いじめで暴力があっても「退学処分」が違法とされた判例

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

「いじめ-ラボ」管理人のはかせと申します。

 

今回の記事は「退学処分」をテーマに、いじめの加害者側を退学処分にする時の注意点をまとめて行きたいと思います。

 

 

生徒に対する最大の懲戒処分である「退学処分」

 

 

この処分をするには、本当に退学するしか方法が無いのかどうか詳しく調べると共にその事実を明確にしていかなければなりません。

 

特に「いじめ」となると、学校側は公にしたくないのか「隠蔽」に走る事が多く、被害者救済の面からしてみれば、学校の対応は加害者を擁護している様にも取られる事が多いでしょう。

 

 

もし、加害者側へ何とか仕返しをしてやりたいと考えているのであればこの記事の内容がお役に立つ事は間違いないでしょう。

 

 

実際にこの記事を書いている私「はかせ」も我が子がいじめの被害に遭ってしまい、加害者生徒を退学処分にしてもらいました。

 

被害を受けると、かなりの確率で被害者側が泣きを見る事になり最悪の場合は加害者側が何食わぬ顔で学校に行っているのに対し、不登校もしくは自殺してしまい「真相は闇の中」の状態になってしまいます。

 

 

被害者側は何も悪くないのに、あまりにも不平等ですよね!?

 

 

 

今回の記事では「ある高校」の生徒が問題を起こし、退学処分を受けるのですが後に「不服」として裁判を起こすことになります。

 

結果的に「退学処分は違法」とされてしまうのですがその過程から、

 

・どうして退学処分が違法となったのか

・違法とならない様、適正に加害者側に懲罰を与える事は出来るのか

 

これら2点をまとめて行きたいと思います。

 

今回の記事と同じ様に「退学処分」についてまとめた記事をご用意していますので是非ご覧下さい。

 

 

※この他にもこのサイトでは、私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

※いじめ問題と過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

裁判に関する記事 一覧

我が子の被害を基にまとめた記事 一覧

 

 

 

 

退学処分が違法と判断された事件の内容

今回の「退学処分」の基になる事件は大阪の高校で起きた事件になります。

(参考文献:大阪教育法研究会 私立女子高校暴力行為退学処分事件)を基にこの記事はまとめさせて頂いています。

 

その高校に在学している生徒は高校1年生の時に別の生徒に暴力を働いた事で、高校3年生の時に退学処分を受けたと言う事例です。

 

その暴力の内容は

・髪の毛を引っ張り引きずり回す

・その掴んだ頭を机に叩きつける

・影で悪口を言っていたり

 

といった酷いいじめが横行していた事が判明しています。

 

さらにこの加害生徒は

・学校で禁止していたピアスを付けたり、携帯電話を持ってきたり

・無断で授業をサボったり

 

と生徒指導の先生から何度か注意を受けていた事が裁判で明らかになっています。

 

この暴行事件があってから加害者側と被害者側の示談(治療費を弁済、謝罪)があり、その後は特にトラブルがあったわけでも無く被害者側が提示した診断書も「全治7日」の打撲程度ですんで大事に至る事はなかった様です。

 

 

 

学校の対応が何故違法とされたのか!?

今回の加害生徒の暴力を見ると被害が小さかったとはいえ、「相手の髪の毛を掴み、引きずりまわした」という暴力は普通に考えて程度の度合いは決して小さい暴力では無いハズです。

 

後の事実調査では机に頭を叩きつけたと言っていた事が実は頭には机が当たっていない事が判明しました。それにしても暴力の度合いが低くなるわけではありませんが。

 

前にも書いた様にこの生徒には過去指導を受けた事があって、今回が初めての事件ではありません。

 

それでも今回の裁判では退学処分が違法と裁判で判断されてしまいました。

 

 

今回の事例を詳しく調べると、

・加害者が行った暴力などは継続して行われたものではなかった事

・学校の加害者に対する対応は「退学ありき」で進んでいた事

・当事者同士で和解が済んでいた事

・退学処分が決定されたのは高校3年生の時であった事

・加害生徒やその家族に対する説明が「更正」よりも「自主退学」だった事

 

が明らかになっており、学校の対応に「柔軟性が無く、明らかに裁量権の逸脱に当たる」としています。

 

 

今回の事件も前にまとめた記事でも「生徒を退学処分」にする為にはある一定の条件が満たされていないと出来ない事が裁判の判例では通説となっています。

 

 

その根拠となっているのが「学校教育法施行規則第26条3項」にまとめられている条文です。

この条文では次の様に書いてあります。

前項の退学は、公立の小学校、中学校(学校教育法第七十一条の規定により高等学校における教育と一貫した教育を施すもの(以下「併設型中学校」という。)を除く。)、義務教育学校又は特別支援学校に在学する学齢児童又は学齢生徒を除き、次の各号のいずれかに該当する児童等に対して行うことができる。

一、 性行不良で改善の見込がないと認められる者
二、 学力劣等で成業の見込がないと認められる者
三、 正当の理由がなくて出席常でない者
四、 学校の秩序を乱し、その他学生又は生徒としての本分に反した者

 

引用元:e-Govウェブサイト

 

今回の事例であれば「暴力」がメインになっていて、さらに指導歴があると言うことなので可能性としてあげられるのは「1,」と「4,」の項目になると思われます。

 

このケースで言えばその暴力が継続して行われていた事が実証出来ていれば退学処分が適法になっていたかもしれません。

 

さらに、軽微な事でも継続的に生徒指導の先生から指導を受けた事が明らかになっているのであれば今回の様な結果にはならなかったかもしれません。

 

 

また、退学処分になってもらう為には「その生徒が退学処分以外で更正させる事が出来ない」という事が判明していないと行けませんので、今回の加害者生徒の授業態度その後の生活態度や家での態度も考慮されるでしょう。

 

これは退学処分がそれほど生徒にとって重大な問題になると言う事をあらしていますので、今回の事件だけで無く「学校生活全体での評価」が必要になってくると言う事になります。

 

 

そして高校1年生の事件なのに対して退学処分は3年生に決定された事から「退学処分」と「この生徒の態度や問題」が因果関係が無いと判断された事も大きな要因となっている様です。

 

 

 

この判例から私たちが出来る事は何か!?

今回の事件の場合はちょっと特殊で、先ほども書いた様に高校1年生の事件が高校3年生になってから懲罰を受けると言った時系列的におかしな事例となっています。

 

問題発生から時間が経ってしまえば、それだけ退学処分に限らずその他の対応も難しくなってしまうと言う事です。

 

 

今回の場合、直接的な暴力がメインので被害の軽重だけを見るのでは無く、

・加害生徒が被害生徒に依存していないか

・誰から見ても「いじめ」と捉えられる状況だったのか

・事実を証明するものは揃っているのか

 

 

を重点的に自分で情報を手の内に収めておく事が重要になります。

 

これらの情報を自分の手の内に収める事によって、被害の事実が判明しやすくなるだけでなく、学校がなかなか認めない状況であれば「認める」要因にもなります。

 

 

これらの情報を手に入れるためには、私たち自身が法律についての知識を得る必要があります。

ただ単に学校との話し合いをするのでは無く、「何」をもってして話し合いをするのかを心得る必要があると言う事です。

 

 

 

例えばいじめなどの暴力でクラスの誰も助けてくれない場合、かなりの確率で不登校になるかと思います。

その不登校の期間がどれ位だったのかを把握していれば子供が受けていたいじめが「重大事態」に当てはまる可能性が出てきます。

 

確実に認定されるかと言えば100%では無いので保証は出来ませんが、重大事態と判断されれば学校側は早急に事態を調査しなければなりません。

 

その情報を基に我が子のこれからを守る為の対応策を学校と一緒に執る事が出来るでしょう。

 

 

 

今回挙げた例は簡単な例ですが、我々被害者側も対抗すべく知識を得る必要があります。

 

さらに、これから加害者側と裁判を考えているのであればその問題の証拠としても使える場合がありますので「情報が命となる事」は私たち自身知らなければなりません。

 

これらの情報を手に入れ「学校の説明義務」を果す事にこそ、これからの問題の解決策が明確に学校や加害者側の為に存在するのでは無く被害者の為の解決策なのだと証明する事に繋がるのだと私は思います。

 

この「いじめ-ラボ」でも我が子のいじめが発覚してから裁判を起こすまでの経験を元に「相談コーナー」を実施しています。

 

学校との話し合いや学校にいじめを認めて貰う為にはどうすれば良いのかなど、具体的な内容をお話させて貰っています。

 

我が子のいじめが発覚してこれからどうやって対応していけば良いのか分からなくなった時や迷った時などは一度「いじめ-ラボ」までお話を聞かせて貰えませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました