりも察知する事が出来たハズです。

 

 

この痛ましい事件を風化させないように我々が出来る事はしっかりと「学校との話し合いなどの対応」を冷静に行い、法律の事など勉強する事でしょう。

 

ある程度事実を明確にして「何が問題になっているのか」、「我が子の何が侵害されているのか」をまとめておくことが早期解決の否決です。

 

もし今現在我が子のいじめで悩んでいるのであれば、1度この「いじめ-ラボ」に話しを聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事やこのサイトでまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

 

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在被害に遭われて悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。
※参考文献 一覧

・教育資料庫 佐賀県同窓会いじめ報復未遂事件

・いじめゼロを目指して いじめの復讐。代表的な事件

・NAVERまとめ 同窓会大量殺人未遂事件【いじめの復讐】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました