いじめに遭った場合、学校の役割や責任にはどんなものがあるのか!?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめーラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回は「学校の役割や責任」をキーワードに、いじめ問題を解決していく為に「学校の役割や責任」にはどんなものがあるのかについて書いています。

 

また、今現在いじめ問題に悩んでいる方やこれから小学校や中学校そして高校へと進学する方々へ分かりやすい様に「実際に起きてしまった私たち家族のいじめ被害体験」にも触れながらまとめています。

 

 

 

まず始めに実際に自分の子供がいじめに遭ってしまうと、学校うんぬんよりも「怒り」が一番先にこみ上げてくると思います。

 

 

何が何でも相手(家族)に責任を取ってもらう!!

謝るときは土下座!!

裁判も考えようかな...。

 

 

いろんな事が頭の中によぎると思います。

 

私たち家族の時も「怒り」で何も手が付かない状況でしたし、学校を間に挟み「和解の場」を整えてもその全てを断り徹底して公の場(裁判)で話をしようと心に決めていました。

 

 

もしかしたら今この記事を見ているあなたもそうかもしれません。

 

しかし「怒り」のみで学校や加害者と話し合いをしても時間が掛かるだけで一向に前に進まず、被害生徒側がどれだけ訴えても学校と加害生徒側の「熱の差」に愕然とするばかりです。

 

なぜならば怒りの元は「我が子にされた事(自分がされた訳ではない)」についての怒りであって、本当の我が子の気持ちをかならずしも代弁している訳ではないからです。

 

 

あくまでも「親の目線」で言葉を伝えているのみで、学校と加害者側には伝わらない事が原因だと体験して思いました。

 

・実際にやられた子の気持ちはこれだけ傷付いている事

・その行為に対して学校側がしなければならなかった事が必ずある事

・部外者の感じを出している加害生徒の親の態度

 

この「被害生徒の気持ち」に沿って相手に伝えなければ、最悪の場合には「感情論」や「水掛け論」で終わってしまう事もあります。

 

 

そこで今回の記事では特に「学校側がしなければならない事」に標準を定めて、何故いじめを受けたときに「学校の役割と責任」を理解する必要があるのかをまとめていきたいと思います。

 

※学校の対応に不満があった時の対応についてまとめた記事を紹介していますので一度読んでみてください!

「いじめはない!」と言われたらまずは確認!!弁護士が教師になって分かった学校の裏側について

 

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

 

いじめに遭ったときに学校の役割と責任を知っておいた方が良い理由とは??

よくネットやニュースで学校の対応が悪いとか隠蔽だとか流れていますよね。

 

こういう風に言われてしまうと「学校」=「役に立たない」と思ってしまうでしょう。

事実隠蔽など「なかった事」にしようとする学校もあった事は過去の判例で残念ながら明らかとなっています。

 

さらに、学校の管理体制が悪いせいで比較的にそこまで問題が悪化していなかった事例が裁判沙汰になったり自殺にまで追い込まれた実例が存在しています。

 

 

このサイトでは「公の場(裁判)」にて事実を公表したり責任を追及した経緯をまとめていますが、普通であれば裁判を起こすのは非常に労力(精神的な面)が掛かり家族全体が疲弊してしまうリスクが存在しています。

 

家族仲がギクシャクしてしまい、最悪崩壊してしまうケースもいじめに限らず起きているのが現状です。

 

実際にこの問題を「白黒」つけるなら「裁判」が一番良いと思います。

判例として未来に残るし、何より第三者の立場でこの問題にジャッチをつけてくれますから「加害者側の責任」が明確になり文句も言えなくなります。

 

 

しかし裁判を起こしたとしても、このまま裁判でケリを付けても本当にそれで解決できるのかは裁判をやってみないと分からないのです。

 

要するに、裁判は問題「そのもの」を解決してくれる訳ではなく「勝ち」か「負け」しか見てくれないからです。

 

もしここで私たち保護者が「いじめに対する学校の役割や責任について」しっかりと知識を得ていたのであれば、それに即した話し合いも可能になり「裁判」へ進まずとも早期に解決をする事も出来ます。(加害生徒に対する処罰については別ですが)

 

事実私たちの場合も学校と争う事無くいじめの情報について公表して頂く事が出来ましたし、裁判で学校の責任については訴訟を起こしていません。

 

 

このように「裁判」は公正で法的拘束力がある反面、デメリットも含んでいますので実際に裁判を起こすのか別の道を探るのかを家族全員で相談する事が必須になると私は考えています。

 

本当に我が子が普通の生活へ戻る為に出来るだけ「学校の責任や役割」を私たち自身が把握し、事例によっては「裁判」よりも我が子の気持ちに沿った方法をとる事も必要になりますので今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

 

 

いじめが遭った時、学校の役割にはどんなものがあるのか!?

学校でいじめが遭った時に学校の役割にはどんなものがあるのかを、この段落でまとめて行きたいと思います。

 

2013年(平成25年)には「学校の責任・役割」を明確に表した法律が施行され、『いじめ防止対策推進法』通称「いじめ防止法」)と言うものが出来ました。

 

知っている人は多いと思いますが、内容を簡単にまとめると、

 

・いじめの定義

・国の役割と責任

・地方公共団体(例えば都道府県や市町村)の役割と責任

・学校の設置者(地方公共団体や学校法人など)と学校と教師の役割と責任

・保護者の役割と責任

・いじめが起きたときの対応や連絡体系

 

など大きく分けると6つに分かれます。

細かく見てみるともっと分かれますが、この6つを把握出来れば大丈夫でしょう。

 

 

この法律が制定された事でいじめ問題に対する各々の役割や責任が明確になり、前よりも被害者の心情に立って解決までの道のりを作る事が出来るようになってきています。

 

ではさっそく、「この問題に対する学校の設置者、学校、教師の役割と責任」の所を詳しく見ていきましょう!!

 

 

 

学校の役割と責任その1 「いじめの調査」をする

当り前かも知れませんが、学校でいじめがあった時「いじめの調査」を行う事になっています。

 

・いじめがあったのか

・加害者は誰なのか、何人いるのか

・被害者の状況

・クラスの状況(みんなが知っているくらいのレベルで日常いじめが行われてるのか)

・どういういじめなのか(暴力、仲間はずれなど)

 

以上の項目をクラスのみんなにアンケート取ったり、何人か任意で話を聞いたり事細かに実態を調査していきます。

それと同時にいじめがあったなら「学校の設置者(主に地方公共団体や学校法人)」に連絡を行うようになっています。

 

 

さらに深刻なものであれば第三者を招いて対策委員会を作り、いじめの資料から個々人の話し合いまでさらに細かく見ていくことになります。

 

この深刻な状況を「重大事態」と呼び、特別に調査や審議が行われるようになっています。

 

※「重大事態」の内容や定義についてまとめた記事はコチラになります。

従来のいじめ解決策はダメ!!いじめ問題を年内に解決させる方法

 

そして、実際にいじめがあったとなった場合には子供の心のケアをしつつ(専門家によるカウンセリング)その保護者にも必要な助言や事実に関する情報提供を継続して行う事とされています。

 

 

参考にまで、いじめ防止対策推進法の条文を載せておきます!!

2 学校は、前項の規定による通報を受けたときその他当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、速やかに、当該児童等に係るいじめの事実の有無の確認を行うための措置を講ずるとともに、その結果を当該学校の設置者に報告するものとする。

3 学校は、前項の規定による事実の確認によりいじめがあったことが確認された場合には、いじめをやめさせ、及びその再発を防止するため、当該学校の複数の教職員によって、心理、福祉等に関する専門的な知識を有する者の協力を得つつ、いじめを受けた児童等又はその保護者に対する支援及びいじめを行った児童等に対する指導又はその保護者に対する助言を継続的に行うものとする。

 

引用元:いじめ防止対策推進法より

 

 

 

学校の役割と責任その2 子供の学習を行う環境を整える事

実際にいじめが起きて子供の何が被害を受けているのかと言うと、被害者の子の「学習する権利」が侵害されている事です。

 

確かにいじめを受けてしまった事による精神的なダメージは大きいですし、何よりも先にそのダメージを修復する必要があると私は考えています。

 

迅速に子供のケアを進めるに当たって学校のポジションは非常に重要だと思います。

 

しかし、その影に隠れて「学習を行う環境」を失われている事を忘れてはなりません。

 

 

精神的なダメージはすぐには治らず時間が掛かります。

実際いじめを受けてしまった私の子供はいじめが落ち着いてから1年以上経ちますが、今でも人が大勢いるところでは周りを気にしながら歩いています。

 

加害者が仕返しにくるかもしれない恐怖が今でも心に残っているのでしょう。

 

側に私たちや友達が居れば大丈夫と本人は言っていますが、1人で行動するのにはまだ時間が掛かりそうです...。

 

 

このように被害者の精神面の回復には非常に時間が掛かりますが「学習を行う環境」を整える事は期限があります。

 

特に高校生になれば成績や出席の度合いによって最悪留年してしまう事も考えられます。

またこれから受験に備えなければならない事も考え無ければなりません。

 

悪いのは私たちで無いのにも関わらず、時間に必要以上に負われてしまう場合があります。

 

 

学歴社会については私は否定派ですが、世の中はそうも行きません。

何より子供の可能性が学習する環境を整えるかそうでないかで狭まる場合があります。

 

不登校が続いて学校になかなか行けずにいる場合、もしかするとその子の才能が学習する環境を整える事で花開くかもしれませんし「勉強する事の楽しさ」が芽生えるかも知れません。

 

いじめは子供の将来の可能性をも奪ってしまいます。

 

 

学校の役割として「学習を行う環境」を整える事を書きましたが、具体的にどんな事が出来るのかというと、

 

・別室にて授業を受ける(個別に先生についてもらう)

・スクールカウンセラーにカウンセリングを受ける

・クラス替えの時に加害者生徒と被らないように決める

・みんなと登校の時間に被らないように時間をずらす

 

があり、この内容は実際に私たちの子供に学校がしてくれた事です。

 

 

してくれる内容はその学校によって違ってきますが、学校の役割として子供の「学習を行う環境」を整える事は重要な役割ですし、責任も大きいですので子供の心のケアと同じくらい大切なことになります。

 

 

コチラも参考までにいじめ防止対策推進法の条文を載せておきます!!

4 学校は、前項の場合において必要があると認めるときは、いじめを行った児童等についていじめを受けた児童等が使用する教室以外の場所において学習を行わせる等いじめを受けた児童等その他の児童等が安心して教育を受けられるようにするために必要な措置を講ずるものとする。

 

引用元:いじめ防止対策推進法より

 

 

 

学校の役割と責任その3 いじめ事実の情報共有

我が子に何が起きたのか、何をされたのかは親として一番気がかりなことだと思います。

いじめられたと知ってしまった時には何も考えられない状態になるでしょう。

 

本当に酷いいじめがあったりそのいじめが犯罪行為に繋がっている様であるならば、しっかりと警察に通報する為にいじめの情報を学校と共有していく事が大事になります。

 

 

先ほどの「学校の役割と責任その1 いじめの調査をする」のところと重なる部分がありますが、「いつ」「何処で」「誰に」「何を」をしっかりとまとめて2度と自分の子供にこのようなことが起きないように学校と連携する必要があるのです。

 

 

時には裁判も必要になるでしょう。

その時にだって学校と連携して得た情報が非常に役に立ちます。

学校との話し合いでいじめを調べるには時間が掛かりますし、時間が掛かれば掛かるほどいじめの事実は記憶から薄れていきます。

 

 

予めいじめの事実を学校とまとめて「形(書面)」に残しておけば、いつになってもハッキリとした情報が提示出来ます!

 

コチラも参考までにいじめ防止対策推進法の条文を載せておきます!!

5 学校は、当該学校の教職員が第三項の規定による支援又は指導若しくは助言を行うに当たっては、いじめを受けた児童等の保護者といじめを行った児童等の保護者との間で争いが起きることのないよう、いじめの事案に係る情報をこれらの保護者と共有するための措置その他の必要な措置を講ずるものとする。

 

引用元:いじめ防止対策推進法より

 

 

 

おまけ 学校「以外」の役割と責任

今までは学校の役割と責任についてまとめてきましたが、ここでは学校「以外」の役割と責任を見ていきます。

 

具体的に言うと「学校の設置者」です。

 

学校の設置者とは何かと言うと「実際に学校運営を維持している機関」の事を言います。

 

例えば、

「〇〇市立 ~学校」となっていれば、〇〇の部分(市町村とか)が設置者になります。

「○〇県立 ~学校」となっていれば、○〇の部分(都道府県とか)が設置者になります。

 

よく私立の学校である「〇〇学校法人~学園」となっている場合は〇〇学校法人が設置者になります。

 

 

いじめがあった場合、学校は役割の1つとして「学校の設置者」に報告を行う事になっています。さらに「学校の設置者」は自らの責任でいじめの調査も出来るのです。

 

簡単に言えば、もし学校が対応不足で思うように情報を共有してくれなかったり対応が遅れることがあるならば、学校の設置者の方でいじめ調査をする事が出来るということです。

 

いじめの事実の漏れがないように二段構えの調査になるわけです。

 

コチラも参考までにいじめ防止対策推進法の条文を載せます!!!

第二十四条 学校の設置者は、前条第二項の規定による報告を受けたときは、必要に応じ、その設置する学校に対し必要な支援を行い、若しくは必要な措置を講ずることを指示し、又は当該報告に係る事案について自ら必要な調査を行うものとする。

 

引用元:いじめ防止対策推進法より

 

 

 

いじめに遭った場合、学校の役割や責任にはどんなものがあるのか!? まとめ

今回はいじめ防止対策推進法と私たちの子供が実際にいじめを経験したことをベースに「学校の役割と責任」をキーワードにして記事を書きました。

 

学校の役割と責任を具体的に4つ(1つはおまけとして)を挙げました。

 

この役割と責任が明確になったのは「いじめ防止対策推進法」という「いじめの為の法律」が作られたからです。

 

・いじめの調査を行う事

・子供の学習を行う環境を整える事

・いじめの情報を共有する事

・学校の設置者との連携

 

学校の役割と責任を4つ細かく見ていきました。

 

 

子供のいじめを親同士だけで、または学校だけで解決しようとしても限界があります。

なぜならば「子供が望んでいる事と学校や親が思っている事」には大きな違いがあるからです。

 

その違いを理解しないまま裁判などで対応したりしても、本当の意味での問題解決は図れません。

 

子供の将来の為に、今一度学校の役割や責任を私たち保護者がしっかりと理解する必要があるのではないでしょうか。

 

弁護士でも教えてくれない私たちが我が子のいじめで学んだ「2年半」の知識を、このサイト記事を読んでくれているあなただけにコッソリとお教え致します!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

 

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました