従来のいじめ解決策はダメ!!いじめ問題を年内に解決させる方法

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんにちは!

いじめーラボの管理人「はかせ」と申します。

 

今回も実際の体験談をベースにした「いじめ解決策」をご提案させて頂きます。

 

 

※前回までの「いじめ解決策」に関連した記事を幾つかご用意させてもらいました。いじめの内容と特徴やそれに関する解決策を具体的にまとめた内容となっています。

《いじめ解決策のオススメ記事》

小学生の我が子をいじめから守る為に今から出来る解決策とは!?

中学生の我が子がいじめられた時、デキる親がやっている神対応とは

自殺率NO.1の高校生のいじめ 発覚したらまず始めにすべき対処法とは!?

我が子のいじめから学んだ、いじめが起きやすい学校やクラスの解決策

 

 

いじめの解決策を考える時にポイントとなる事は「情報」であり、子供がいじめで悩んだときに一番最初に連絡する所はほとんどの場合「学校」か「親」の2通り。

 

そこで、今回は「学校」に関連する解決策をまとめていきたいと思います。

 

 

 

2013年にいじめ防止対策推進法が制定されてから学校では定期的に学校生活に関するアンケートや悩み相談(スクールカウンセリングなど)を行う様になってきました。

 

少しずつではありますが、いじめの認知件数も増えてきています。

 

 

子供の1日の生活サイクルを見てみても分かる通り、1日の大半を学校で生活している事になるので親の目が届かない学校生活が垣間見れる事はいじめ問題解決に向けて一歩前に進んだと言って良いのではないでしょうか。

 

 

 

しかし、その反面相変わらず「いじめはなかった」と認めようともしない学校が未だに存在している事も事実です。

 

よくニュースで見かける「いじめとしての認識は無かった」とか「いじめを見つける事が出来なかった」という言葉は1回は必ず聞いていると思います。

 

 

 

この他に「じゃれ合いだった」とか「家庭での問題が自殺した原因」とかよく学校側で言われる内容になりますが、ほとんどのケースは「子供のいじめ」が原因で起っていると考えて良いでしょう。

 

 

いじめは「やる側」と「やられる側」があって成立するので「家庭環境」とか「価値観や考え方」で問題は解決しません。

 

 

自分の子供にいじめがあったと分かった時に何をすれば良いのか分からなくなる場合が多いと思いますが、後手に回って問題が深刻化しない様にこれから問題の解決策を具体的に書いていきたいと思います。

 

※学校の対応に不満があった時の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

弁護士が書いた いじめの対応をスマートにするマニュアル本を紹介

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

 

いじめの解決策で「学校」が占める重要性

この問題の解決策を考える時に「学校」が占める重要性は意外と知られていません。

なぜなら常日頃ニュースで流れている内容が私たちの頭の中(価値観)を支配しているからです。

 

「学校の対応=隠蔽」だったり、「事実を認めない」といった評判は今では当り前に近い反応となっていますよね。

 

 

先ほども書きましたが、学校では定期的に「学校生活に関するアンケート」を実施していて、内容や実施する時期などは各学校で違いますが、子供の学校生活に関して調査は定期的に行っています。

 

また、子供の1日の生活サイクルが「学校」に偏っているので、子供の事を良く見ているのは私たちよりも教師の方々の方がよく見ている場合が多いでしょう。

 

 

すなわち、いじめが起こった場合にその情報を掴んでいるのは「学校」と言う事になります。

 

 

子供のいじめの関係性を争う(訴訟)場合だと事実関係の証明が出来るのかが勝敗の明暗を分ける事となり、言い換えれば「事実の証明」が成されない限り「いじめの責任」を法的に問う事は難しくなります。

 

過去の判例でも学校側が事実を認め損害賠償を認めたケースはいくらでもあります。

逆にそれを証明できなければそれまでです。

 

 

情報を掴んでいるのが学校であるという理由を説明すると、他の子供達からも「善意の報告」を受けるケースや実際に教師がその場を見てたケースも少なくないからです。

 

・どんな内容なのか

・誰がしているのか

・いつやっているのか

・何処でやっているのか

 

確証が持て無くともある程度の情報は学校は把握出来ているし、知ってもいます。

 

 

ただそれを確証の無い時に公表してしまうと問題が深刻化してしまう可能性があるから「出来ない」ケースがあるのです。

 

別に学校側の肩を持っているワケではありませんが、実状として「公表したくとも出来ない」場合があると言う事なのです。

 

中にはニュースで報道されているように本当に悪質な教師として資質を疑うような対応があるのも事実ではあります。

 

 

※いじめ問題を解決する為に「実際に行われた学校の対応」についてまとめてみた記事を紹介させて頂きますので併せて読んでみてください!

いじめの対応や指導方法 今の学校はどこまでやってくれるのか!?

 

 

 

いじめ解決策 「学校」が持つ情報を知る方法とは!?

先ほど、いじめ問題のあらゆる情報は「学校」が持っていると説明しました。

しかしその情報は他の生徒の情報もあり簡単には公開出来ないのが悩みのタネになります。

 

確証が持てない限りほとんど「クロ」だとしても公に出来ない学校の対応が拒否反応を示す要因になっていると言えるでしょう。

 

 

では、ここからは具体的にどうすればその情報を知り得るかについて書いていきます。

 

この問題の解決策で重要なポイントとなるものは「重大事態」に当てはまっているかと言う事です。

 

 

この内容は「いじめ防止対策推進法」をベースに説明しており、この法律は国または地方公共団体や学校などの「いじめ」に対する役割や責務を定めた内容となっています。

 

いじめがあった時は、学校だけで無く国や地方公共団体もしっかりとした役割を担っていますので解決策のポイントとして押さえておきたいですね。

 

 

 

解決策のポイント 「重大事態」について

もし、いじめに実際に遭っていたり悩んでいたりする場合この「重大事態」に当てはまっていないかよく調べることが解決策の大きなポイントになります。

 

この要件に当てはまっている場合は学校側で早急に解決策をまとめなければなりません。

 

「重大事態」とは一体何なのか!?

 

この要件に対する対応は次のように示されています。

第五章 重大事態への対処

 

第二十八条

 

学校の設置者又はその設置する学校は、次に掲げる場合には、その事態(以下「重大事態」という。)に対処し、及び当該重大事態と同種の事態の発生の防止に資するため、速やかに、当該学校の設置者又はその設置する学校の下に組織を設け、質問票の使用その他の適切な方法により当該重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行うものとする。

 

2 学校の設置者又はその設置する学校は、前項の規定による調査を行ったときは、当該調査に係るいじめを受けた児童等及びその保護者に対し、当該調査に係る重大事態の事実関係等その他の必要な情報を適切に提供するものとする。

 

3 第一項の規定により学校が調査を行う場合においては、当該学校の設置者は、同項の規定による調査及び前項の規定による情報の提供について必要な指導及び支援を行うものとする。

 

引用元:「いじめ防止対策推進法」より

 

今回受けたいじめで「重大事態」に該当する場合、学校を設置する地方公共団体や法人は問題の解決策として独自に調査をする事が出来るし、学校に対して指示や指導が出来るとしています。

 

学校だけの対応だけで無く、その調査に不当が無いかチェック出来る様な体制が整っています。(上手く機能するかは学校次第ですが)

 

そして、この要件に該当するかどうかの条件ですが、大きく分けて2つの条件に分かれています。

 

 

その条件とは次のとおりです。

 

・いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認めるとき。

 

・いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認めるとき。

 

 

条件の赤塗りされているところはそれぞれの問題の内容を個別に見ていくことになりますが、特に2つ目の「相当の期間」「不登校」の時の条件と基本的に同じ30日前後とされています。

 

 

 

解決策のポイント 「相当の期間」の適用例

基本、重大事態の「相当の期間欠席した場合」の期間は不登校の期間を準用しています。

日数にすると約30日前後になります。

 

 

では疑問になるのは連続して30日前後欠席した場合だけが要件になるのかと言う事だと思います。

何日かに分けて欠席し、その合計が30日前後の場合はどうなるのか気になりますよね!?

 

 

文部科学省の『いじめの重大事態の調査に関するガイドライン』では次の様に回答しています。

不登校重大事態の定義は、欠席日数が年間30日であることを目安としている。しかしながら、基本方針においては「ただし、児童生徒が一定期間、連続して欠席しているような場合には、上記目安にもかかわらず、学校の設置者又は学校の判断により、迅速に調査に着手することが必要である。」としている。

 

引用元:いじめの重大事態の調査に関するガイドラインより

 

つまり、相当の期間はいじめの内容を具体的に加味して決められるものでたとえ連続して30日欠席していなくとも隔日に欠席している場合でも「重大事態」になる疑いがあると言う事になります。

 

 

実は私たちの子供の場合もこの「重大事態」に該当していました。

 

 

いじめを受けてから大体1年位経った時で連続で欠席した日数は30日に届かず、月に5回くらい不定期に欠席してしまって途中で早退した時もありました。

 

子供が高校生だったので高校と県の教育委員会、県知事がいじめの「重大事態」と判断して早急の解決策をとってもらえるようになりました。

 

もし我が子がいじめにあって何日か休みがちになっているのであれば欠席している日数を予め知っておく事も良い解決策になると思います。

 

 

 

解決策のポイント 「生命、心身または財産に重大な被害が生じた場合」の適用例

ここでは先ほどの重大事態の条件である「生命、心身または財産に重大な被害が生じた場合」の適用例を見ていきたいと思います。

 

この条件に適用する場合も学校や学校の設置者などの慎重な調査にかけられ、杓子定規に「該当していないから重大事態ではない」と判明すれば学校側の「安全配慮義務」に反する事は間違いないでしょう。

 

 

「生命、心身または財産に重大な被害が生じた場合」に当てはまる具体的な例

1,調査した結果、内容が軽いものだったとしても後に生徒が自殺してしまった。

2,具体的な症状が出ている(骨折、入院、通院、自傷行為に及ぶなど)

3,金銭の強要があり、子供が扱うには多額過ぎる場合(1万円とか)

4,性的ないじめで子供の人格を酷く否定したりするもの

5,通常あり得ない内容で物が壊される(カバンを派手に壊されたり、切り裂かれる)

6,上記に当てはまらない場合でも学校に通うことが出来なくなり、転校を余儀なくされた時

 

【参考文献】

いじめの重大事態の調査に関するガイドライン

 

 

 

解決策のポイント 該当した時の学校の義務

我が子のいじめが重大事態に該当する事が判明したら、次に気になる事は「該当したら何か特別な事があるのか」と言う事だと思います。

 

学校は今回の案件が該当した場合、学校の設置者を通じて地方公共団体の長に報告する義務があります。(公立の学校の場合)

 

 

さらに地方公共団体の長はこの問題を元に調査をする事ができ、その調査内容を議会に報告しなければなりません。

 

 

簡単に言えば学校の対応のチェックを地方公共団体の長が行う仕組みになっていて、そして議会に報告する事でその対応の是非を地域住民に問うことが出来るのです。

 

まとめると重大事態に該当すると学校の問題だけに終わらず、その地域や都道府県にまで問題を投げかける事が出来るようになります。

 

 

 

以上、いじめの解決策で学校が持っている情報を知る為に必用な事を調べてきました。

ここに書かれている解決策のポイントはなかなか自分から知ることは難しいと思います(あまり聞き慣れない言葉だし)。

 

 

本当に子供の為に大人が出来る事は「事の重大さ」を訴えかける事しか出来ません。

 

 

子供の痛みを変わってあげられるのであれば変わってやりたいのですが(代わりにいじめっ子を返り討ちにしてやりたい気持ちです)そうも行きません。

 

ここに書かれている解決策のポイントを押さえて学校との話し合いを有効に進めてもらえれば幸いです。

 

 

 

従来のいじめ解決策はダメ!!いじめ問題を年内に解決させる方法 まとめ

今回はいじめの解決策として学校が持っている情報をいかに開示させる事が出来るのかについてまとめた内容になっています。

 

 

この問題の解決策の1つとして「重大事態」の適用条件について説明をしました。

 

 

この条件に該当すると学校やその設置者は早急に解決策をとらなければならず、必然的に保有している情報を開示する機会が増えます。

 

確実に情報を開示出来るワケではありませんが、通常の対応よりもいじめ問題の対応は慎重になります。(一部義務になっている所があり、対応しないと違法になるから)

 

 

いじめの解決策にどうしても必要になるもの「情報」

それを上手に共有する為の方法を「解決策のポイント」として4つを挙げました。

 

もし、今現在被害に遭われてどのように対応していったら良いのか分からない場合には、「いじめ発覚から裁判勝訴まで」の体験談を個別にお教え致します!!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました