中学生のいじめ 我が子が不登校になった時に親がすべき対応とは 

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんにちは!!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

今回の記事は「中学生のいじめ」をキーワードに、親に出来るベストな対応について詳しくまとめた内容となっています。

 

前回、『それっていじめかも!? 中学生の我が子がでいじめられた時の解決策』と言う記事で

  • 中学生で起きるいじめの内容と特徴(スマホを使ったいじめが多くなる)
  • いじめが起きた時の対処法(主に相手側に対する対処法について)

以上2つのポイントについてまとめてきました(主に相手側への対応を中心に)。

 

今回の記事の内容は「中学生の我が子がいじめを受けた後に親がすべき対応」の中でも

我が子に対するサポート、不登校になった時のオススメの対応

についてまとめた内容になります。

 

また、親自身も我が子がいじめに遭った事は誰にも相談出来ずに「内」に秘める事が多く、非常にストレスが掛かると思います。

そんな時に気軽に相談出来る(話せる)場所があれば嬉しいですよね??

この記事では併せて気軽に相談出来る場所についてもまとめていますので、是非最後まで読んでもらえると嬉しいです!!

 

中学生のいじめ 親がいじめを知った時に最初にすべき対応について

中学生でいじめを受けた子の全てが「自分(プライドや発言、考える事など一切を含む)」を奪われてしまいます(自分の存在自体に自信が持てなくなる)。

そして、他人の視線が怖くて不登校になってしまう事が非常に多いと思います。

 

さらに「思春期」と合わさって、

  • 今更親(先生)に相談なんて出来ない
  • いじめられてるなんて親(先生)に言いたくない
  • そもそも親(先生)に相談出来る状態じゃない(信頼出来ない・仕事で忙しそう)
  • 親に迷惑を掛けたくない

誰にも相談出来ずに、被害が深刻化してしまう事も少なくありません。

 

最悪の場合、誰にも相談しないで自殺しまうケースも実際に起きているので、私たち親自身も

「学校を休ませる」

という風に、子どもを学校から遠ざける傾向が多くなっていると思います(ほとぼり冷めるまで)。

 

さらに、多くの教育評論家の方々が「学校を休ませる事」を勧めているので「いじめを受けたら学校を休ませる事」が多くなりがちですが、私「はかせ」はただ単に学校を休ませる事はかえって危険(問題が深刻化する)ではと考えています(「ただ単に」という所がポイント!)。

 

私が「ただ単に学校を休ませる事」に反対する最大の理由は「いじめは我が子の学習する機会も奪っている」からで、まず始めにいじめを受けた時の親の対応として

  • その後の「学習する機会」をどうやって取り戻すのか
  • 親が学校と一緒に対応して「我が子の将来の選択肢」を確保する事

が必要なのではと私は考えています。

 

では次の段落で、中学生の我が子がいじめを受けた時の親の対応として「学習する機会の確保」が大事なのかを具体的に説明していきたいと思います。

 

中学生のいじめ 親の対応で「学習する機会の確保」が必要になる理由

ここでは「中学生のいじめに対する親の対応」で「学習する機会の確保」が必要不可欠である理由についてまとめて行きたいと思います。

結論から書くと、親の対応で「子どもの学習する機会を確保」する事が必要である理由は

今の学校では誰も「いじめられた側」の学習する権利を保障はしてくれない

からです。

 

私個人の考え(被害を受けた側の考え)になってしまうかも知れませんが、「いじめられた側」の学習する権利を保障してもらえたと感じる時は

  • 加害生徒が改心して、心からの謝罪があった時
  • 加害生徒自身がその学校から居なくなった時

この2つの条件を満たした時にしか感じないと思うのです(じゃないと学校に行けないから)。

しかし、今の学校の対応を見てみると「被害生徒」よりも「加害生徒」の方の学習権を確保している動きの方が圧倒的に多いですよね...。

いじめの被害を受けた側が「学校への不信感」を感じる事として、不登校で悩んでいるのに加害生徒側が我が物顔で学校に通っている事が最たる例だと言えるでしょう。

 

次に違った視点で見てみると、実際に日本では「憲法(第26条)」と「子どもの権利条約(第6条と29条1項)」で学習権を保障しています。

※憲法(第26条)と子どもの権利条約(第6条と29条1項)の条文はコチラで見る事が出来ます。

日本国憲法 条文(一部抜粋) 文部科学省

子どもの権利条約 条文 外務省

 

しかし子どもの学習権を保障していると言う事は、加害生徒に対しても学習権を保障していると言う事になりますので、事実上(特に義務教育期間は)加害生徒を廃する事は難しいと言えるでしょう。

以上の事から

  • いじめた側の改心と心からの謝罪は望めない(やっても堂々と学校に行けるから
  • 義務教育期間中は加害生徒を廃する事は難しい
  • 結果、いじめの再発が起きて学校に通う事が出来ない(学習する機会の確保が出来ない)

という関係が明らかになると思います。

 

また、今のいじめはどんな子でも被害に遭うので、真面目な子や心優しい子がどんどん不登校になり学校から離れて置き去りにされるの可能性があるのです。

ちょっとだけ他の子よりも目立っていたから、ちょっとだけ他の子と違うだけでいじめに遭って学校に通う事が出来なくなるのです。

 

もしかしたら世界に通用する逸材かも知れないし、日本のリーダーになる人材かもしれないのに。

この先「自分」を取り戻す為には中学校でのいじめでは止まって欲しくないし、何よりいじめは「ほんの小さな価値観」で起きる事なので「自分の可能性」をこんな事で見失って欲しくないのです。

 

これから「先」に進む為にはやはり「学習(勉強)」がどうしても必要で、特に中学生になると勉強は難しくなりますよね。

一度不登校になって授業が遅れてしまうと追いつく事も難しく、いじめだけでなく勉強遅れで不登校の悪化や「自分への自信喪失」に繋がり安くなる危険性があります。

なので、これからの親の対応として「我が子の可能性」を引き出す為に「学習する機会の確保(サポート)」をいかにスムーズに対応していくのかがポイントになると私は考えています。

 

では次の段落で「我が子の学習する機会の確保」をスムーズにしてくれる具体的な方法をあなたに紹介していきたいと思います。

 

中学生のいじめ 親が我が子にしてあげられる具体的な対応をまとめてみた

我が子をいじめから守る為に親が取るべき対応とは何なのか!?

この答えについては先ほどまとめたように

  • その後の「学習する機会」をどうやって取り戻すのか
  • 親が学校と一緒に対応して「我が子の将来の選択肢」を確保する事

この2つを両立する事が中学校でいじめを受けた場合に親が取るべき対応だと説明しました。

 

そこで、今回私がオススメする方法(いじめから我が子をサポートしてくれる対応)について紹介していきたいと思います。

その方法とは

「家庭学習(IT環境、郵送、ファクシミリ等を使った学習)」を行う方法

になります。

自宅で出来る学習教材はいろいろありますが今回はコチラの教材を紹介しつつ、中学生のいじめが発覚した時の親の対応として「家庭学習がオススメ」である理由をまとめて行きたいと思います。

※今回紹介する教材はコチラ!

インターネット学習 「すらら」

 

不登校でも家で勉強しながら「出席認定」が認められる場合がある

 

文部科学省では平成17年に「不登校の生徒に対する出欠の取り扱い」について各教育委員会と都道府県知事に対して通達が出されています。

※文部科学省が公表した「指導要録上の出欠の取り扱い」についての詳細はコチラになります。

不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について(通知)

出典元:文部科学省 HP

 

不登校の生徒でも出欠が認められる可能性が出る事で「学校に行けない状況」でも正当な評価を受けられる事が考えられるでしょう。

分かりやすい例で言うと、いくら家で勉強を頑張ったとしても「出席認定」が取れなければ志望する高校に行けない可能性があるので「出席認定」が認められるかどうかは非常に気になる所ですよね。

 

いじめで不登校になってしまった場合、元々学校が嫌いで行きたくない訳でなく「学校が怖くなった」から行けなくなった場合が多いはずなので、家で勉強した事で出席認定が取れるのは非常に嬉しい対応なのではと思います。

実際に不登校でも家庭学習をしながら「出席認定」をもらう事が出来た事例が今回紹介する「すらら」にありますので、参考までに読んでみてください。

出席認定が認められるまでの経緯が詳しく書いているので参考になると思います。

※実際に出席認定が認められた事例を紹介!!

中学生で「すらら」を使って「出席認定」が認められた事例

出典元:「インターネット教材すらら 公式ページ」より

 

相手を気にせず、自分のペースで勉強が出来る

いじめを受けてしまうと子どもは「周りの目」を非常に気にする様になると思います(ウチの子もそうでした)。

周りの目を気にする事は学校の中だけでなく外にいる時も(学校と関係なくとも)気にするようになり、誰かの話し声が聞こえても「自分の事(特に悪口)を言われている」と思うようにもなります。

学校という狭い環境のなかで「人間の良さ」は絶対に分かるものではないのに「いじめ」によって自分を見失い、生きる目的すらも見失うケースが後を絶ちません。

常にビクビクしながら生活しなければならなくなるので、こんな状況のなかで学校に行ってしまったら勉強どころではありませんよね。

 

家庭学習の一番のオススメは「自分の部屋」で完結する所で、

  • 誰の目を気にする事無く勉強をする事が出来ること
  • リラックスして勉強が出来ること
  • 自分のタイミングで勉強を始める事ができる

と言う風に集中出来る環境を自分だけで整えられる所にメリットがあります。

 

さらに学校の授業では「分からない所」があってもなかなか授業中に質問をする時間がなく、置いてけぼりになる事も結構あります。

家庭学習の教材によっては「メールでサポート」する所や、スカイプなどを使って対面式の授業を行ったりしているものもありますので学校の先生に頼る事なく解決する事も出来るでしょう。

動画方式の教材なら分からない所は何回も聞く(見る)事が出来ますので、非常に便利だと思います。

※同じ境遇で家庭学習で自信を取り戻した事例を紹介させて貰いますので一度読んでみてください。

HSP(ハイリ-・センシティブ・パーソンズ)で不登校、高校受験を目指した中学生の事例

(HSPとは人間の感情が敏感過ぎて「傷付きやすい」性質の人のこと)

 

実際に家庭学習で出席認定を認めて貰う事で「安全な場所の確保」にも繋がる

家庭学習を行う事で「出席認定」が受けられる事と「自分の家で勉強が完結する」のであれば、これから苦しい思いをして学校に通う事なく集中して将来の目標に向かって進む事が出来ると思います。

今回紹介した文部科学省の通達によって「学校が行かなければならない所」ではなく、「勉強する為の場所」に変わっていく事になると言えるでしょう。

 

また、いじめが深刻化(長期化)して解決の見通しが付かない場合にも家庭学習で学校の授業の代用が出来るのであれば、「安全な場所の確保」にも繋がる可能性が出てきます。

つまり、親がいじめから子どもを守る対応の選択肢が増える事になるんです。

 

ここで1つの例を引き合いに出して「家庭学習」をオススメするポイントを紹介しましょう。

例えば子どもの学習の機会の確保をする為に「民間の学校(フリースクールとか)」を思い出す人が多いと思いますが、民間の学校だけあって「高額な費用」が掛かってしまいます。

さらには国公私立の学校の様に設備自体が整っていない(近くにフリースクールがない)場合には、そもそも選べない(通えない)事もあります。

また、「学習カリキュラム」が取られていない所もあるので、今必要とされている学習を受けられない可能性もあるんです。

※フリースクールに関する文部科学省の調査データを参考までに載せておきますので、一度読んでみてください。

小・中学校に通っていない義務教育段階の子供が通う 民間の団体・施設に関する調査 文部科学省

 

それに比べ「家庭学習」であれば場所を選ばないので、いつでも我が子の安全を確保する事が出来ますし、誰でも(費用掛からないから)確保する事が出来きます。

なので、家庭学習はいじめから我が子を守る最適な対応といえるでしょう。

 

中学生の我が子のいじめ 「学習権を確保」する為に学校と掛け合う時のポイント、オススメの対応について

これまで中学生の我が子のいじめを通して「学習権の確保」が親がすべき対応であるとお話してきました。

では次に必要になる事として

「学校にどうやって我が子の現状(学習権の確保)を訴えかけるのか」

についてまとめて行きたいと思います。

結論からまとめると、学校との信頼関係を保ちつつあくまでも「我が子」の為に行う事を前提に学校との話し合いを進めていくという事が必要になります。

 

私のサイトや弁護士のサイトなど多くのサイトで「親の対応」についてまとめる場合に語られる事として

  • いじめの証拠を集める事
  • 専門家を通していじめの解決

この2つが必ずと言って良いほど言われています(もちろん私の記事でも言っています)。

しかし、この方法を進めると「学校との信頼関係」が崩れる危険性があるんです。

いじめの証拠を集めたり専門家をドンドン介入させる事で「学校側の発言が硬直化」してしまう場合も考えられるから、「責任追及」の思惑が強くならない様に親と学校とで話し合いを進める事が重要になるでしょう。

 

具体的な方法として

  • 「責任追及」よりも「我が子の将来の為に」という流れで証拠や専門家の相談を進める
  • 学習権の確保の為に文部科学省で提示している条件をクリアする為の計画を書面でまとめる

といった方法がベストではないかと実際に親として学校と対応してきて感じています。

また、責任追及よりも我が子の学習権の確保の方が「いじめの現状」を知りやすい(学校は責任追及されるのが嫌い、怖いから)のでオススメであるとも言えます。

文部科学省で提唱している「不登校でも出席認定を認める為の条件」をコチラに掲載させて貰いますので、一度確認しておくと良いでしょう。

(1)保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること。
(2)IT等を活用した学習活動とは,IT(インターネットや電子メール,テレビを使った通信システムなど)や郵送,ファクシミリなどを活用して提供される学習活動であること。
(3)訪問等による対面指導が適切に行われることを前提とすること。対面指導は,当該児童生徒に対する学習支援や将来の自立に向けた支援などが定期的かつ継続的に行われるものであること。
(4)学習活動は,当該児童生徒の学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること。なお,学習活動を提供するのが民間事業者である場合には,平成15年5月16日付け文科初第255号通知「不登校への対応の在り方について」における「民間施設についてのガイドライン(試案)」を参考として,当該児童生徒にとって適切であるかどうか判断すること。(「学習活動を提供する」とは,教材等の作成者ではなく,当該児童生徒に対し学習活動を行わせる主体者を指す。)
(5)校長は,当該児童生徒に対する対面指導や学習活動の状況等について,例えば,対面指導に当たっている者から定期的な報告を受けたり,学級担任等の教職員や保護者などを含めた連絡会を実施するなどして,その状況を十分に把握すること。
(6)IT等を活用した学習活動を出席扱いとするのは,基本的に当該不登校児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること。なお,上記(3)のとおり,対面指導が適切に行われていることを前提とすること。
(7)学習活動の成果を評価に反映する場合には,学校が把握した当該学習の計画や内容がその学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること。

引用元:『文部科学省 HP

 

中学生のいじめ なかなか相談出来ない時にオススメの場所について

冒頭でちょっとだけ話した内容で「中学生の我が子がいじめにあった場合」に誰にも相談出来ない事が問題になる時がありますよね。

何となく世界から自分たち家族だけが「隔離された感じ」がして、簡単に相談できない現状がそこにあると思います。

多分、中学生に限らず多くの被害者家族の方がそう感じているのではないでしょうか??

 

今回この記事をまとめるにあたって「いじめの対応」をしてた時にこんなサイトがあったら(知ってたら)良いなぁと個人的に思ったサイトを紹介させて貰います。

そのサイトとは『ハナシティ』というサイトです。

※中学生のいじめで相談出来ない時にオススメの相談場所はコチラ!

ハナシティ

 

中学生に限らず小学生から高校生、子どもだけに限らず大人(親)まで様々な方が今の現状(いじめの被害や中学生特有の悩み、社会の在り方)についての不安や言いたくても言えない事を「マダ友プロジェクト」というコーナーで相談しています。

 

実際にこのコーナーに投稿する事で、中学生の我が子の解決策が見つかる事と同時に「自分だけが悩んでいるのではない」と感じる事があるでしょう。

さらに、中学生に限らず「いじめ」を無くす為に必死で取り組んでいる人がいる事を知れただけで自分たちだけが置き去りにされた訳じゃないと感じる事も出来ると思います。

併せてこの「いじめ-ラボ」の中でも相談を随時受け付けていますので、誰にも相談出来ずに悩んでいるのであれば『相談コーナー』まで問い合わせください。

 

中学生でいじめが起きた時 親が取るべき対応は「学校を休ませる事」だけではダメ!!

※画像をクリックすると「インターネット教材すらら」のHPに移動します。

 

今回の記事の内容は「中学生の我が子がいじめに遭った時、親が取るべき対応」についてまとめてきました。

なぜ中学生に絞っているのかと言うと、子どもが一番最初に訪れるだろう「壁(高校受験)」が控えているからです。

 

どんなに良い子でもどんなに頭が良くても、一度いじめなどの学校問題で「学校を休んでしまう」と出席日数が足らないだけで進学先が決まらなかったり今後の人生をも左右してしまいかねない事態になってしまいます。

でも、無理して学校に行ったとしても「いじめ」が酷くなったり場合によっては学校不信になってしてしまう可能性もあるでしょう。

 

なので、中学生の我が子をいじめから守るのであれば親が取るべき対応は

  • その後の「学習する機会」をどうやって取り戻すのか
  • 親が学校と一緒に対応して「我が子の将来の選択肢」を確保する事

以上、この2つを押える事が重要になります。

 

そこで文部科学省が公表している「学校を休んでも出席認定を認めてくれる要件」を紹介しつつ家庭学習で「学習の機会の確保」と「安全な場所の確保」についてまとめてきました。

※今回紹介した「インターネット教材 すらら」の無料体験申し込みはコチラから!!

すらら 特別無料体験エントリー

※資料請求、受講申し込みはコチラから!

「インターネット教材 すらら」資料請求ページ

「インターネット教材 すらら」受講申し込みページ

今回の記事で紹介しているのは「すらら」だけになりますが、多くの教材(インターネット教材)がこれから学校に行けない(いじめなどが原因)場合の対応策として注目を集めています。

いじめから我が子を守る親の対応は学校を相手に訴えかけるだけで無く、「学校によらずとも夢(目標)を叶える事が出来る」事を我が子に指し示す必要があると思います。

この親の対応1つで我が子の将来が「明るいもの」になるかどうかが決まってしまいますので、参考にしてもらえたら幸いです。

 

【番外編】もし我が子のいじめで悩んでいたら...

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにしています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました