子供がいじめに遭った時、親に出来るベストな対策とは!?

 

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめーラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

このサイトでは実際に我が子が受けた被害内容、学校の対応や保護者(加害者側)との話し合いなどリアルにあった事をベースに「親に出来る対策」を記事にまとめています。

 

我が子のいじめは去年(2016年)に発覚したのですが、今年(2017年)に裁判を起しました。

 

 

実際に対策を取る上で、いろいろな方の話や弁護士や行政書士の方と打ち合わせをして今後の子供の生活をどうするのか対策を考えてきた1年でした。

というか、その対策を考える事だけで1年が終わってしまったような年でもあります。

 

 

今回の記事は、実際に受けた被害を振り返って「親が子供に出来る事(対策)」をキーワードにしています。

 

 

いじめは本当に急に起こります。

子供からしてみればいじめの前兆はあるし、何となく雰囲気で察するようですが(我が子の話によれば)。

 

親の方からしてみれば学校生活を細かく知ることは難しいし小学校高学年から高校までの間はほとんどの子供が「思春期」に入り、親との会話は非常に少なくなっていくと思います。

 

そんな子供の普段の学校生活の情報が限られている中、この問題が発覚した場合に親の立場で執る事が出来るベストな対策を今回の記事でまとめていきたいと思います。

 

 

この記事を書いている私たち家族が取った対策の1つは、先ほど書いた様に「裁判」を起すことでした。

 

 

裁判を起すことで、

 

・裁判官という「第三者」にいじめの現状をジャッチしてもらえる

・子供のためにいじめを風化させない、責任を取ってもらう事

 

という狙いがあり裁判を起すことに決めました。

 

 

しかし裁判は今年で終わることが出来ず、実際この問題が起きてから1年以上経っているのに、まだ解決には時間が掛かるようです。

(※2018年の夏に一応一段落して加害生徒側の責任追求(賠償金の支払)が少しずつ進んでいます。)

 

 

この記事を読まれている方には、今現在子供のいじめ対策で裁判を考えている方が少なからずいらっしゃると思います。

 

また、裁判は起していないけれども学校と話し合いをしていても何となく決め手に欠ける様な感じがして心に焦りが出てきている方もいるのでは無いでしょうか?

 

そして、学校との話し合いで感情的になって対策や結論がまとまらないと思っている方もいませんか??

 

 

今回の記事は、まさにそのような状況になっている方に是非読んで欲しいと思っています。

 

この記事の内容として、

 

・いじめが発覚した時の親のダメな反応

・対策を考える上で「〇〇」にならなければならない理由

・学校との話がまとまらないのは何故なのか

・実際に裁判を起してみての「メリット」と「デメリット」とは?

・子供が被害に遭った時、親に出来るベストな対策は!?

 

をまとめて行きますので、最後まで読んで頂けると幸いです!!

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

子供のいじめが発覚した時の親のダメな反応

自分の子供がいじめに遭った場合、最初に思う事は「焦り」や「不安」「怒り」が代表的な心境でしょう。

 

そこから「何故うちの子供がいじめを受けなければならないのか」、「学校は何をやっているのか」と思うハズです。

 

酷い場合はいじめに関係の無いことでも今回のいじめの件と合せてクレームを付ける親の対応が目立つ事さえあり、この「今回の事とは関係の無い事(感情論)で学校との話し合いが複雑化してしまう」事が原因で調査に時間が掛かっている事もいじめ問題の影に隠れた問題でもあります。

 

 

あなたも、もしかするとこういう風に思っていませんか??

 

・いじめは学校で起きているのだから「問題が発見出来なかった事」は学校に責任がある。

・先生がもっと(自分の)子供に目を配ってくれていたらこんな事にはならなかった。

・前から「予兆」は分かっていたハズだから連絡はこっちに入れておくべきだ。

 

などなど、いじめに関して学校は無条件で責任を負う様な思い込みをされているケースが非常に多いようです。

 

 

学校に連絡するときも「いじめに対する怒りや焦り」がいじめっ子よりも学校そのものにぶつけられているケースが多くなっている様に感じます。

 

つまり、加害者である「子どもとその親」への怒りや不安、焦りから「学校の対応への不満」へシフトチェンジしてしまう事が非常に多いと言う事です。

 

「怒り」や「不安」「焦り」はキチンとした判断を妨げるので親の対応としてはマズい対応となります。

 

 

なぜそうなるのか!?

 

 

やはり最近のメディアで取り上げられる内容が関係していると私は思います。

 

いじめは最近になって出てきた子供の問題ではありません。

この問題は昔からあって、その問題の対策も今のように弁護士や行政書士や第三者が絡んで対策を練るものではなかったのです。

 

直接子供の親が当事者の意見を聞いたりして、加害者側がしっかりと相手に謝る事で対策や抑制を計る事が出来ていたのです。

 

 

ちょうど私たち親の世代(30~40代)がいじめの問題が急に難しくなってきた世代だと思います。「葬式ごっこ」というキーワードを聞いたことがある私たちの世代は多いのではないでしょうか??

 

この頃から雑誌でもいじめ対策の内容が取りだたされ、「週間少年ジャンプ」でもこの問題に関連した漫画が当時掲載されていたのをよく覚えています。

 

「いじめ=死」の公式が定着するのもちょうどこの頃だと思います。

 

 

この「いじめ=死」の公式が一般的になってしまっているので、我が子にいじめが起きた場合に焦ってしまって何から手を付けて良いのか分からなくなる事が「怒り」や「不安」「焦り」に繋がるのでしょう。

 

 

 

 

いじめ対策で「冷静さ」が必要になる理由

先ほどの「子供のいじめが発覚した時の親のダメな対応」でも書きましたが、「冷静」にならないとキチンとした判断が出来なくなります。

 

本当に悪いのが何なのかすらも判断する事が難しくなってくる場合もあります。

 

 

例えば、箇条書きで書いた3つのポイントに1つでも当てはまっている場合は、いじめに対する対策を取る上で非常に厄介になってきます。

なぜなら子供のことは本来、私たち「親」がキチンと守らなければいけないからです。

 

 

学校はあくまでも「勉強をする所」であって「子供の異変」は最初に家族が気づくべきと私は思います。

 

 

学校の方針として生徒の学習する環境を整える事を定めていますが、それに全て任せるのでは無く私たち親も出来る事はあるハズです。

 

いじめの問題を家で見抜く事が出来ないのであれば、その責任を学校に全て押しつける事は筋が通らないことだと私は思います。

 

 

先生は1つのクラス30人くらいの子供を見ていかなければ行けません。

自分の子供が30人いたこと無いのでその過酷さは想像も付きません...。

 

 

先生に掛かる負担が非常に大きくなっている事はメディアでも言われている事ですが、いじめの対策を真剣に考えるのであれば「学校」と「保護者」が話し合いながら「連携」しなければなりません。

 

実際に我が子の時もそう実感しました。

何回も学校に足を運び、先生方の意見や学校の対策を考える時には私たちの意見も聞いてくれました。

 

今思うと本当に話が分かる学校で良かったと思っています。

 

 

この問題の対策を考える時には「冷静」になって客観的にいじめの事実を見つめ、そこから学校と一緒になって「子供のこれから」をじっくりと考える事が一番です。

 

学校のせいで問題が大きくなってしまった事例は非常に多いですが、それだけのせいにしないで私たちにも何か出来る事があるのかを考える方がよっぽど建設的だと被害を受けて対応していく内に考える様になりました。

 

 

 

子供のいじめの対策 具体的にはどんなのがあるのか!?

学校で子供の事で話し合っても上手くまとまらない場合が多々あると思います。

けれど子供のいじめ対策は型にはまらなくても良く、どんなものでも対策になるでしょう。

 

 

子供の話を普段から聞いておくとか、「家」に子供の居場所を作っておくとかいろいろあります。

 

要は子供の事を真剣に考えている事を子供に分かってもらえてれば何でもOKになります。

 

「いつでもお前(自分の子供)の味方だよ!!」

 

と、親と子供の間で信頼関係を少しでも築く事が出来ていれば良いと思います。

 

 

その子供と親との信頼関係がちゃんと築けていれば、第三者(弁護士や行政書士などいろんなのがあります)に相談しても「芯」がブレる事無くいじめの対策を話し合うことが出来ます。

 

 

子供が今後どのように学校生活を暮らしていくのか、またはどんな風に人と接して行けば良いのかを「子供」「親」「学校(先生)」とで話し合っていけば学校での話し合いでかみ合わなくなる事は少なくなるハズです。

 

実際に我が子がいじめに遭った時にも「今後どのように学校生活を送っていけば良いのか」「どんな風に人と接していけば良いのか」を重点的に話し合いました。

 

また子供と話し合う事が上手く行けば、いじめで何をされてきたのかを聞き出せることが出来るかも知れません。

 

 

中にはお母さんには話す事が出来ない事があると思いますので、お父さんの存在も必要になってきます。

 

会社の都合で話し合いが出来ない場合もあると思いますが、自分の子供の将来に関わる事件ですので少しの時間で良いから子供の声を聞いてあげて下さい。

 

「子供の味方を沢山作る事」を念頭に置いて話し合い、継続していく内に家族内で信頼関係が構築されれば後は自然に解決に向かう事ができるでしょう!!

 

 

 

 

子供のいじめ対策の具体例 実際に裁判してみて...

実際の体験談は先ほども話に出ましたが、私たち家族の話になります。

 

私たち家族は何回も家族会議をして「裁判」を起すことに決めました。

子供の一言「いじめた奴らを懲らしめたい」という一言で裁判を起す事を決めました。

 

この記事を読まれている方でも裁判を起そうとしている方が多数いらっしゃると思います。

 

 

実際に裁判を起してみて思った事は「メリット」「デメリット」を良く理解した上で裁判は起すべきだと言う事です。

裁判は「タダ」では無いし、何より精神的に非常に労力が掛かります。

 

 

しかし、前にも書いた様に裁判で得られるメリットは非常に強力なものです。

 

簡単にまとめると、裁判官という強制力のある方にジャッチしてもらえるので判決に文句を付けることが出来ないと言う事があります。

 

また、ネットで裁判所と検索すると過去の判例が見れるので記録としてその事件(裁判)が残ると言う(事件が風化しない)メリットがあります

 

 

 

逆にデメリットとして挙げられる事として、厳正な審査・手続きになりますので時間が非常に掛かります。

我が子がいじめに遭ってからもう2年近くになりますがまだ終わってません(記事アップ当初)。

(※いじめが起きたのは高校入学当初で裁判が終わったのは2018年の夏頃)

 

 

さらに証拠は自分で集めないと行けません。

実際は弁護士の権利で証拠などは集めるのですが、そのベースになるのは「学校との話し合いでまとめた内容」が証拠のベースになります。

 

 

裁判を起すとなると「親」と「学校」の信頼関係の他に「弁護士」とも信頼関係を築く必要が出てきます。

要領は学校との話し合いと同じですが、簡単にできることではありません。

 

しかも裁判は問題を具体的に解決するのでは無く、「受けた損害」を「お金」で解決する事しか出来ません。

 

 

 

以上、簡単に実際裁判を起してみてのメリットとデメリットをまとめましたが、この記事を読んでいるご家族の方のいじめの内容や子供の様子によっては裁判は向かないときがあります。

 

 

例えば、学校との話し合いが上手く進んでおらずいきなり裁判を起すことは非常に難しいでしょう。

この問題に関する資料は学校が保有している事がほとんどなので、学校側との話し合いがまとまっていないのであれば開示自体が難しくなるからです。

 

 

一方、学校との話し合いもスムーズに進み対策も順調に進めることができているのであれば追加的内容で裁判を起して子供が受けた損害を請求する事がストレス無く進めることが出来ると思います。

 

 

要はいじめ対策も話し合いも裁判も「段取りが命」になってくると言う事です。

 

 

 

子供がいじめに遭った時、親に出来るベストな対策とは!? まとめ

今回は「親が子供に出来る事(対策)」をキーワードとして子供がいじめに遭った時に親に出来るベストな対策とは何かをまとめてみました。

 

私たち家族がいじめを経験して言える事は「親が冷静さを保つ事」が対策を練る上で一番の方法であると言う事です。

 

冷静になればこの問題を「客観的に見れる」し、具体的に「何をすれば良いのか」を話しやすくなると言ったメリットがあります。

 

逆に冷静さを失えば「怒り」や「焦り」「不安」「憤り」などいろんな感情がわき上がってきて、物事を客観的に見る事が出来なくなります。

 

 

 

本来いじめをした子が悪いのに、学校が見つけられなかった事が悪いとか先生の対応や学校の対策が悪いとか「方向違い」の意見しか出なくなります。

 

 

本当にいじめの対策を考えるのであれば、子供が学校生活をどう暮らせば良いのか、どんな風に人と接すれば良いのかをしっかりと考えて「子供」と「親」「学校」とじっくり話し合わなければいけません。

 

 

この話し合いを冷静に目的(芯)を決めてする事が、親が出来るベストな対策となるのでは無いでしょうか??

 

※もしそれでも学校の対応に不満があった時の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

今回の記事の内容は「親が出来る対策」についてまとめていますが、いざ我が子が被害者になると何をどうして良いのか分からず迷ってしまう事が大半でしょう。

 

そこで、このサイトでは「いじめ発生から裁判を起こした経験」を元に「相談コーナー」を実施しています。

 

学校の対応に付いての不満や話し合いの進め方について具体的なアドバイスをさせてもらっていますので、1度お話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました