不登校の中学生が勉強法で「オンライン学習のすらら」を必ず選ぶ理由

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

いつも「いじめ-ラボ」を見てくれて本当にありがとうございます!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

今回の記事は「中学生 不登校」をキーワードに、不登校の中学生が必ずと言って良いほどオンライン学習を勉強法として選ぶ理由についてまとめた内容になります。

 

今回は不登校になった中学生の勉強法にターゲットを絞った内容になりますが、いじめを受けてしまうとほとんどの場合不登校になってしまうと思います。

「学校に行きたい!!」

「友達と会いたい!!」

「部活したい!!」

中学校でやるべき事が沢山あるのに「いじめ」のせいで不登校になってしまい、さらに勉強まで遅れてなかなか復学出来ないケースが非常に多くなってきています。

このように、一度不登校になってしまうと復帰するチャンスがほとんど無く、その先の「高校」や「大学」「社会人」になっても中学校の不登校が後を引いてしまうのが現状です。

世の中勉強だけが全てではないと誰かが言っていますが、現実は「勉強(学力)」でほとんど決まってしまいます...。

 

そこで、今回の記事では不登校の中学生の勉強法として最近注目を集めている「オンライン学習のすらら」を特集し、

  • 何故、不登校の中学生の勉強法として「オンライン学習のすらら」が選ばれているのか
  • 「オンライン学習のすらら」にしかない不登校の中学生に魅力的なポイント
  • 実際に「オンライン学習のすらら」を使って勉強してみた不登校の中学生がその後どうなったのか

をまとめて行きたいと思います。


※「オンライン学習のすらら」の資料請求『資料請求はコチラ』
※「オンライン学習のすらら」の無料体験学習『無料体験学習申し込みページ』

 

※「いじめ-ラボ」では私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

不登校の中学生に必要な事は「復学」よりも「学習・勉強の機会の確保」である!!

不登校に対する価値観や考え方について肯定的な意見があれば否定的な意見もありますが、実際には不登校をどんなに容認しても勉強の成績が今後の人生を決めてしまう事がほとんどです。

どんなにその子の人柄が素晴らしくても成績が悪ければ「勉強が出来ない子(負け組)」と見られてしまうし、逆にどんなに性格が悪くても成績が良ければ多少の不祥事も無かった事になる時があります。

さらに、一度不登校になってしまうと「登校するキッカケ」を掴む事が難しく、復学するチャンス自体がない事も不登校の問題点ともいえます。

今の時代、真面目に目的を持って頑張っている子が「正当な評価」を受ける事が無く「生きる気力」が失われてしまう時代とも言えるでしょう...。

 

いじめが酷くなる中学生になると不登校の件数も多くなって、ますます勉強の成績でその子のステータスが決まってしまいます。

さらに中学生は高校受験も控えているので、尚一層「学習(勉強)する機会の確保」に力を入れなければなりません。

不登校になってしまった場合、「学校に復学する事」よりも「不登校を踏まえてこれからの勉強法を考え直す事」が一番必要なのではないでしょうか。

 

不登校の中学生の勉強法で一番の問題は「自分自身」である

先ほどの段落では、不登校の子(特に中学生)に必要な事は「学習(勉強)する機会の確保」とまとめてきました。

しかし、家に居ながら自分自身で勉強の計画を立てて実行する事(自分に合った勉強法を見つける事)は非常に難しく、ゲームやスマホで遊ぶ事に気を取られて思うように勉強がはかどらない事がほとんどだと思います。

どんなに有名な学習塾で出している教材や有名な講師がオススメする勉強法だったとしても「その子自身」が実行できる内容でなければ意味がありません。

教材によっては高額になるケースもありますので、保護者も結果が思うように出ない教材を子どもにやらせる余裕が無いので長続きしないのが現状です。

 

そんな中、「オンライン学習」が注目を浴びているのを知っていましたか!?

しかも「オンライン学習のすらら」という教材を不登校の中学生の勉強法に選んでいる親が急増しています。

オンライン学習というくらいなのでインターネットを使った勉強法なんだと推測する事はできるのですが、不登校の子(しかも中学生)に好んで選ばれている理由は何なのか!?

今回は簡単に表形式に「オンライン学習のすらら」の詳細をまとめてみました。

「オンライン学習のすらら」の詳細
運営会社株式会社 すららネット
必要な物PC・タブレット
学習形態ドリル形式
特徴学年関係無しで勉強出来る
オススメ出席認定を認めた事例あり

 

「オンライン学習のすらら」を運営している株式会社すららネットは平成20年(2008年)に設立した比較的新しい会社です。

前に「ITTO個別指導学院」を支援していた事もある「Eラーニングによる教育支援」をメインに活動している会社です。

さらに2012年には「日本Eラーニング大賞 文部科学大臣賞」を受賞し、日本の「Eラーニング」の基礎を作った会社でもあります。

 

「オンライン学習」という事もあり、オンライン(インターネット)での授業になるので不登校でも授業が成立するのはもちろん、周りの目を気にせず「自分のリズム」で出来る勉強法である事が一番のメリットになります。

「オンライン学習のすらら」では、不登校の子(その保護者)に対して「すららコーチ」という専任のコーチが付いてくれて、その子にあった最適なカリキュラムを相談しながら決めていくシステムになっています。(その後はカリキュラムに沿ってオンライン学習をしていく流れ)

さらに保護者も子どもの勉強法について詳しく知ることができ、

  • 勉強の進み具合
  • 苦手分野
  • 得意分野
  • 不登校というナイーブな問題にどう対応していけば良いのか

を「すららコーチ」に相談出来るシステムになっています。

中学生になるとすぐに「高校受験」がやってきますので、自分がしている勉強法が本当に自分に合っているのかを誰かに相談しながら調整していけるのは非常に魅力的だと思います。

 

さらには「オンライン学習のすらら」が目指す教育が

学力や所得、環境などの要因に影響を受けない教育・学習機会を届ける事

を第一としていますので不登校になってしまった子ども達だけに限らず、自分の力で対応出来ない子ども達の目線で教材を作っていると言えます。

中学生は「高校受験」を控えているし、受験に失敗してしまうと「取り返しの付かない状況」になってしまいます。

いじめなどによって学習(勉強)する機会を奪われてしまった中学生にとって「オンライン学習のすらら」はオンライン学習の中でも最適な教材(勉強法)とも言えるでしょう。

 

不登校の中学生に「オンライン学習 すらら」を使った勉強法をここまで薦める訳とは

不登校の中学生に最も適した勉強法は「オンライン学習」であり、その中でも「オンライン学習のすらら」が最適な教材だと説明してきました。

家で1人でも出来る勉強法だからオススメしている訳ではなく、みんながしている勉強法だからオススメしている訳でもありません。

不登校の子(特に高校受験を目の前に控えている中学生)に最適な勉強法であり、実際にこのオンライン学習で成果を挙げているからみんなに支持されています。

そこで、この段落では「オンライン学習のすらら」が不登校の中学生に支持されている勉強法だという理由を集めてみました。

 

無学年方式 全ての学年の受業内容を好きなだけできる勉強法

「オンライン学習のすらら」では「無学年方式」が取られていて、小学生から高校生までの授業内容を好きなだけ勉強する事が出来るようになっています。

不登校になった子にとって「学校に行けなかった時期の勉強内容」を自分の好きな時間にまとめて勉強出来るので「勉強遅れ」の対策も兼ねて学習する事が出来るでしょう。

 

また、中学生の勉強内容は小学校の時と比べると難しくなり勉強嫌いが進んでしまう事もあります。

そんな時に1つ前の学年に戻って勉強し直す事も可能なので受験対策としても「オンライン学習のすらら」はオススメの教材(勉強法)でもあります。

特に「数学」や「英語」は苦手な中学生が多いので弱点克服の教材として役に立つハズ。

二次関数や証明問題、関係代名詞や過去形や現在進行形など難しい問題が中学生でドンドン出てきますので、不登校で思うように授業を受ける事が出来なかった子にとって「オンライン学習」でポイントを押えて学習出来る勉強法は「すらら」だけでしょう。

 

何度やっても出来ない問題はレベルを自動的に下げて内容も変えて出題してくれる

家庭教師や塾、紙媒体の教材(問題集)など問題のレベルによって解説が難しくなっていて、なぜ答えがそうなるのかが分からない教材は意外と多いです。

勉強を進めていく内に「問題を解く過程」よりも「問題の答え」を重視して応用が利かなくなるケースが増えており、不登校の子が勉強していく場合には「適切な勉強法」で行わなければなりません。

 

「オンライン学習のすらら」では問題を間違ってしまった時に自動で問題の難易度を下げてくれるシステムがあり、

  • どこで間違ったのか
  • 何が間違いなのか
  • どうして間違いを選んだのか
  • どうやれば間違えないのか

自分で確認しながら勉強を進めていくことが出来る様になっています。

 

オンライン学習のすららを使って勉強している子の約8割が3ヶ月以上継続して勉強している

冒頭でもまとめた様に、「オンライン学習のすらら」の勉強法は個別に子どもの特徴をまとめて「自分にあったレベルでの勉強法」を作って行くものなので、オンリーワンの教材になります。

数値はあくまでも「発達障がいの生徒の継続率」になりますが、

  • 勉強に集中出来ない
  • 平行して物事を考えるのが苦手(特に数学に必要なスキル)
  • 仮説を立てるのが苦手(特に数学に必要なスキル)
  • 納得出来るまで前に進めない(特に英語で見られる問題)
  • 文字を見るだけの教材で勉強が続かない(勉強が苦手の子は大抵苦手)

など、ほとんどの子に見られる傾向に対して「分かりやすく、アニメーション(映像)での勉強法」の「すらら」で継続している子は非常に多いことが判明しています。

さらに、大手の出版会社で出している問題集だと「進学校のレベル」に沿って問題を作る所がほとんど(過去問集が最たる例)なので、「子どもが何が得意で苦手か」をベースに作ってはいません。

「教材の方が子どもに合わせてくれる教材」と言う事で「オンライン学習のすらら」は不登校で勉強が遅れ気味の子に対して効果的な勉強法だと思います。

 

不登校になってしまった中学生に対して「出席認定」を認めた事例あり

特にあなたと同じ様に不登校の中学生を持つ保護者に読んで貰いたい部分なのですが、「すらら」に限らず「オンライン学習」などIT学習を活用し不登校の中学生でも「出席認定」を認める制度(100%ではありませんが)があるのを知っていましたか??

不登校の問題点は「不登校からの復帰を支援する制度の少なさ」をはじめ、自分の力ではどうしようもないものまで多岐にわたります。

その解決策として「出席認定」の制度を「すらら」では取り上げており、実際に「出席認定を受けた事例」も「すらら HP」にアップしてありますよ。

せっかく自宅で一生懸命勉強していたとしても「内申点」が悪くなって進学を諦めるとなったら元も子もありませんので、「オンライン学習教材(すらら)で出席認定を受けれた事例」は非常に参考になるハズです!

※実際に出席認定が認められた事例を紹介!!

中学生で「オンライン学習のすらら」を使って「出席認定」が認められた事例

出典元:「オンライン学習教材すらら 公式ページ」より

 

不登校の中学生をはじめとする「オンライン学習のすらら」を使ってみた子達の感想をまとめてみた

いままで「オンライン学習のすらら」を使った勉強法を不登校の子(特に中学生の子)に選ばれている理由についてまとめてきましたが、実際にこの教材を使ってみての感想はどんなものが多いのか気になると思います。

どんなにメリットを目の前に並べてみても「実際に使ってみた感想」には勝てないでしょう。

そこで「オンライン学習のすらら」は「資料請求」と「無料体験学習」を実施していますので、実際にやってみるのも1つだと思いますよ!


※「オンライン学習のすらら」の資料請求『資料請求はコチラ』
※「オンライン学習のすらら」の無料体験学習『無料体験学習申し込みページ』

 

内容、ボリューム、カリキュラムなどを総合して「不登校の中学生の勉強法」としてオススメ出来るのか??

不登校になってしまうと先ほどまとめた様に「勉強遅れ」になって「どこから勉強をし直せば良いのか分からなくなる事」が非常に多いです。

特に高校受験を控えている中学生の場合は勉強し直すのにも時間が足りず、志望した高校を諦める事も多いのではないでしょうか??

 

今回、「オンライン学習のすらら」の教材の内容についての評判をまとめてみたところ、

  • 学校に教科書に沿って問題が作られている
  • 自分の好きな時間に集中して勉強出来る
  • 他の教材と比べると「難易度」が低く設定されている
  • 小さいステップをクリアする事で自信に繋がる
  • 問題を間違えると、違う問題で出題される
  • 解説がわかりやすい

と言った評価が多く、中学生の勉強で基本が出来上がっていない場合の基礎固めに最適な教材(勉強法)だと言う事が判明しました。

 

だた、逆にある程度自分で勉強が出来る(計画的だったり、元の学力が高い)場合には「少し物足りない教材」とも言える事も判明しています。

もし物足りないと感じたり、常にテストの点が90点以上をキープする様な学力があるのであれば他の教材の方が学力向上を期待できるかもしれません。

さらに「オンライン学習のすらら」で扱っている教科は「国語、数学(算数)、英語」の3教科のみなので、残りのメインの教科(理科、社会)は他の教材で補う必要があります。

 

なので、不登校の子でも特に不登校の期間が長く基礎を学ぶ機会が無かった子(特に中学生)の対策として最適な教材(勉強法)と言えると思います。

 

※「オンライン学習のすらら」の資料請求『資料請求はコチラ』
※「オンライン学習のすらら」の無料体験学習『無料体験学習申し込みページ』

 

「すららコーチ」を始めとする講師の評判について

ここでは「すららコーチ」の評判についてまとめて行きたいと思います。

「すららコーチ」とは現役の塾の講師が行っている専任の講師で、不登校の子を指導した経験がある講師や発達障がいの子を指導した経験がある講師など多岐に渡ります。

不登校になった生徒にはいじめが原因だったり勉強嫌いや人間不信だったりと原因が様々あるため、指導方法や接し方が非常に難しいケースが多いですよね。

そんな時に「不登校や発達障がいの子を指導した経験」のある講師の方に相談出来るのは非常に心強いハズです。

 

実際に「すららコーチ」に寄せられた評判として

  • 分からない問題を丁寧に教えてくれる
  • 定期的に勉強の仕方や今の現状について相談に乗ってくれる
  • 納得の行くまで付き合ってくれる
  • コーチに依って方法が違う時があるけれど、基本ゆっくりで丁寧
  • 保護者の相談も受け付けてくれる(丁寧だった)

と言った様に不登校の子だけでなく、その保護者に対するサポートもしてくれるので「すららコーチ」は他の教材にはない魅力を持っていると言えるのではないでしょうか。

 

実際に中学生で不登校になった時の「子どもとの接し方」は非常に難しく、「自分の子どもの事は自分で何とかしなければならない」と思う事もあり誰にも相談出来ずに1人悩む事が多いと思います。

先ほど説明したように「不登校」にはいじめや人間不信など様々な原因があり、一概に解決法と言ったマニュアルはありません。

気軽に誰かに相談出来るシステムがある「オンライン学習のすらら」は「心のケア」という面でもオススメの教材と言えるでしょう。

 

「オンライン学習のすらら」の費用に対する声について

ここでは「オンライン学習のすらら」の費用についてまとめて行きたいと思います。

実際に受講料をまとめて見ると次の通りになり、

入会金10,000円(新規入会時のみ必要)
月額料金小・中コース《4ヶ月コース》7,480円(小学1年から中学3年までの内容)
中・高コース《4ヶ月コース》7,480円(中学1年から高校3年までの内容)
小・中コース 8,000円(小学1年から中学3年までの内容)
中・高コース 8,000円(中学1年から高校3年までの内容)
小・中・高コース 10,000円(小学1年から高校3年までの内容)
支払方法クレジットカード決済(VISA、MasterCard、Nicos、Diners、JCB、AMEX)

※金額は全て税抜の価格です。
※初月のみ「入会金」+「月額料金×2ヶ月分」になります。
※初月の受講料(月額料金)は日割り計算になります。

 正直言って「高い」と思います。

ただ、前にまとめた内容(自宅で学習できる勉強法、不登校でも出席認定を認めた事例、専任の講付き)を含めると、普通に塾に通わせるよりも安くなると個人的には考えています。

さらに他の教材だと「子ども」の方が「教材」に合わせる感じが多いですが、今回の「オンライン学習のすらら」だと「教材」が「子ども」に合わせる感じになりますので基礎学力が定着しやすいと言えるでしょう。

 

また、不登校の中学生の場合は「教材選び」に失敗してしまうと時間のロスが命取りにもなりかねません。

一度詳しく教材の内容を確かめる為に「資料請求」や「無料体験学習」をしてみるのも1つだと思います。

 

※「オンライン学習のすらら」の資料請求『資料請求はコチラ』
※「オンライン学習のすらら」の無料体験学習『無料体験学習申し込みページ』

 

まとめ 不登校の中学生の勉強法として最適な教材は「オンライン学習のすらら」である!

※「オンライン学習のすらら」の資料請求『資料請求はコチラ』
※「オンライン学習のすらら」の無料体験学習『無料体験学習申し込みページ』
※「オンライン学習のすらら」の受講申し込み『すらら受講申し込みページ』

 

今回の記事は「不登校の中学生の勉強法」についてまとめた内容になっていますが、中学生に限らず不登校の子に一番必要な事は「学習(勉強)する機会の確保」をいかに徹底するかだと私は考えています。

いじめや人間関係など様々な問題が原因で不登校になってしまう現代、一律に解決出来る方法はほとんど無いと言って良いでしょう。

さらに不登校の原因を解決したとしても「失った時間」は戻ってくる事はなく、自分で取り戻すしか方法がありません(勉強遅れなど)。

不登校の子に対するサポートが足りていないとも言えるでしょう...。

 

そんな中、自宅でオンライン学習ができる教材「すらら」を紹介してきました。

この教材は不登校でも「出席認定」を受けた事例もある教材で、特に中学生にとって魅力的な教材だと言えると思います。

教材の内容は基本的なもので少し物足りなさを感じるかも知れませんが、中学生で成績の低い子の特徴は「基礎をおろそかにしてきた事」であり、逆に学習(勉強)の機会の確保が出来なかったとしても「基礎」をしっかりと習得すれば勉強遅れも直ぐに乗り越える事が出来るハズです。

 

主な「オンライン学習のすらら」のオススメポイントは以下の通りで、

  • すららコーチによる「個別カリキュラム」で自分に合った勉強法
  • 無学年方式で全ての学年の内容を好きなだけ学べる勉強法である
  • 問題の方が「自分に合ったレベル」まで合わせてくれる
  • 飽きずに取り組めるシステム(すららを使っている子の約8割以上が3ヶ月以上続けている)
  • 不登校でも「出席認定」を認めた事例あり

不登校になってしまった子(特に中学生)のサポートとして優秀な教材(勉強法)だと言えるでしょう。

 

最後に「いじめ-ラボ」ではいじめを受けてしまって、これからどうしていけば良いのか分からないご家族の為に「自分たちの経験」を記事にして情報発信をしています。

その中で、今現在いじめを受けてしまった側がやむを得ず「別室学習」や「自宅学習」をしなければなりません。

 

悔しいですが現実として当分の間はこの状態が続いてしまうと思います。

 

それでも「子どもの可能性」を見失わない様に「自宅学習でも出席認定を認められる教材」で個別にサポートしていく方法を選ばなければならないでしょう。

今回の記事が少しでも被害を受けた子の支えになれば幸いです。

最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました