全英が号泣 いじめのトラウマを乗り越えた子が歌う解決策とは

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめ-ラボの管理人の「はかせ」と申します。

 

 

今回は「心のトラウマを克服する」というテーマで、被害に遭ってしまった子やその家族に是非とも聞いて欲しい曲(動画)を紹介していきたいと思います。

 

その動画はコチラ!!

 

いじめに遭ってしまうと不登校になったり、自分自身が否定されてしまうので自身を持てなくなったりと何も悪くないのに「みんなから嫌われてしまったのでは無いか」と怖くなりますよね。

 

そしてこの心の傷はトラウマになってこの後の人生に悪影響を与える事は皆さんご存知の通りです。

 

 

実際に我が子も被害に遭って不登校を経験し、この先どうしたら良いのかが分からなくなった時がありました。

 

 

今回紹介するこの動画は、この問題でトラウマを抱えてしまった子やその親への「メッセージ」となるものです。

 

この動画は最近知ったのですが、もう少し早く出会えていればもっと子供もこんなに苦しむ事も無かったのでは無いかと少し後悔もしています。

 

今現在この被害で悩んでいるご家族がいる場合は是非1度ご覧になって下さい!!

 

※さらに今回の記事と合せて「トラウマ 克服」というテーマでオススメの記事をご紹介させて頂きます。

「植松電気」に学ぶいじめの解決策 心の傷、トラウマの克服法とは

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

※いじめ問題と過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

裁判に関する記事 一覧

我が子の被害を基にまとめた記事 一覧

 

 

 

今回の記事の主人公 いじめのトラウマを乗り越えた子達はどんな子??

今回ご紹介する動画の主人公は2人組ユニットの「Bars&Melody」のレオンドル君とチャーリー君です。

 

今回の歌はレオンドル君が小学2年生の時に受けたいじめを基に作られています。

 

レオンドル君が受けた被害の内容は主に、

・暴力

・悪口

・陰口

・カツアゲ

 

で、時には顔にアザが出来る位に殴られる事もあったそうです。

 

 

レオンドル君は親になんとかして欲しいと思い相談しようと試みますが両親は仲が悪く、よく言い合いになって相談どころでは無かったようです。

 

日本でも両親が仲が悪い事はよくありますが、普段それほど言い争いをしていなくとも本当に相談したいと子供が思っている時に限って言い争っている時があります。

 

 

そんな逃げ場の無いレオンドル君を歌詞の中では「家が無い カバン1つの生活」と表現しています。

 

実際に親が離婚して生活が厳しい事もあると思いますが、「相談する人がいなくて、孤独」という状態をこの歌詞で表現できる小学2年生は日本にはいないのではないでしょうか!?

 

 

また歌詞の最後の方では、殴られて蹴られて理由を聞いてもただ殴られるだけという「いじめ」に対する理不尽さも表現しており、被害者が1人では何も解決出来ない事もこの歌で表現しています。

 

レオンドル君は最初顔や体に出来たアザを友達と遊んでケガをしたと誤魔化しますが、日を重ねるごとに酷くなるアザは隠しきれずに母親に告白。

 

 

その後転校を経て、今の相棒に当たるチャーリー君と運命の出会いをする事になります。

 

そしてこの紹介する動画のステージに2人で立つ事になるのですが、レオンドル君が歌っているとドンドン涙声になっている様な気がします。

 

緊張のせいなのか歌っている内にフラッシュバックしたのか分かりませんが、一生懸命トラウマを抱えながらも歌っている姿に心を打たれてしまいました。

 

 

 

ここまでレオンドル君を支えてくれてたものとは?

ここまで酷いいじめに遭ってきたレオンドル君ですが、辛い時にこそ続けていた事があります。

 

それが今回の動画の基になっている「ラップ」です。

 

どんなに暴力を振るわれても、どんなに酷い事を言われてもラップだけは心を許せる存在で片時も忘れる事は無かったようです。

 

今回紹介するラップの歌詞にも書いてあるのですが、どんなに心にトラウマを抱えても「みんな同じ」と思える心の強さが全英が涙する結果に繋がったと思います。

 

 

 

また、レオンドル君を支えてきたのはラップだけで無く相方のチャーリー君も同じでしょう。

 

レオンドル君とチャーリー君の出会いはネットに自作のラップをアップしていた事がキッカケで、即答で一緒にやる事を承諾しています。

 

その後に今回紹介するラップを一緒に作る事になるのですが、「いじめられる事」をすんなりと受け入れてくれるチャーリー君の「懐の深さ」は大人でも持てる物ではありません。

 

「お互いの才能が引き寄せた」といえば綺麗に聞こえますが、実際にこの問題を受け入れてくれない人が多いからいじめは無くなりません。

 

 

 

相手が持つ心のトラウマを理解して、なおかつお互いを認める事

 

 

言葉にすれば簡単ですが、この動画を紹介した理由はこれを実践している人間が私たちよりも幼い子供だと言う事が大きな理由です。

 

この記事を見てくれている方々が本当にこの問題を真剣に考えていて、我が子を守る為に悩んでいるのであればこの動画は見るべきだと私は思います。

 

 

 

この動画から私たち親が出来る事を考えてみる

 

今回の動画から何が学べるのか、出来るのかをちょっとだけ考えて見ました。

中には「綺麗事だ」とか「知った風に言うな」とか言われてしまうかもしれません。

 

 

けどこの問題は子供や親だけの問題では無く、社会全体で考えて行かないと何も変わらず進んでしまうでしょう。

 

 

子供の問題だから

 

そんなことじゃ大人になってからやっていけない

 

やられる方にも問題がある

 

 

この言葉が自然と出てしまう様ではまだこの問題を真剣に考えていない証拠です。

 

本当に些細な事でも子供の心にトラウマを植え付けて、最悪な場合自殺までしてしまう恐れまである事を知らなければなりません。

 

 

実際に私自身も我が子が同じ目に遭うまでは、「他人の事」だと軽く考えていた時もありました。

 

でも実際に我が子がその立場に経ってみると、我が子が被害にあった内容も相当酷いもので聞いているだけで具合が悪くなるような感覚になります。

 

当の本人であれば私が感じた不快感よりもさらに大きなストレスや心にトラウマを抱えている事でしょう。

 

表には出しませんが、被害から2年近く経っても後ろから声を掛けてしまうと人並み以上に驚きますし笑顔もあまり出しません。

 

ご飯を食べているときは美味しそうに食べていますが、本当に心から笑っている様には見えません。

 

今でも我が子はトラウマと戦っているのだと私は思います。

 

 

 

「トラウマ」に関する文献として、2016年には東京成徳大学臨床心理学研究で『過去のいじめによる心的外傷体験と否定的認知の変容に関する調査』(最終閲覧日 2018年8月26日)が発表されており、そこには

 

・268名の大学生を調査

・その中で95名(35%)が被害を受けた事があった(大半が小中学校に被害を受けている)

・95人中37名(39%)が「PTSD」の基準に該当していた

 

事が調査で明らかになっており、長い間心にトラウマを植え付けて苦しませる事が判明しています。

 

 

さらにこの調査では、

 

・特に自身と他者につながりがあると感じる自他連帯感を持つことによる効果が最も確認された

・PTSD症状や否定的認知を持ついじめ被害者に対しては,周りの人々とのつながりを感じられる環境を作る

 

以上の対策が「心のトラウマ」を解消するために必要だと明記しています。

 

※引用元:寺井 治樹 石村 郁夫『過去のいじめによる心的外傷体験と否定的認知の変容に関する調査』(http://www.tsu.ac.jp/Portals/0/site-img/gra/2016/kiyou16/genntyo21(terai).pdf)

 

 

 

私自身の経験でも、調査の結果にもあるように「子供が自身のトラウマをカミングアウトで来るような環境」を整えてあげる事が必要になると私は思います。

 

母親だけで無く、家族全員でカバー出来る様な環境を作れたら最高ですけどなかなかそうは行かないと思うので「相談出来る環境」が一番良いと思います。

 

因みに先ほどの調査では相談する相手が「母親が70%」という結果も出ています。

 

 

精神論的になってしまいますが、「他者との繋がりを大切にする事」が今の時代には必要なのでは無いかと改めて思い知らされる内容となりました。

 

 

 

全英が号泣 いじめのトラウマを乗り越えた子が歌う解決策とは まとめ

今回は「心のトラウマを克服する」というテーマで、被害に遭った子やその家族に是非とも聞いて欲しい曲(動画)を紹介してきました。

 

 

今回紹介したのは「Bars&Melody」の「Hopeful」という曲。

被害に遭ってしまった子はかなりの高確率で不登校なり引きこもりなどの後遺症を負ってしまい、心にトラウマを負って生きて行かなければならなくなります。

 

この問題は周りから見えづらい事もあり、簡単に見抜く事は出来ないでしょう。

 

しかし、これから我が子が将来を生きて行くためにトラウマに縛られていては幸せには慣れません。

 

このトラウマを断ち切るためには家族が一丸となって守ってあげる事が必要になります。

 

今回の記事で「東京成徳大学臨床心理学研究」の文献を引用させてもらっていますが、「家族との繋がり」がトラウマを克服するのに非常に有効な方法だと言う事が判明しています。

 

歌詞の最後にもあるように「希望さえあれば」、トラウマに悩まされる事無くレオンドル君の様にスターダムにのし上がる事も出来るのかも知れません。

 

そこでこの「いじめ-ラボ」でも我が子の被害を元に「相談コーナー」を実施しています。

我が子のいじめが発覚してから裁判を起こすまでの経験を元に、学校の対応の仕方やいじめを認めてもらう方法などについて回答しています。

 

もし、いじめを受けてどう対応していけば良いのか分からず悩んでいるのであれば、一度「いじめ-ラボ」までお話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました