丸子実業の裁判から学ぶ「いじめの対応」の本質とは

 

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめ-ラボの管理人の「はかせ」と申します。

 

 

今日は8月31日で「8月31日の憂鬱」明日は9月1日で「自殺の日」とか様々な呼び方があり、本当であれば季節が夏から秋に変わる1年の折り返しの時期でもあります。

 

雨が続いて花が色づいたり、蒸し暑いのが落ち着いて夜空も綺麗に見える素敵な時期でもあるのにさっき書いた様な呼ばれ方の方が有名になってしまっています...。

 

大人もそうですが「余裕」が無くなって、それが子供にも影響してしまっているのかも知れません。

 

 

このサイトで少しでも気が和らぐようにいつでも相談をお待ちしております。

 

 

 

今回は「教師と保護者」のテーマを置いて過去にあった判例を紹介しつつ、これから私たち家族が「いじめ」にどう向き合って行けば良いのかを実体験を元にまとめて行きたいと思います。

 

 

紹介するのは「丸子実業バレー部」で起った判例になります。

 

 

メディアの報道で知っている方も多いと思いますが、事件が起きてから様々な憶測が影響して「保護者」を責める場面や「学校」を責める場面が沢山あった事件になります。

 

また、本まで出版されて情報がごちゃごちゃになり「何が本当の事なのか」ハッキリしないまま個人情報まで流出してしまう事態になってしまいました。

 

 

本当の被害者である生徒は残念ながら自殺してしまうのですが、この丸子実業の判例から「いじめの対応」について実体験を交えながら考えて行きたいと思います。

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

※いじめ問題と過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

裁判に関する記事 一覧

我が子の被害を基にまとめた記事 一覧

 

 

 

丸子実業で起きた事件の内容

2005年当時丸子実業のバレー部で1年生だった生徒がいじめを苦に自殺した事件。

(参考文献:Wikipedia 丸子実業高校バレーボール部員自殺事件)を基に記事を書かせて頂いています。

 

 

内容は主にバレー部の上級生からのいじめで、

 

・発音が上手く出来ない(吃音)事でからかわれる

・ハンガーで頭を叩かれる

 

これらの内容が日常的に行われてていた事が裁判で明らかになっています。

 

また上記のいじめが原因(?)として不登校、診断で「うつ病」とも言われており学校側の対応と加害者生徒の行為にについて詳しく調べられる事になりました。

 

 

この事実に対し丸子実業側は当然「事実無根」と否定。

生徒が自殺した2日後に記者会見を開き、いじめの事実は無い事を説明したようです。

 

 

 

当時のマスコミは遺族や学校の対応について取材を進め、

 

・「お母さんがねた(寝た)ので死にます」のメモに対する丸子実業側の見解

・取材の時に校長が失言、全国から抗議を受ける

・遺族側(母親)は実名を公表、顔も出してインタビューに答える

 

といった様に核心に迫る取材をしていた様です。

 

 

最後には丸子実業側と加害者側・被害者側の折り合いが付かず、2005年の12月に被害者生徒が自殺してから約3ヶ月後に丸子実業側と加害者家族側(バレー部員)を相手取り損害賠償を求める裁判を起こすことになりました。

 

しかし、さらに約7ヶ月後に丸子実業側とバレー部員の家族約30人近くて「遺族側」を相手取り「名誉毀損に対する損害賠償請求」訴訟を訴えてしまいます。

 

結果、被害者側の訴えるいじめについてはほとんど認められず丸子実業側とバレー部関係者側の訴えが認められる事となり「遺族側の保護者」はモンスターペアレントと言われるようになってしまいました。

 

後に遺族側は控訴を取り下げ被害生徒が自殺して5年後に判決は確定し、事実上丸子実業で起ったいじめ自殺事件は終息する事になります。

 

 

 

丸子実業側の対応

先ほどまとめたように生徒が自殺してから2日後に記者会見を開き、いじめは無かったと言う事と保護者会での説明を約束。

 

いじめは無かったとし、自殺の原因は「お母さんがねたから死にます」では無く「お母さんがやだから(嫌だから)死にます」であって自殺の原因はあくまで家族の問題として真っ向から反論。

 

その後のメディアからのインタビューでは、

 

「からかい(上手く発音する事が出来ない事に対する)がいじめに該当するのなら、そこら辺で起きているからかいが全ていじめになってしまう」

 

と発言し全国の保護者から批判を受けるアクシデントが発生しています。

 

 

実際に「被害に遭った子がそう感じているのであればいじめである」と言っていたのにも関わらずこのように発言する校長がいる丸子実業はちょっと危険な状態であったと感じざるを得ません。

 

また、保護者との話し合いの最中にバレー部の顧問から罵声を受けたとされているが実際の所は不明。

 

さらに不登校になっている被害生徒に対して「登校するように何度も要請をかけた事」も明らかになっています。

 

 

 

ただ、丸子実業の対応で疑問が残るのは被害者が被害を受けて自殺するまでに「サイン」などに気づく事は出来なかったのかと言う事です。

 

この事は保護者側にも言える事なのですが、被害生徒は何度か「家出」をしている事が判明しており丸子実業側にも連絡が行っている様です。

 

 

 

このサイトでは現在いじめで苦しんでいる家族や『過去の判例』などから「いじめの実態」を調査していますが、被害者側で生徒が「家出」しているケースはありません。

 

家に何かしらの問題があるから「家に居たくない」から家を出るのであって、不登校になっている場合なら尚のこと安全地帯である家を離れるケースは見られません。

(私の見識が無いかも知れませんが)

 

この自殺した生徒のの保護者の場合、世間で言われている様な「でっち上げ」のモンスターペアレントかも知れませんし学校側やメディアが「そのように」仕向けた可能性だって否定は出来ません。

 

 

 

いじめを受け家出もしてしまう状態なのにも関わらず保護者も丸子実業側も「何かしらのサイン」を見落としていた事には変わりはなく、私たち保護者側と学校側の「溝」がジャマして正確な話し合いが出来ず最終的に被害生徒を自殺に追い込んだと私は思います。

 

ではここままでの流れ大まかに書いてきましたが、実際に裁判でどのような判断をしたのかを次の段落でまとめて行きたいと思います。

 

 

 

裁判での判断

今回の丸子実業で起った事件に対する裁判は2通り行われています。

 

1つは遺族側があ丸子実業とバレー部の生徒を相手取った裁判で、もう1つは逆に丸子実業とバレー部関係者が遺族を訴えてしまった裁判の2つです。

 

 

最初の遺族側が丸子実業とバレー部の生徒を訴えた裁判では損害賠償約1億3000万を求める訴訟となり「いじめがあったのか」や「丸子実業の対応に問題は無かったのか」が争われる内容となりました。

 

長野地方裁判所はこの事件に対し「ハンガーで頭を叩いた事については1万円の損害賠償を認める」とし、丸子実業側の対応については「安全配慮義務違反」は認められませんでした。

 

 

特にに被害生徒は「不登校」のほか「うつ」に掛かっていた事が医師の診断により明らかになっていましたが、「生徒に学校へ登校させるように催促する事は一概に生徒を圧迫させるような事には当たらない」として責任を否定する判決をしています。

 

 

高校生である被害生徒に対する登校要請は、その影に「出席日数不足による留年」が潜んでいるので無理にでも要請をかけたのだと思いますが、教師なら不登校になっている生徒の心情を慮ってナンボだと思いますので個人的には「他に対応は無かったのかな」と思います。

 

 

 

この判決を受けて今度は丸子実業バレー部関係者の約30人あまりが遺族に対して約3000万の損害賠償請求を起こされてしまいます。

 

学校関係者がこぞって被害者側を訴えると言う事は尾木直樹先生も仰っていましたが「本当にあってはならない事」です。

 

判決は指導目的でハンガーで叩いた事は不当としつつ不登校やうつにまで発展させるほどの効力は無いと遺族側の意見を否定し、丸子実業バレー部関係者約30人中23人に1人当たり5千~5万円の計34万円の損害賠償請求を認める判決をしてしまいます。

 

 

事態はここで終わらず、今度は丸子実業の校長が遺族と遺族側弁護士を相手取り名誉毀損に対する損害賠償請求600万円を提訴してきます。

 

この判決でも丸子実業の校長の言い分が認められる内容になり、約165万円の損害賠償請求を認める形になりました。

 

 

遺族側から学校側へ訴える事はよくありますが、今夏員の丸子実業の事例の様に集団で遺族側を訴える事例は例に無く、異常な状態であったと感じています。

 

あるメディアは「いじめ裁判に対する正当な判決」と養護している所もあったり、またあるメディアでは「史上最悪の判決」と批判する所もあり学校と保護者の関係性を考える上でよく扱われるケースの様です。

 

実際にこのサイトでも記事にまとめさせて頂いたのですが、実際に我が子がいじめに遭った側から意見を次の段落で書かせて頂きます。

 

 

 

「裁判を起こしてみた立場から」丸子実業の事例を見て

この判例はよく記事に何かを書いたり、いじめについてまとめたりするときによく見るものなのですが「肝心な事」を蔑ろにしていて、これからの学校と保護者の関わり合いを改善する為に必用な判例だと私は思っています。

 

 

その肝心な事とは「自殺してしまった生徒の事」です。

 

 

書いてしまえば簡単で当たり前の事なのですが、この当り前の事ですら裁判になってしまえば大人であっても学校の先生であっても誰も気づく事が出来ず、約6年近く終息までに掛かっています。

 

誰も自殺してしまった生徒の事を考えず、遺族側は学校の対応に対する損害賠償について、丸子実業は「自分たちの面子」を盾に損害賠償を起こし収拾が付かない事になっていますよね。

 

 

この判例に限らず「これから裁判を起こそうと考えている方」には相談のメールなどでお話をさせて頂いているのですが、あくまで裁判は損害賠償を認めるかどうかしか判断しません。

 

たとえ裁判でいじめが認められても学校側の責任を認めるだけで「対応をこうしろ」と言う判決にはなっていません。

 

だからいじめ問題で裁判を起こすと言う事は、時間も掛かる上にお金でしか解決出来ないツールでしか無いと言う事になります。

 

 

 

中には裁判でみとめられたから学校の対応もキチンと行われる様になったと言うことも実際にあります。

 

しかし、裁判で争う場合は「事後処理」になりますので「裁判で全て解決するわけでは無い事」をこの記事ではお伝えしたいと私は考えています。

 

 

 

この丸子実業のケースで言えば、

 

・自殺した生徒が前に「家出」をしている事から、家族内で問題を抱えていたと推測出来るので児童相談所と連携して問題解決出来なかったのか

・普段の授業内容でおかしな点は無かったのか

・部活動でハンガーで頭を叩く事が判明している(他の生徒の保護者から「ウチはもっと酷い事やられているから」と言われている)ので、暴力が日常的に行われていた事が容易に推測できる)

・文部省はじめ、メディア等でキチンとした事実確認の元で報道は出来なかったのか

 

などが考えられると思います。

 

 

自殺した生徒は本当は何がしたかったのか、大人にどうして欲しかったのか

 

 

この真相を解明しない限り本当の解決は見えてこないと私は思います。

 

多分、自殺した生徒が生きていれば30代くらいになっていたのかなぁ...

 

私と同じ世代で家庭を持っていたのかも知れないし、仕事が楽しく感じる事もあったのかもしれない(私には絶対に思えませんが...)。

 

この生徒を自殺に追い込んでしまったのは紛れもなく「私たち大人」です。

 

裁判で学校と保護者がお金をむしり取る様な争いにならない様な対応をしていく事が我々の使命なのではないかと思います。

 

 

 

丸子実業の裁判から学ぶ「いじめの対応」の本質とは まとめ

今回は「教師と保護者」のテーマを置いて過去にあった判例を紹介しつつ、これから私たち家族が「いじめ」にどう向き合って行けば良いのかを実体験を元にまとめてきました。

 

今回事例に挙げさせてもらった内容は丸子実業いじめ自殺事件です。

 

 

今回の判例では遺族側の主張を前面的に否定し、丸子実業側とバレー部関係者の主張を認める内容となっており巷では「史上最悪の判決」とも言われております。

 

遺族側の母親にも何かしら問題があったように書かれていますが、我が子を失ってしまった被害者である事は変わらないので少なくとも丸子実業側が遺族に損害賠償を請求するような事はあってはならないと私は思います。

 

それと合せて丸子実の校長が放った言葉「今回のからかいがいじめというのであれば全ての事がいじめになってしまう」という発言は教育者であれば考え直した方が良い発言な事は確実でしょう。

 

 

こんな事ではいつまで経っても自殺する生徒は減らないし、学校の先生を頼って居る子たちに申し訳が立たないと思います。

 

私たち保護者ももう少し「本質」は何なのかを自問自答しながら毅然とした対応を学校側にしていく様にしましょう!!

 

実際にいじめが起きて「学校側」との話し合いや対応の仕方など分からない事だらけで行動が起こせない時には、実際に我が子のいじめを治めてきた私たち家族に話を聞かせてもらえませんか!?

 

「学校側を味方に付ける話し合い方」「相手側の情報の集め方」など、実際にしてきた事をベースに具体的なアドバイスをさせてもらいます!!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

 

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。
※参考文献 一覧

・Wikipedia 丸子実業バレーボール部員自殺事件

・ダヴィンチニュース 息子を自殺に追い込んだ母親は、いじめをでっち上げ、校長を殺人罪で告訴した【長野・高校生自殺事件の真実】

コメント

タイトルとURLをコピーしました