いじめ・不登校の解決策 子どもの様子から見る不登校の危険度は!?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

こんばんわ!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回の記事は「いじめ・不登校問題」をテーマに、実際に我が子がいじめで不登校になった経験を元にその時の子どもの様子から「不登校問題の危険度」をまとめてみました。

 

 

 

この問題が多発する時期は『いじめ問題や不登校が起きやすい時期とは??解決策は「〇〇」にあり!』でまとめていますが、

 

 

『小学校高学年(4年生位から)~中学校3年生まで』

 

 

が一番多いとされています。

 

 

 

これを書いている私「はかせ」の子は、高校生でいじめに遭い不登校となってしまいました。

 

 

学校との対応を経て「いじめの真実」をまとめる事に成功し、今現在裁判で加害者側と争っている所です。(2018年の夏に一応終結し、相手側の責任を認めさせる事に成功)

 

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが、最初のうちは実際に子どもが不登校になるまで学校で何に悩んでいるのか分かりませんでした。

 

私と子どもの間では会話があまり無かったのです。

 

 

家族で不登校問題を経験してから、私と子どもとの会話がちょっとずつ増えていき「ある事」に気づく事が出来ました。

 

 

今回の記事は、この「ある事」にフォーカスを当てて「子どもの様子」から読み取れる不登校問題の傾向やその解決策をまとめた内容となっています。

 

 

 

裁判はまだ終わっていませんが、「子どもが受けた心の傷」を証明する事は希望どおり進んでいます。

 

 

「真実」を公にして加害者からの「謝罪」をしてもらう事

 

 

このサイトでは、「学校の対応」や「いじめ問題の解決策」や「裁判の事」などに焦点を当てて記事にまとめています。

 

 

今回の不登校問題の解決策や傾向をまとめた記事と共に、いじめ問題に悩んでいる方のお役に立てればと思いコンテンツ形式にて公開しています。

 

 

記事を読んだ感想を随時お待ちしています!!

 

※お問い合わせはコチラをクリックして下さい!お問い合わせフォームに移ります。

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子がいじめを受けているかもしれないと思った時にあわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

では、『いじめ・不登校の解決策 子どもの様子から見る不登校の危険度は!?』について詳しくまとめて行きたいと思います。

 

 

 

子どもとの会話で気づいた「ある事」とは!?

子どもと久しく「会話」をしていなかった私「はかせ」は、我が子が「いじめで不登校になった事」に対して最初は相手への「怒り」しかありませんでした。

 

 

ただ感情的に「怒り」だけが頭にあって、「何とかしてやり返してやる!!」といった復讐心だけが常に燃えている感じです。

 

 

我が子の苦痛を聞けば聞くほど、我が子の「声」が聞こえなくなるほど「怒り」がこみ上げてきて話を聞くどころの騒ぎではない状態でした。

 

 

 

そんな状況が半年くらい続いて、少しだけ周りが見えるようになってきた頃。

我が子も学校には行けてませんでしたが、少しずつご飯も食べれるようになった頃です。

 

 

 

家の近くで小学校1年生くらいの女の子達が楽しそうに学校へ向かう姿を見てボソッと一言言いました。

 

 

「良いなぁ...。」

 

 

我が子が受けたいじめは「人格を否定するもの」と「暴力」が主な内容のものでした。

 

あまりにも酷い内容なので書けませんが、どれだけ学校で酷い扱いを受けても楽しそうに通う女の子を見て「良いなぁ」とポツリ言いました。

 

 

 

そこで私は我が子が酷い仕打ちを受けたのにも関わらず

 

「学校への憧れ」はどんなに酷い状況でも心の中にあると言う事

 

に気づきました。

 

我が子は学校へ行きたいのだと。

 

 

 

けれどまたクラスに戻ったら皆から酷い扱いをされてしまうかもしれないと、我が子は不登校になってから学校への「希望」と「不安」との板挟みで苦しんでいる事に気づきました。

 

 

この事に気づいてから、我が子と少しずつですが会話が増えてきて「今何をしたいのか」や「将来何がしたいのか」話をする事が出来る様になりました。

 

 

いじめた奴らへの復讐心しかなかった私ですが、我が子との会話を通して「今したい事」を見つける方向へ解決策のベクトルを向けるようになりました。

 

 

 

そして、我が子がいじめを受けてから1年が経ち...

 

何とか学校へ通う事が出来る様になりました。

たまに休む事もありますが少しずつ自分の意思で通う事が出来るようになりました。

 

最近、バイトも始めて「自分を変えたいという思い」も持てるようになったみたいです。

 

 

 

よくサイトなどで不登校になった時には学校を休ませた方が良いと言っている所が多いと思います。

 

私は今でも「学校に行きたくないのであれば行かなくて良い」と思っています。

一昔前の私だったら間違いなくそう断言していたでしょう。

 

 

ただ、我が子が実際に不登校になって言える事は、中には学校へ戻りたいと思っている子もいると言うことです。

 

 

その子へ「学校へ行く力」を取り戻す事も不登校の解決策の1つかもしれない

 

そう思うようになりました。

 

 

不登校になった子へ「学校に行かなくても良いよ」と言うだけで無く、「これからどうしたいのか」を自分で見つける力を養うことも解決策として必要なのではないかと言う事です。

 

 

今回の我が子の不登校で「学校への憧れを持っている子もいる」と言う事に気が付きました。

 

 

 

では次から「学校へ戻る為に」私たち親は子どもに対して何が出来るのかを考えて行きたいと思います。

 

子どもの様子を何段階かにわけて、「その様子」と「不登校の危険性」をまとめて記事にしてみました。

 

 

 

 

不登校になった時に見られる子どもの「様子」と「危険度」との関係

先ほどは私「はかせ」の子が実際に不登校になった時の状況を例に挙げて、不登校になった子は学校に対してどう思っているのかの一例を書いて見ました。

 

モチロン学校に対して「不信感」や「絶望感」しか無い子もいますし、我が子の様にほんの少しだけど希望を持っている子もいます。

 

 

ここでは、不登校になるかもと思った時に見られる「子どものサイン」と「その危険度」について詳しくまとめて行きたいと思います。

 

ここでまとめている段階別の説明は、実際にカウンセリングを受けてみての見解と我が子と会話を続けてみての見解に基づく内容となっています。

 

 

 

不登校かも!?  入り口付近の場合

家での会話が極端に減ったり、ご飯を食べる量が減ったりなど「マイナスな感情」が少しずつにじみ出ている感じがしたら「不登校の入り口付近」に近づいている可能性があります。

 

心のバランスが崩れ始めている時がちょうどこの頃らしく、「プラスの感情」と「マイナスの感情」のバランスが上手く調節出来ずに「言葉」や「態度」で不満が漏れている状態だそうです。

 

普通の何処にでもある「グチ」とはちょっと違って、「グチ」の対象が漠然としている事が特徴だとカウンセリングの先生は仰っていました。

 

 

「アイツ」が最近ウザい

 

先生の授業がつまらない

 

「○○」と上手く行っていない

 

 

とか、「相手」が誰であるのかが特定しているケースよりも、

 

 

「学校休みたい...」

 

「行きたくない」

 

(部活の様子を聞いても)「別に何もない...」

 

そもそもしゃべらなくなる

 

目に力が無い

 

 

等の様子が頻繁に見えてくる時があったら「不登校の入り口」にいる可能性が高いです。

 

 

 

苦しく辛い...  入り口から山の中腹くらい

一度子どもの言うとおりに学校を何度か休ませると、一度休む事が出来たから同じ理由で休む事が多くなります。

 

子どもに対して理由を問いただしても、詳しい理由を言わずそのまま学校を休む事もあります。

 

 

我が子の時にあったのですが、「いじめを受けているのでは?」と聞くと過敏に反応して否定する時が見受けられる場合にはこの「中腹」くらいの位置にいる可能性が高いかもしれません。

 

 

この時に過敏に反応したり「理由」を何も言わないのは、自分が学校に行けない理由は自分自身で分かっているのにそれを言えない「申し訳なさ」と学校に行きたくない「願望」がぶつかっている状態なのだそうです。

 

 

若者が「理想」と「現実」の狭間で悩む状態に似ているかもしれません。

 

親に対して「申し訳ない」と思う反面、どうしても学校には行きたくないと反発する気持ちもあり心の状態が非常に不安定な時期でもあります。

 

 

この頃に該当する子だと、自傷行為や昼夜逆転の生活が少しずつ目立つようになり気力も失う事が多いと先生から聞きました。

 

特に不登校問題だけでなく高校生の自殺率とも併せて「漠然とした将来への不安」が自傷行為に向けさせているケースも多い様です。

 

 

 

一番辛い!!  山の中腹から8合目くらい

この時期になると自分の部屋からも出てこなくなるケースが多くなります。

 

言葉にトゲがあったり無視したりなど、子どもの方も何をすればこの状況から抜け出せるのか分からない状態がこの時期だそうです。

 

 

先ほどの「入り口から山の中腹くらい」で説明した状況よりもさらに悪化しており、親へ対する「罪悪感」も「外に対する不安」も一層強くなって身動きが取れなくなっています。

 

 

 

この頃になると昼夜逆転の生活になっている事も多く、家族でのコミュニケーションも取れなくなるケースが多い様です。

 

家族での会話や接する機会が取れないと、さらに問題を子ども自身で抱え込む様になります。

 

 

 

専門家の意見では、この頃の子どもが自己否定が強く「将来への不安」よりも「自分を消したい」と思う事がが多いとの事でした。

 

※子どもの「自殺」についてまとめた記事を載せていますので、一度読んでみてください。

いじめで自殺してしまった子に共通する特徴、心理とは何か!?

いじめで自殺 自殺の前兆は発見する事が出来るのか!?

 

 

 

最早、末期かも...  山の頂上付近

子どもの様子だけを見ると「山の中腹から8合目くらい」の時の様子とあまり変化はありません。

 

 

自分でどうしたら良いか分からず「殻」に閉じこもる

 

精神的に不安定な時期である事

 

 

これらの症状も末期状態である「山頂付近」でも見られます。

ただ、その時の心境に差が出ているのがこの段階の特徴です。

 

 

 

この「山頂付近」で見られる心境として、

 

・自分が不登校であることに違和感を感じない

 

・学校に行けなくとも(行かなくとも)大丈夫と思っている

 

・今の状況に納得している(諦め)

 

・これから改善しようと思っていない

 

という心境が多く見られると専門家の先生は仰っていました。

 

 

この段階に至ると問題の長期化は避けられず、カウンセリングで改善を図っていくほか方法が無いようです。

 

自らが今の状況に納得している分、「そこから抜けだそうとしない」や「やる気が起きない」といった気持ちが他の家族にも影響する可能性が高くなります。

 

最早、その子だけで無く家族全体の問題として専門家のカウンセリングを受けた方が良いと言えるでしょう。

 

 

 

以上、実体験を元に子どもの様子から不登校の段階とその危険性をまとめて見ました。

 

 

段階的に「山登り」がイメージしやすいとのことで専門家の先生に言われた事を自分の言葉に置き換えて説明してきました。

 

「入り口」、「中腹」、「8合目」、「頂上」と段階を表していますが途中で山を下る事もあります。

 

「入り口」から「中腹」で下る事もあれば、「8合目」まで行って下るケースもあります。

 

 

我が子が今どの状況に当てはめて、子どもとの接し方や専門家の先生にアドバイスを受けるときの参考になればと思います。

 

 

 

いじめ・不登校の解決策 子どもの様子から見る不登校の危険度は!? まとめ

今回の記事は「いじめ・不登校問題」をテーマに、実際に我が子がいじめで不登校になった経験を元にその時の子どもの様子から「不登校問題の危険度」をまとめてみました。

 

私「はかせ」が不登校で悩んでいた我が子との会話で気づいた事をベースに、子どもの様子から「問題の危険性」を段階別にまとめた内容となっています。

 

 

それぞれ、「山の入り口」と「中腹付近」と「8合目」と「山頂付近」の4段階に分けてそれぞれの段階の特徴をまとめています。

 

 

それぞれの段階にはよく見られる特徴がありますが、基本的な解決策は変りありません。

 

 

 

不登校問題はとてもデリケートな問題です。

 

 

無理に大人が介入して解決しようとすると、子どもは拒絶して何も話さなくなります。

誰だって自分の内面に土足で踏み入れられると拒絶します。

 

 

親である私たちに出来る事は「自然に振る舞うこと」です。

何も特別な事は不要で自然で良いとカウンセリングの先生に言われました。

 

 

いつも通りに接して、いつも通りに家族の時を過ごす事が大事です。

 

 

ただ、子どもがいつでも話せる様に「心の準備」は進めておく必要がありますが、最後に「話してくれてありがとう」の一言さえあればOKです。

 

 

専門家の先生に教えを請う時やカウンセリングの時も、一緒に話を聞いて歩みを合せて進む事も大事ですね。

 

 

 

 

最後になりますが、いじめや不登校問題は必ず「終わり」があります。

時間は掛かりますが必ず解決します。

 

 

無理に急ごうとせずに専門家の先生などの意見を聞きながら一緒に進んで行きましょう!!

 

 

この「いじめ-ラボ」でも我が子の体験を元に「相談コーナー」を実施しており、我が子の不登校を経験して感じた事や「こうしとけば良かったのかな」ど思うところをお話出来ればと思います。

 

 

今現在いじめや不登校で悩んでいる方の「質問」を随時受け付けていますので、一度お話を頂ければ幸いです!!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました