1つの「ウソ」から始まった滝川高校いじめ自殺事件の内容

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんにちは!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

 

今回紹介する内容は「いじめと自殺」というキーワードで「兵庫県神戸市の滝川高校で起った事件」になります。

 

2007年当時高校3年生だった生徒がクラスでのいじめを苦に自殺してしまった事件で、事件に関わっていた当時のクラスメイト3人が恐喝未遂などで逮捕されました。

 

 

この滝川高校で起きた事件で学校側は問題があったかどうかを調べて行くのですが、当初記者会見で問題の存在を否定。

 

次々と関係生徒が逮捕されていく中で問題を否定していた姿勢を変え「いじめはあった」と事実を認めメディアや保護者からの非難を一斉に浴びる事となりました。

 

 

今回の事件を振り返って、「歴史は繰り返される」と言う格言は本当に実在している事が生徒の自殺を経て証明される事になってしまいました。

 

 

高校生という立場、統計上では「いじめ問題」は学生生活の中で一番少ない時期になります。

 

 

しかし1度問題が起きてしまうと、義務教育の問題よりもずっと解決するのに時間が掛かってしまいます。

 

「高校生」という年齢や価値観、「親からの自立」といった課題の中で生きていく子供がそれだけ苦しんで生きているのかをこの記事でまとめて行きたいと思います。

 

※高校生のいじめについて詳しくまとめた記事を紹介させて頂きます。

自殺率NO.1の高校生いじめ 我が子のサインを見逃さない解決策

 

さらにこの記事では学校側の対応も詳しく見ていき、当時の会見で「いじめはない」と発言したのにも関わらず最後には存在を認めてしまった事についても調べて行きたいと思います。

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

※いじめ問題と過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

裁判に関する記事 一覧

我が子の被害を基にまとめた記事 一覧

 

 

 

滝川高校で起きた事件の内容

今回ネットを中心に、滝川高校で起きた事件を調べて行くと次の様な内容が明らかになりました。

 

・数十万の金銭をよこす様に脅される(当時仲良しグループで被害生徒が言ったウソが発端)

・被害生徒の裸の写真をHPに載せる

・髪の毛を無理矢理モヒカンにされる

(↑↑ここまでがニュースを中心に報道されている内容)

 

・無理矢理自慰を強要し、被害生徒の弁当にかけた

・暴力

(↑↑この2つがネットの記事で書いてあった内容。ホントかどうかまでは不明)

 

 

自殺してしまった生徒が発した「ウソ」がキッカケでこれらのいじめを受け、校舎から飛び降りて自殺。

 

自殺した生徒のポケットにはA4サイズの紙の「遺書」が入っており、その内容からいじめの存在があるのでは無いかとニュースになりました。

 

 

滝川高校はこの自殺を受けて記者会見を実施し、始めは「いじめ」の存在を否定しています。

さらに調査委委員会を開き調査をすすめるも存在を否定する立場を変える事はありませんでした。

 

 

この自殺の2ヶ月後にこの問題に関わっていた加害生徒が警察に逮捕され、最終的には4人が逮捕。

 

この逮捕を受け滝川高校は事実認定をひっくり返し「いじめがあった」として謝罪する事になりました。

 

 

2007年7月に生徒が自殺してから約1年間で滝川高校生徒4人(他にもいじめに関わっていた生徒はいる)が逮捕、当時の滝川高校の校長は引責辞任し他の先生も懲戒処分を受け事実上この問題は終息していきます。

 

 

では次に滝川高校のこの事件への対応を詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

当時の滝川高校の対応は??

滝川高校の自殺事件について、当時のニュースで言われていた事を振り返りながら見ていきたいと思います。

 

 

生徒の自殺を受けて生徒を始めとする聞き取り調査を開始しますが、70人あまりの聞き込みに対していじめを認識出来たと答えた人数(アンケートを含む)が11人にも及んでいた事が明らかになっています。

 

 

この結果を受けて滝川高校は当時自殺した生徒は加害生徒と仲が良くフットサルチームを作っていて、その時に自殺した生徒がついた「ウソ」が原因で自殺してしまったと発言。

 

 

この自殺した生徒がついた「ウソ」について滝川高校は調査前から知っており、また「ウソ」から始まった恐喝まがいのやり取りについても知っていた事がニュースでも報道されていますした。

 

 

さらに学校が「いじめ」がなかったと主張している理由として

 

・模擬試験(大学入試)の結果が悪かったから

・学校の成績が悪かったから

 

という事を挙げ、前面的に今回の「いじめ」と「自殺」との関係を否定しています。

 

 

また、学校は今回の調査で「第三者委員会」を設けたのですが、半数以上が「滝川高校の関係者」で占められていた事が後に判明しています。

 

滝川高校は中高一貫校(私立)になので少しでも問題があると翌年の入学に多大な影響が出てしまう恐れがあり、このような隠蔽に走ったと言う憶測も当時の世論でささやかれていたようです。

 

 

また、滝川高校は高校野球で甲子園常連校になっている滝川第二高校の姉妹校になっていますので、少なからず「大人の力」が働いていたと言う噂は外れていないのかも知れません。

 

 

 

最終的には加害生徒と思われる生徒が逮捕された事により、事実を隠しきれず認めなければならない流れになってしまったのではと私は考えています。

 

滝川高校の自殺事件について行われた会見を見てですが、内容を見ていくと「自殺してしまった生徒」に対する謝罪や遺族側への配慮よりも先に、

 

・私たちに責任は無い

・責任があるとしても教育的指導の範囲で済む事(指導不足や気づく事が出来なかった事)

・調査の初期段階で事実を否定していたのは、他の生徒への影響をなるべく避ける為

 

と言ったように「保身」に対して動いている感じがしています。

 

 

当時はまだ「いじめ防止対策推進法(2013年制定)」が制定されていない時期ですから学校の対応にも法的な言及はされていませんので、

 

・少なからず滝川高校がこのまま隠していても不利益を被る事は確率的に低い

 

と判断した様子が窺える事は確かだと思います。

 

 

 

この事件を振り返って私たちが出来る事は何か?

2007年に起きた滝川高校自殺事件を振り返って、2018年時点で考えられる私たち保護者に出来る事を「1つだけ」これから書いていきたいと思います。

 

あくまでも私個人的な意見になってしまいますので参考程度に聞いて頂ければと思っています。

 

その他情報が足らない等のご指摘も随時受け付けております!!

 

 

今回の自殺事件を振り返って、高校生が自殺してしまった経緯や心境についてあまり触れられていないので敢えてこの記事で触れていこうと思います。

 

当時のニュースもそうですが「高校生が自殺した経緯や心境」についてよりも、どうしても学校側の不祥事を取り上げた方が民衆受けが良いからなのかもしれませんね。

 

 

「高校生」ともなると今までの義務教育から外れ、責任と結果が自分自身にダイレクトに跳ね返ってくる年齢になります。

 

極端な例で言えば「勉強」が出来なければ(赤点がかさむ)進級が出来ない事が挙げられますよね。

 

 

その反面、これからの夢が形になっていく時期・年齢でもあり、何か好きな事があれば没頭できてさらにワンランク上の場所へ向かう事が出来る年齢でもあります。

 

言うなれば「希望」と「不安」が中学校の時よりも絶妙なバランスで保たれている時期でもあると言う事です。

 

 

ゆえに、その不安定であり安定している時期を学校生活で苦楽を共にする事により「痛み」や「喜び」を共感でき、「その生徒の心の支え」になって行くと言う事が言えると思います。

 

 

その最たる例を挙げるとすれば、義務教育の時期に関わった人間関係よりも高校生以降に関わった人間関係の方が「これからの人生」に対する関わり合いが圧倒的に多い事が挙げられるでしょう。

 

 

 

今回の自殺した生徒で言えば「希望」と「絶望」とのバランスが「絶望」に傾いてしまったと言う事。

 

この「傾いた事」に対する結果(いじめで自殺してしまった事)よりも、何故「そういう結果になったのか」を必死で考えて対応していかなければ歴史は必ず繰り返されてしまいます。

 

 

例えば、自殺してしまった生徒は加害生徒たちからの「数十万のカツアゲ」に対して内緒でバイトや派遣でお金を稼いだり親の財布からお金を取っていた事が判明しています。

 

当時18歳なので「バイト」する事には何にも不審な所はありませんが、数十万を稼ぐにはバイトだけで賄う事は非常に難しいので何かしらのサインをこの生徒は親に出していた可能性が大きいと言えるでしょう。

 

 

子供からでる何かしらのサインは必ずしも親が聞き取れたり発見出来るものではありません。

 

事実私たちの子供も高校生でいじめに遭ってしまいましたが、我が子から出ていたと思われるサインに気づいていたのかと言われれば100%YESと答える事は出来ません。

 

少なくとも髪の毛がモヒカン(ソフトなヤツ)になっていたら「それ、どうしたの!?」とはなるハズ。

 

 

この頃の子供は「いじめ」に対してほとんど「認める事」はありません。

 

 

なので私たち親を始め第三者から発見していれば、少なくとも高校3年生の時期に自殺は免れたのでは無いかと私は感じています。

 

自殺した時期がちょうど7月でもう少しすれば夏休みも控えていたと思いますので、避けられた可能性は大きいと思います。

 

 

学校側にも同じ事が言えますが、今までまとめてきたような対応をしているのであれば期待は出来ません。

 

他の高校(公立・私立問わず)で一生懸命に対応してくれてる学校は必ずありますが、1度ニュースで報道されてしまうと払拭する為には想像以上に労力が必要になってしまいます。

 

ただ、「学校だけ」「保護者だけ」といった風に片方だけに責任を押しつけるのでは無く(無責任な発言していれば話は別ですが)共に生徒を守る体制を構築する事が急務なのでは無いかと私は思います。

 

 

例えば、

・いじめ問題の事実を各学校に「授業」として活用する(被害者、遺族の許可を得て)

・保護者が平日など校内を見て歩く事を許可

・市民オンブズマンの様な期間を設立(第三者委員会に被害者側の意見をもっと取り入れる)

 

と言った動きが既に地方で起きているので、この動きが全国に広がるようになればと思います。

 

 

 

1つの「ウソ」から始まった滝川高校いじめ自殺事件の内容  まとめ

今回紹介する内容は「いじめと自殺」というキーワードで「兵庫県神戸市で起った滝川高校の事件」でした。

 

2007年当時高校3年生だった生徒がクラスでのいじめを苦に自殺してしまった事件で、事件に関わっていた当時のクラスメイト3人が恐喝未遂などで逮捕。

 

今回起きてしまった事件を元に

・今回の事件の内容

・滝川高校が取った対応について 

・この事件を受けて「私たち保護者」に出来る事は何か

 

具体的にこの3つに分けて事件を振り返ってきました。

 

最近のニュースなどを見るとコメンテーターの発言が現場の教師の発言よりも重要視されてしまう事が多い様な気がします。

 

どうしても「民衆受け」が良い方向に問題が動いて「本当の事」が見えなくなり被害者が誰なのか分からなくなってきています。

 

 

私たちにもこの事が言えませんか??

 

本当にダメな事や悪い人、誰でしょうか??

 

 

時には対応が杜撰で学校が問題を難しくしてしまい最悪の結果を招いたケースはあります。

この事件の後に起る「大津のいじめ事件」が最たる例でしょう。

 

 

私たちに出来る事は1人でも「自殺」してしまう子を減らし、1人でも多くの子に社会人になって活躍してもらう事だと私は思います。

 

 

弁護士だけに頼らず(実際に行動するのであれば相談は必要)、一緒に我が子の将来のために動く事が問題解決のカギになるハズ。

 

そのために「何が問題になっているのか」、「何を訴える事が出来るのか」を私たち自身が予め知識として知らなければならないと思うのです。

 

このサイトではこのほかにも「実際に我が子のいじめを受けて感じた事や学んだ事」などをまとめて相談を受け付けています。

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

 

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。
 

※参考文献 一覧

・Wikipedia 滝川高校いじめ自殺事件

・JCASTニュース 神戸いじめ自殺事件 言うのもおぞましい報道次々

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました