高校でいじめが起きた時、相手を退学処分にする為には!?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

いつも記事を読んでくれてありがとうございます!

「いじめ-ラボ」管理人のはかせと申します。

今回の記事の内容は「高校生のいじめ」をテーマに「退学処分」についてまとめた記事となっております。

 

「今の学校」は被害に遭った子が高校に行きたくても行けずに悩んでいるのに、加害生徒は何の罰を与えずとも普通に高校に通えてしまいます。

しかも被害に遭った生徒のほとんどが「今の学校から去る」事を迫られ、別の高校(通信制や定時制)に入るのにも試験をしなければなりません(受からなければそれまで)。

 

なぜ、私たちだけこんな思いをしなければならないのか!!?

 

今回の記事は「相手をどうにかしてでも学校から追い出したい、仕返ししたい」と考えているあなたに具体的な方法をまとめて行きたいと思います。

 

※今回の記事の他に「いじめ-ラボ」では、私たち家族が我が子のいじめを通して感じた事や学んだ事をベースにまとめています。

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので参考になれば幸いです。

※いじめ問題と過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

裁判に関する記事 一覧

我が子の被害を基にまとめた記事 一覧

 

高校でいじめを受けた時、相手を退学にさせる事は出来るのか!?

実際にいじめ加害生徒を退学にすることは可能なのか!?

結論から言うと、加害生徒を退学にする事は可能です。

ただ、相手を退学にするには非常に高いハードルを越えなければなりません。

 

実際にいじめを行った加害生徒を退学にしたケースは存在しており、この記事を書いている私「はかせ」のケースでも相手を退学に追い詰める事ができました。

しかし、別のケースでは「加害生徒の退学処分」が違法だと判断した判例があり(広島城北高校のいじめ退学訴訟が有名)、簡単には「加害生徒を退学」には出来ない様です...。

では、退学が適法(ただ単に加害生徒側が訴えていないだけかも)とされたケースと違法とされたケースでは何が違うのかを具体的に調べて行きたいと思います。

※広島県城北高校のいじめ退学訴訟について詳しくまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください!

いじめ加害者に対する「退学処分」が裁判で違法となった判例

 

なぜ、いじめをした生徒を退学処分にした事が違法とされるのか

この段落では「いじめた側を退学処分にした事」が違法とされた理由をまとめ、そこから「適法」とされたケースと「違法」とされたケースの違い(境目)についてまとめて行きたいと思います。

 

高校側の退学処分が違法と判断されたケース(広島県城北高校のケース)について詳しく見ていくと、

  • 退学とされた生徒(仮にAとする)が被害生徒に行ったいじめの内容は直接暴力を行うといったものでなく、あおったりするものであった
  • 被害生徒が先生に相談した時に「A」の名前は出てこなかった
  • 高校の判断は一律に「いじめに関わった生徒は退学処分」という姿勢
  • 「A」を始めいじめに関わった生徒の言い分を聞く機会はなかった(あったとしても退学処分を前提として書面で通知する事だけ)

というように、問答無用で退学処分とする高校の姿勢が見て取れる事が判明しました。

 

退学処分は一般的に取り返しの付かない非常に重い処分であり、当該生徒の言い分をしっかりと聞いて慎重に審議されなければならないものです。

それが例え「いじめ加害生徒」だったとしても変わらず、慎重に審議して決めていかなければなりません。

学校教育法施行規則第26条3項』によると生徒を退学にする事が出来る場合は以下の4つの場合に限られ

  1. 性行不良で改善の見込みがないとされる者
  2. 学力劣等で成業の見込みがないとされる者
  3. 正当な理由なく出席しない者
  4. 学校の秩序を乱しその他学生または生徒としての本分に反した者

これらの事由に当たらない場合には退学にする事は出来ません。

 

いじめ加害生徒の場合は上記の項目の「1」か「4」に該当する可能性がありますが、そのためには被害を受けた生徒が先生に相談するだけでなく「事実関係」を証明するものも併せて集めておかないといけないでしょう。

 

いじめ加害生徒を退学に追い込む為には!?

高校で「退学」となると今見てきたように非常に難しい判断になる事は間違いありません。

しかし、キチンとした説明と理論を組み立てる事でその処分を下す事は可能だと私は考えます。

その理由として高校生の退学事由は以下の通りにまとめられていて

  1. 性行不良で改善の見込みがないとされる者
  2. 学力劣等で成業の見込みがないとされる者
  3. 正当な理由なく出席しない者
  4. 学校の秩序を乱しその他学生または生徒としての本分に反した者

これらの事由と関連づけられる場合には加害生徒を退学に追い込む事が出来るでしょう。

ではここから実際に退学になった(私たちのいじめのケース)事例を基に、退学にする為の方法をまとめて行きましょう。

 

いじめの事実関係を明らかにする

高校生で起きるいじめは中学生で起きるいじめと大体のパターンは似ていて、主にSNSを使ったいじめが行われる傾向にあります。(特にLINEやインスタの「ストーリー」とか)

SNSを使われる事で外部から「いじめ」を認識する事が出来ず、被害が深刻化していく事がほとんどなので、このいじめを明らかにするためには親子間のコミュニケーションが不可欠になります。

対策としてLINE等のいじめはその画面をスクリーンショットで残しておいたりする事が考えられます。

また、中には重傷を負う程の暴力や金銭トラブルなど「物理的な」いじめも多く見受けられるので、その場合には傷を証拠として写真に撮っておいたり、医師の診断書を取っておく事で証明する事が出来ます。

 

いじめの証拠を残す事で時系列で事実関係を明らかにすることが出来るので、いじめかもと思った時や我が子からの相談でいじめを知った場合には早い段階から証拠を集める事で事実関係を明らかにすることが容易になると思います。

※いじめの事実関係を明らかにする方法(証拠の集め方)について詳しい区まとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください!

学校やいじめっ子を訴える!裁判で勝つ為に必要な証拠の集め方

 

これらの証拠を集める事で加害生徒が行った行為が明らかになり、先ほどの退学事由に該当しているのかもハッキリとするので加害生徒を退学に追い込むのであれば証拠はなんとしても集めておく必要があるでしょう。

 

クラスでアンケートを取る

先ほどの「いじめの事実関係を明らかにする」と似たような内容ですが、いじめの証拠を集める事が難しい場合には「他の生徒にアンケートで是非を問う方法」もあります。

例えば直接的な方法でいじめを受けているのではなく、間接的ないじめ(悪口や陰口、仲間外れ)を受けているのであれば「他のクラスメイトの目」が何よりの証拠になります。

アンケートでは被害者側の聞いて欲しい内容を考慮してくれるので、もしこれだけは聞いておきたいと思う内容があれば学校と相談して取り組んで貰う様にしておくと良いでしょう。

 

学校と「学習する機会を奪われた事」について話し合う

いじめで自殺と同じくらい怖いものは「被害を受けた生徒の学習する機会」が奪われてしまう事です。

特に高校になるとテストの点数や出席日数が単位修得の目安になり、足りなければそのまま留年になってしまうでしょう。

いじめは高校生でも不登校になりやすく被害を受けた側が退学に追い込まれるケースが非常に多いですので、早急に学校との話し合いで対策を取るべきと私は考えています。

 

話し合いの前提として

  • いじめを受けてしまったから学校にいく事が出来ない
  • 加害生徒がクラスにいるから、クラスに入れない
  • いじめの事実関係
  • クラスに復帰する為には加害生徒を排除する必要がある

と、ちょっと過激な書き方をしましたが以上のポイントを押えつつ話し合いをすると良いと思います。

実際に私たち家族のケースでは「加害生徒がクラスにいるから復学出来ない」とハッキリと言い、本当に反省している生徒に関しては我が子の判断で和解、そうじゃない生徒は退学して貰う事にしました。(約半数の生徒が退学)

 

早めに弁護士や警察に相談

いじめの事実を掴んだのなら、その時点で学校に相談するだけでなく弁護士や警察と言った機関に相談する方法もあります。

この方法を進めるメリットは強制力がある事(弁護士であれば裁判、警察であれば取り調べや酷い時には少年院や児相送致など)で、高校生という事で警察のお世話になれば退学事由に該当する可能性が非常に高くなるでしょう。

さらに弁護士が関与するのであれば裁判を前提とした対応になると思われるので、そのまま学校との間に入って対応してくれる場合もあります。

こうした専門家が介入する事で保護者だけでは対応してくれなかったケースでも対応してくれる事が多いのでオススメです。

 

以上、加害生徒を退学に追い込む為の方法についてまとめてきましたが、「いじめの事実関係」を明らかにしてから「相手がどういったいじめを行ったのか」を具体的にまとめなければならないので、被害内容をベースとした情報を自ら集める事から始めましょう。

その後は学校との連携を図りながら、

  • 学習する機会を奪われた事
  • 加害生徒がいるとクラスに戻れない事
  • 「学校(クラス)に行けない事」が長引くと取り返しの付かない事態になりかねない事

話を詰める様に進めると良いと思います。

 

もし、相手を退学に追い込む事が出来なかった場合には...

先ほどまとめた内容を行ったとしても、残念ながら今の学校の現状は100%相手を退学に追い込む事は出来ず、被害に遭った生徒が学校を辞めてしまうケースも存在しています。

被害を受けた事のある家族が一番納得出来ない事は「被害を受けた生徒が辞めてしまうのに、加害生徒はのうのうと通っている事」ですよね。

 

この最悪のケースを避ける為に、文部科学省では次の様なガイドラインを平成21年に公表しています。

高校でいじめを受けると不登校になってさらに単位を取得する事が出来なくなるケースが多いので、留年を避ける為には「不登校でも出席認定を受けられる場合がある事」を学校と話し合って具体的な対策を練っておく事でしょう。

 

通常、単位取得に必要な時間の3分の1以上の欠席で留年が確定してしまいます。

そこで文部科学省では次の提言を公表しています。

<高等学校の不登校生徒に対する通信の方法を用いた教育による単位認定>
○ 平成21年3月31日付初等中等教育局長通知「高等学校の全日制課程及び定時制課程における不登校生徒に対する通信の方法を用いた教育による単位認定について」により、高等学校の全日制・定時制課程において、不登校生徒を対象として、通信の方法を用いた教育により、36単位を上限として単位認定を行うことを可能としている。これは、構造改革特別区域基本方針に基づく特例措置について、全国的に実施できることとしたもの。

→ 今後は、各学校において教職員等の体制整備や具体的な指導計画の作成など、通信の方法を用いた教育を実施する上で必要な事項に十分留意した上で、新たな不登校生徒への支援方策として有効に活用されるよう促進していく。

引用元:文部科学省 資料4(その2) 不登校の児童生徒への支援について

 

高校生で不登校になり、さらに学校を辞めてしまうとなるとその先の将来の可能性までも失われてしまう危険性があります。

通信の方法(例えばインターネット学習)やフリースクールの方法など様々な方法が存在していますので、一度試してみる価値はあるでしょう。

 

相手を退学にする事だけでなく、我が子が不登校になってしまった時の対策も考える事が必須!!

今回の記事の内容は「高校生のいじめ」をテーマに「退学処分」についてまとめた記事となっております。

まず、高校生が退学になる事由は以下の4つの項目に該当する時にだけ適用されます。(それでも100%退学になる訳ではない)

  1. 性行不良で改善の見込みがないとされる者
  2. 学力劣等で成業の見込みがないとされる者
  3. 正当な理由なく出席しない者
  4. 学校の秩序を乱しその他学生または生徒としての本分に反した者

いじめの場合だと上記項目の「1」と「4」に該当される場合が多いでしょう。

 

そこで、「いじめの内容」から加害生徒がどんな行為を被害生徒に行ってきたのかを

  • いじめの事実確認
  • 他の生徒の証言を集める為にアンケート調査を実施する
  • 学校と対応の協議をする事

等を行い明らかにしつつ、先ほどの退学事由に該当するのかどうかをまとめて行くと良いでしょう。

 

今回の記事の内容は過激な内容かもしれませんが、高校生でいじめに遭い不登校になってしまうとそのまま単位不足でこちら側が退学(留年からの)になってしまうでしょう。

今の学校の現状はこのように「理不尽な結果」が改善されずにそのまま残っています。

被害を受けた方が学校を去るしかないなんて、絶対に納得出来る事ではありませんよね!?

 

なので今回は相手を退学にする事が出来なかった場合には文部科学省で公表している「高校生で不登校になってしまった場合の対応について」の通達を紹介してきました。

なかなか学校に通うことが出来ない場合には、一度この通達の内容を確認した上で学校と話し合いをしてみると良いでしょう!

 

場合によっては先に我が子が不登校になっている事を対応しながら「相手を退学に追い込む事」を検討する事もアリかと思います。

学校との話し合いの状況(協力的かそうでないか)やいじめの解決に向かってどれ位動いてくれているのかなど、今の現状を分析してみてどちらを優先にするのか決めていきましょう。

 

我が子のいじめでどう対応して良いのか不安な時は...

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました