中学校のいじめ事例

中学校のいじめ事例

痴漢冤罪事件と宮城県で起きたいじめ自殺事件でわかった共通点

今回の記事は2014年に起きた宮城県仙台市立館中学校のいじめ自殺宇事件についてまとめた記事となっています。今回の事件の内容と学校や教育委員会の対応をまとめ、最近話題となっている「痴漢冤罪事件」との関係性について調べて見ました。そこから今現在のいじめ問題の盲点を暴いた記事となっています。
中学校のいじめ事例

茨城県藤代南中学校のいじめから「重大事態の在り方」について考える

今回の記事は2015年に起きた茨城県取手市立藤代中学校いじめ自殺事件の内容をまとめた記事となっています。今回の事件で自殺した生徒が日常受けていたいじめの内容から学校の対応をまとめ、いじめの重大事態についてまとめた記事となっています。
中学校のいじめ事例

生徒の悪口が命を奪ういじめに 新潟県新発田市で起きた自殺事件

今回の記事は2017年に起きた新潟県新発田市の中学校で起きたいじめ自殺事件をまとめた内容になっています。今回自殺した生徒が受けていたいじめの内容から、学校が事実を認めなかった事についてやこれから私たち「親の立場」が考え無ければいけない事などをまとめた記事になっています。
中学校のいじめ事例

事件から20年以上経って「大河内君いじめ自殺事件」を振り返って

今回の記事は1994年に起きた愛知県西尾市のいじめ自殺事件を基に書いています。当時中学校2年生だった大河内君が受けた被害の内容から学校の対応、そしてこれから私たち「親」の世代でどうしていくべきかをまとめた内容になっています。
中学校のいじめ事例

自殺の原因はなんと教師!!筑前町立三輪中学校 いじめの内容

今回の記事は2006年に起きた福岡県筑前町立三輪中学校で起きた自殺事件を題材に、教師がいじめに荷担していた事についてまとめた記事になっています。当時の生徒が受けていたいじめの内容から教師の発言した事などをまとめ、これからのいじめ問題について実際の経験を交えた内容になっています。
中学校のいじめ事例

【いじめ裁判】真実は何処まで公開してくれるのか争われたケース

今回紹介する記事は「いじめ 裁判」をキーワードに平成8年に起きた福岡県城島町立城島中学校の自殺事件の内容となります。今回のタイトルにあるように「事実の公表」は何処までしてくれるのかをテーマに事件の内容や学校の対応、裁判で争点となった内容などをまとめています。
中学校のいじめ事例

【いじめ裁判】神戸市で起きた恐喝事件の内容と学校の対応

今回の記事は「いじめ 裁判」をキーワードに、平成11年に起きた神戸市の中学校いじめ事件を詳しく特集した記事となっています。事件の内容から学校の対応や裁判で争われた内容などをまとめて、学校と被害生徒家族が問題とどう向き合ってきたのかを詳しく書いた内容となっています。
中学校のいじめ事例

【いじめ裁判】「うつ」になった事を裁判で認めさせるには

今回の記事では「いじめ 裁判」をキーワードに、平成11年に起きた栃木県鹿沼市の中学校いじめ自殺事件をまとめた記事となっています。この事件で「うつ」となってしまった生徒が自殺をしてしまいますが、「いじめ」と「うつ」と「自殺」について因果関係を認めさせることが出来るのか詳しくまとめています。
中学校のいじめ事例

いじめ裁判事例 統合失調症といじめの関連性を認めたケース

今回の内容は「いじめ 裁判」をキーワードを元に平成14年に起きた「広島県の中学校のいじめ裁判」を紹介します。この判例の最大の特徴は「統合失調症」と「いじめ」との関連性を認めた点で、いじめ裁判を語る上で外せない「安全配慮義務」や「監護義務」についても詳しくまとめた内容となっています。
中学校のいじめ事例

いじめで転校しても裁判で費用を「1円」も取り戻せなかった理由

今回の記事は「転校」をキーワードに「転校した費用を取り戻すことが出来なかったケース」をまとめた内容となっています。何故いじめを受けて転校したのに加害者側の有利な判決となったのかをベースに、今後のいじめ対策に必要なポイント「冷静さ」や保護者の義務「監護義務違反」などを詳しくまとめた内容となっています。
タイトルとURLをコピーしました