いじめ問題を解決する為の正しい弁護士の選び方 そのポイントとは  

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

「いじめ-ラボ」管理人のはかせと申します。

 

今回の記事は前回の『いじめを弁護士に相談する時の「気になる事」まとめて見た』を受け、「いじめ問題を相談する時」の弁護士の選び方について記事にまとめて行きたいと思います。

 

このサイトで相談を受ける時があるのですが、最初によく聞かれる事で

 

「誰に相談したらいいのか」

 

この質問が非常に多いので、様々なケースがあるいじめの中であなたにピッタリの「専門家」の選び方についてご紹介できたらと思います。

 

※「専門家」繋がりでコチラの記事もオススメになっています!!

なぜ、最近「いじめ問題」を行政書士に依頼するのが多いのか!?

 

 

実は、これを書いている私「はかせ」もこの前まで我が子の被害を裁判で争っていたばかりでした。

 

これを読んでいるあなたと同じ様に最初は誰に相談して良いのか分からず、時には感情的になって学校との話し合いをしていた事もありました。

 

それが今では全て終わり我が子は学校に復帰も出来たし、振り返って考えると専門家に相談し対応をどうすれば良いのか迷わずに出来たのが決め手なのではと思っています。

 

今現在我が子の被害に悩んでいる方々のお役に立てる記事になれば幸いです。

 

 

 

※今回の記事の他にこのサイトでは、私たち家族が子供のいじめを通して感じた事や学んだ事をベースにまとめています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

※いじめ問題と不登校、過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

いじめと不登校問題についての記事 一覧

裁判に関する記事 一覧

 

 

 

弁護士が選ばれる訳

やはり真っ先に思い出すことは「弁護士」に依頼する事ではないでしょうか。

 

裁判から代理人まで幅広い法的支援をこなすことが出来る弁護士に勝てるものは有りません。

 

1990年あたりからこのいじめ問題が報道され始め、今まで「聖域」だった教育の分野でも司法が介入するようになってきました。

 

しかし、介入出来る様になったためか今まで野ざらしになってた数々の問題が一気に溢れて、あっという間に学校に対する信用は地に落ちてしまいました。

 

 

そして今現在、最低限は私たち保護者も法律に関する知識は自ら学ばないと我が子のこれからを守る事が出来ないと言っても過言では無いでしょう。

 

我が子を守る為にこれからどうすれば良いのかを非常に良く表した格言があります。

 

 

それはコチラ!!

 

『権利の上に胡座(あぐら)をかく者は法律の保護するところにあらず』

 

 

 

 

意外と知られていなくて、この言葉を聞いた事ある人はあまり居ないと思います。

 

簡単に言えば、法律で定めた事があっても実際に本人が行使しないと効果は発揮しない事があると言う事です。

知らない人だけが損をすると言い換えても良いでしょう。

 

 

しかし今の世の中「私たちが知らない事」はいっぱいあって、様々な不利益を受けている人多いハズです。

 

抗う事が出来ないトラブル(まさにいじめがそれに当たりますよね)が起きた場合のサポートとして弁護士はまさに打って付けの仕事と言えるでしょう!!

 

 

では早速、弁護士の選び方について詳しくまとめて行きたいと思います。

 

 

 

弁護士選びに必要な事はたった1個だけ

では、問題を解決出来る弁護士を選ぶに当たって「必ず守っておきたい事」が存在するのをご存知でしょうか??

 

これを抑えておかないといくら弁護士に頼んでも、時間の無駄になってしまう可能性が非常に高いです!!

 

 

先ほど対人関係のトラブルは弁護士が適任と説明しましたが、実際には法律を基に私たちの代理人として直接相手方と交渉する事が一般的です。

 

結論から言うと「私たちの気持ちをどれだけ汲んでくれるのか」が一番必要だと言う事になります。

 

 

確かに弁護士の方々は難関試験(その後、実務訓練を経て)をパスした専門家になりますが、「自分が受けた被害」ではないのに「依頼人の代わりに交渉」する事になります。

 

・依頼人(私たち)が受けた傷

・これからの不安

・怒り

 

法律だけで解決出来るほど簡単な傷ではないハズ。

 

言い換えれば、弁護士が何処まで被害者に寄り添って解決してくれるかは知識だけでは計れませんよね。

 

 

 

弁護士選びのチェック項目

「どれだけ被害者の気持ちを汲んでくれるのか」

弁護士選びのチェック項目として実体験を基にまとめて見ました。

 

 

 

①,言葉の言い切り方で選ぶ

この「言葉の言い切り方」で選ぶ方法を書く理由として、弁護士でも「子供の問題」を解決していく事は難しいと私たち家族を担当してくれた弁護士の方が仰っていました。

 

被害者と加害者が「子供」である以上、法律の視点で解決していくとなるとある程度の限界が存在します。

 

裁判を起こすとなっても実際に解決出来る範囲は「お金」のみ。

 

しかも当り前に保護者が責任を取るとは限りません(特に中学校と高校の場合)ので、損害賠償が当り前に認められるとも限りません。

 

 

そんな厳しい中、依頼人の内容でハッキリと「出来る事」と「出来ない事」を瞬時に判断出来る弁護士は欠く事が出来ない存在になります。

 

幾つか質問した所で何回も言葉に詰まってしまう場合は、今回の問題が非常に弁護士の方が専門の分野ではないのかどちらかになるでしょう。

 

 

 

②,自らの利益を選ぶか依頼人の利益を選べるか

実際に知人に聞いた話なのですが、弁護士の中には「裁判を起こさなくとも言い案件」を「わざわざ裁判を起こさせる場合」があると言っていました。

 

これを子供の問題に当てはめると裁判を起こさなくとも良い案件を裁判で解決しようとした場合、「在学中に解決出来ない場合」が非常に高くなると言う危険性を含む事になります。

 

 

子供の在学期間は限られています。

小学校6年と中学校や高校は3年になりますよね。

 

例えば小学校の時にいじめを受け不登校になってしまった場合、裁判を係争中に中学校に上がってしまっても「小学校の時に作れたはずの思い出」は人生の中で2度と戻ってくる事はありません。

 

 

裁判はその力が非常に強い反面、時間が非常に掛かる性質を有しています。

裁判が「控訴」や「上告」を経て終わってしまうと覆す事は出来ません。それだけ協力だから時間も掛かります。

 

弁護士にとって裁判にすることがどれだけの利益になるのか分かりませんが、無闇に裁判を起こすと言ってくる弁護士であれば1度家族で相談してから依頼すると良いかもしれません。

 

 

 

③,経歴だけで判断しない

例えば「年間○〇件の裁判を扱って」とか「~件の相談実績あり」などの謳い文句がある事務所がありますが実査にその裁判で勝つ事が出来たのかは不明です。

 

さらに先ほどの項目で紹介した通りに「裁判で争う事」が至上の手段では無く、「無血解決」出来る方がその弁護士の力量を測る上では重要になるはずです。

 

裁判は本当に時間が掛かるから大変ですよ。

 

 

 

④,連絡しない、勝手に決める弁護士ではないか

これは私たちが「ADR(裁判外紛争解決手続き)」を行った時の弁護士に当てはまるのですが、依頼した内容の結果や次の打ち合わせの事で連絡すると言って報告するのを忘れたり依頼の趣旨を間違えたりと弁護士でも間違いはあります。

 

特に報告や連絡は非常に大事な事になります。

 

弁護士の方は非常に忙しい中で数々の依頼をこなしているのである程度我慢出来る部分はあるのですが(お願いしている身分だし)、「忘れていた事」が頻繁にある弁護士では次から頼まない方が無難ですよ。

 

 

また、私たちが和解の条件を提示してそれを受け入れない場合は「裁判」で争うと打ち合わせしていたのに

 

「民事訴訟では勝てないから和解する方向で行きます」

 

と勝手に方向を変えられそうになったことがあります。

その時すぐに和解不成立としてADRを終了させて別の弁護士を探しました。

 

 

 

以上簡単に4つほど「専門家を選ぶ時のチェック項目」をまとめてみました。

 

最後にお願いした素晴らしい弁護士に会うまで非常に大変だったことを覚えています。弁護士選びは費用が掛かる分慎重に行きたいと誰しもが思う事だと思います。

 

専門家を選ぶ時に必要なたった1個のポイントですが、この4つのチェックポイントを使って「あなたに合った最高の弁護士」を選んでくださいね!!

 

 

 

私たち「大人」が求められているもの

これまで「弁護士の選び方について」まとめてきました。我が子を守る為に専門家に意見を仰ぐ事は非常に大事になります。

 

また相談する事で保護者である私たち自信が精神的に楽になる事も大きいでしょう。

誰に相談して良いのか分からない状態で、しっかりと断言してくれる弁護士に会える事がどれだけ大きいか。

 

 

大人である私たちが「求められているもの」は安心感です。

安心する事が出来れば、それだけ心に余裕ができて子供に余計な心配を与えなくて済みます。

 

大人がピリピリしてしまうと、それだけで子供は萎縮してしまいます。

 

 

子供を守る為の最後の砦としてドッシリ構えて、出来ない事は専門家に意見を仰ぎましょう。

 

 

 

いじめ問題を解決する為の正しい弁護士の選び方 そのポイントとは  まとめ

今回は「いじめを相談する時に大事な事として」専門家である弁護士を選ぶ時のポイントについて簡単にまとめた記事でした。

 

弁護士選びに必要なたった1つのポイントは、

 

「私たちの気持ちをどれだけ汲んでくれるのか」

と言う事です。

 

 

何故なら、相手側と交渉してくれるのは弁護士であり私たちでは無いからです。

それは「私たちの傷」を「弁護士が代弁する」と言うこと。

弁護士がキチンとこちら側の意見を把握出来なければ、相手側と交渉出来ないでしょう。

 

決して妥協せずに選びましょう。

 

 

このたった1つのポイントを調べる為に「4つのチェックポイント」をまとめています。

 

①,言葉の言い切り方で選ぶ

②,自らの利益を選ぶか依頼人の利益を選べるか

③,経歴だけで判断しない

④,連絡しない、勝手に決める弁護士でないか

 

これらのチェックポイントは実際に弁護士を探して複数の弁護士に相談していく内に見えてきた事です。

これからの弁護士選びにお役に立てればと思います!!

 

このほかにも「いじめ-ラボ」では「いじめが起きてから裁判を起こすまでの経験」を元に「相談コーナー」を実施しています。

 

今回の「弁護士の選び方」の他にいじめの悩みを抱えていてどう対応していけば良いのか分からない時には一度お話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました