いじめ解決策まとめ フリースクールはどんな所?費用はどれ位!?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

いつも当ブログを読んで頂き本当にありがとうございます。
いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

今回の記事は「いじめ解決策」をキーワードに、学校に通えなくなった時の解決策「フリースクール」について詳しくまとめて行きたいと思います。

この記事を読んでいるアナタは実際に「フリースクール」がどんな事やっているのか、どれだけ費用が掛かるのか分からない事が多いと思います。

そこで、この記事では「いじめ解決策」としてフリースクールの内容や費用についてまとめて見ました。

最後には「卒業生の声」もまとめていますので費用を考える時に一読して頂けると参考になると思います。

この記事では簡単に、

  • 費用はどれ位かかるのか
  • フリースクールではどんな事をやるのか
  • 実際に利用していた方の評判は?

大きく分けて3つのポイントに分けて書いていきます。

この記事を見てフリースクールはどんなものなのか理解してもらい、身近に感じてもらえれば幸いです。

フリースクールの実態を調べる理由として、いじめを受けてしまうとかなりの確率で「不登校」になる事が文部科学省の統計データで明らかになっています。

いじめ問題を正面から受けても、まともに学校に通うことすら出来ずに学校生活が終わってしまいます。

『1つの解決策』としてフリースクールに通う事や不登校専門で相談を受けているNPO団体などがありますが、様々な解決策を知っておく事が今後重要になってくるでしょう。

※「不登校問題」を専門に相談を受けているNPO団体についてまとめている記事を載せていますので、一度読んでみてください。

いじめ・不登校問題の解決策 相談するならココにするべき!!

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

フリースクールの費用はどれ位かかるのか!?

フリースクールには実際にどれだけの費用がかかるのか!?

もし通わせる場合には一番気になる所だと思います。

この問いに答えてくれるのはコチラのデータになります。

 

文部科学省では平成27年に全国の「小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通っている民家の団体・施設」474団体にアンケートを取りました。

※内、アンケートに答えてくれたのは319団体(全体の約6割)から返答をもらった統計データになります。

そのアンケートの結果によると...

 

出典元:文部科学省 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う 民間の団体・施設に関する調査

以上の統計データから『月の授業料は約3万3千円』、『入学金は5万3千円』が平均となっています。

この記事を書いているのが平成30年になりますので、平成27年のデータより施設数も増えて金額も変わっているかも知れません。

 

また、授業料や入会金の他に費用が掛かるのかを見てみると...

出典元:文部科学省 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う 民間の団体・施設に関する調査

授業料や入会金の他に費用を『徴収している団体』は全体の3~4割で、『徴収しない団体』は全体の6~7割になる事が文部科学省の調査で判明しています。

 

以上、文部科学省の統計データを基にフリースクールの費用はどのくらい掛かるのかを解析していくと次の事が判明しました。

  1. 授業料は平均で『3万3千円/月』、入学金は平均で『5万3千円』になる
  2. 全体の約6~7割くらいのフリースクールを運営する団体がその他の費用を『徴収しない』

あくまでも平均になりますので、もっと詳しく知りたい場合は通ってみようか迷っているフリースクールに直接連絡してみる事となるでしょう。

若干費用が掛かってしまうのが現実になりますが、子供の状況と子供が本当にフリースクールに通いたいのかを見極めた上で問い合わせた方が無難でしょう。

 

フリースクールではどんな事をやるのか!?

ここでは実際にフリースクールでどんな事をやるのかをまとめて行きたいと思います。

先程、文部科学省の統計データを基に説明してきましたが今回もこの統計データを使って説明していきます。

主に『学習カリキュラム』を作って1日を進めて行くケースと、『子供の自主性』を重んじて勉強よりも人とのふれあいに力を入れているケースの2つに分かれているようです。

出典元:文部科学省 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う 民間の団体・施設に関する調査

特に授業形式については、従来の授業形式とは別に個別の授業を取り入れている所が「約9割」にものぼっています。

感覚的に「塾」みたいな感覚のようですね。

 

また、相談やカウンセリングの他に家庭訪問してくれたり宿泊もする場合だったり、社会見学や芸術活動などに力を入れているフリースクールが多いのも特徴と思われます。

そしてコチラのグラフを見てみると、

出典元:文部科学省 小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う 民間の団体・施設に関する調査

従来の小・中学校の様に『学習カリキュラム』を組んで授業してくれる所とそうでない所の割合は『約5割』となっています。

この状況は学校に復学目的でフリースクールを運営している所進学する為の学力もサポートしてくれる所に分かれている事を表してます。

今まで勉強を頑張っていたのに、何らかの理由で学校に通うことが出来なくなって全てを諦める子が非常に多いと思います。

そんな子でも今のフリースクールの環境では通信制高校と連携している所もあり、進学や就職に向けての対策をしているフリースクールが増えてきていると言えるでしょう。

実際に使っている教材も各フリースクールが独自に用意したものを使用する所もあれば、学校で使用していたものをそのまま利用する所もあり場所により変化しますが、教職員免許を持っているスタッフが在中している所が多いのも特徴の1つでしょう。

 

フリースクール卒業生の声

ここでは実際にフリースクールを卒業した生徒とその保護者の声をまとめて行きたいと思います。

通っていた子がどんな思いで通っていたのか、入学してみて良かったのかどうか非常に参考になると思います。

先程も書いた様にフリースクール卒業後、通信制・定時制高校を経て「高校卒業認定試験」を受けて大学進学を決めた子もいますし、就職する子も多いです。

まだまだフリースクールの認知度は高いとは言えませんが、卒業生で社会で活躍している方は大勢います。

ここにアップした「卒業生とその保護者の声」を見て、第一歩を踏み出せる事が出来れば幸いです。

 

卒業生とその保護者の声

学校に行かないことは悪い事ではありません、何もしない事の方が問題です。別に学校に行かなくてもいいと思います、だからと言ってフリースクールに来なければいけない訳ではありません。

肝心なのは自分が何をしたいのが、どうしたいのかが一番重要な事だと思います。 僕にとってフリースクールは迷っていたり苦しんでいる時に、そっと手を差しのべて導くのではなく、共に考え支えて手助けをしてくれる場所だと思っています。

真剣に向き合ってくれます、そこまでしてくれる教師は学校では滅多出会えないと思います。

物事は全て、どちらが良い悪いではなく、どちらも良く悪いのだと僕は思います、今の自分には何が必要なのか?を考えて、自分の気持ちに真っ直ぐに生きて行けたら良いと思います。自分の可能性をかってに決めつけて諦めて欲しくありません。 自分らしくです。

 

引用元:『フリースクール みなも 卒業生の声』

 

小学5年生から学校に行けなくなりました。転校して新しい学校になじめず不登校に。家からほとんど出られず、カウンセラーさんのお世話になっていました。

フェルマータには、先生方の人柄に惹かれて、開設時に他のフリースクールから移りました。少人数で先生方も一人一人をよく見て下さって、どんどん表情が明るくなっていったのを覚えています。

スポーツや農業体験、あるいはお出かけなどみんなで考え、協力していろいろな体験をさせていただきました。活動の時は年齢が上だったこともありいろいろな役目を任せていただき、これも自信につながったと思います。高校受験の頃には学校に行けないながらもフェルマータと塾で勉強し、志望校も先生方と相談しながら自分で決めて受験できました。

フェルマータは中学で卒業になりましたが、高校に進学し学校に行けるようになった今でも先生や仲間達と連絡を取っているようで、息子にとって大切な場所であるようです。

 

引用元:『フリースクール フェルマータ 卒業生保護者の声』

 

中学校入学後からの過度な努力が原因で体調を崩し、中学1年生の夏から学校に通えなくなってしまいました。病院に通い、体調をなんとか制御できるようになっても、もう一度学校へ通う気にはなれず、毎日自宅で何もせず過ごす自分も嫌で、もやもやした日々を送っていました。
この状態から抜け出さなくてはと思っていたとき、ゆっくり自分のペースで通えるというフリースクールの存在を知り、そこへ通うことにしました。インターネットで調べて、見学をして、東京大志学園に通い出したのは中学2年生になって少し経ったころ。心機一転、再出発の気持ちでした。
同年代の友人、併設されている高校の生徒、ボランティアで活動している大学の学生、そして大人の先生方といった様々な年代の方と触れ合いつつ、勉強からイベント、遊びまで、様々な経験ができる環境は私に合っていたようで、教室が開いている日は毎日朝から通っていました。
東京大志学園で無事に再出発が出来た私は、高校進学により学校復帰をした後、大学を経て、地元の県庁に入庁しました。大変なこともありますが、なんだかんだ楽しく過ごしています。
不登校というと、「やるべきことができない」とか「もはや何もできない」とマイナスに考えがちですが、見方を変えれば、再出発のチャンスとも考えられます。当時の私のように、もやもやした思いを抱えている方がいらっしゃったら、ぜひ再出発に挑戦してみてください。

 

引用元:『フリースクール 東京大志学園 卒業生の声』 

 

私は、小学生のころから体調を崩しやすく保健室にばかりいました。高2からは、学校も休みがちになり、卒業保留にまでなりました。

親には、いつも学校に行けと圧力をかけられ、泣きながら学校に通った日もありました。

「私もフリースクールにいきたいなぁ」と思ってました。

そんな時、友達が「ここ」に行くと言ったので、「私も行く」と言ってここに来ました。「ここ」では主に、大学入試の勉強を教えてもらってました。

「ここ」にでさえ来れなかった日もあったのに、スタッフの人達は責めずに 優しく対応してくださいました。自分のペースで、のんびりと楽しく勉強できました。

引用元:『フリースクール 「ここ」 卒業生の声』

この卒業生の声にもあるように、「不登校自体」が悪いのでは無く「フリースクール」という方法もあると言うことを私たちが知るべきだと私も考えています。

もちろん、フリースクールから大学まで進む事も出来ますし、社会に出てから活躍している方も大勢います。

今よりも一歩前に踏み出したいと考えているのであれば、「フリースクール」という方法もあるので一度問い合わせてみてはいかがですか?

 

いじめ解決策まとめ フリースクールはどんな所?費用はどれ位!? まとめ

今回の記事は「いじめ解決策」をキーワードに、学校に通えなくなった時の解決策「フリースクール」について詳しくまとめてきました。

まず始めに、フリースクールの費用をまとめてみると、

  • 授業料は平均で「3万3千円/月」
  • 入学金は平均で「5万3千円」

この金額が1つの目安になる様です。モチロン授業の内容やカリキュラムによっては前後する場合もあります。

 

次に授業内容をみてみると、

  • キチンと「学習カリキュラム」を組んでくれる所とそうでない所の割合は「約5割」
  • 教員免許を有するスタッフが対応してくれる所もある
  • フリースクール卒業後に大学進学している生徒もいる

事が分かりました。これから通おうか検討しているのであれば、「進学することが出来る」ポイントは大きいのではないでしょうか。

 

そして最後に「卒業生の声、その保護者の声」をまとめて見たので是非読んでください。

 

様々な要因や環境が入り交じって学校に通うことが出来なくなった子は全国で大勢いらっしゃいます。

特に最後の「卒業生とその保護者の声」には勇気付けられる事があると思います。

今は先が見えない状況でも、必ず「終わり」があります。

私もそうでした。

卒業生の声の部分で「引用元」のリンクをクリックして頂ければ、そのフリースクールのホーム画面に入ることが出来ますので、資料請求などお役に立てればと思います。

いじめや不登校問題は解決するまでには少なからず時間を必要とします。

その間にも子供達は進級して卒業していきます。

 

安心して学校生活を送れるように対応する事も必要ですが、学校の他にも「方法」がある事を我々親がしっかりと導いてあげれる事が大事なんだと私は思います。

今回はその方法の1つとして「フリースクール」について簡単にまとめて見ました。

今回アップした記事が、今現在いじめや不登校問題に悩んでいるご家族に少しでも役に立てたら幸いです!!

 

余談ですが、「いじめ-ラボ」では我が子のいじめ発覚から裁判を起こすまでの経験を元に「相談コーナー」を実施しています。

学校との話し合いの仕方や学校にいじめを認めて貰う為にはどうすれば良いのかなど、具体的な方法についてお話をさせて貰っています。

もし我が子のいじめが発覚してこれからどうやって対応していけば良いのか分からなくなった時や迷っている時などは、一度「相談」コーナーまでお話を聞かせて貰えませんか!?

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました