自衛官までもいじめ被害に!?たちかぜ自衛官自殺事件の内容

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんにちは!!

いじめ-ラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回の記事は「自殺」をテーマに自衛隊であったいじめ事件を書いていきたいと思います。

 

今回のテーマの基になる事件は2004年に起きた「たちかぜ自衛官いじめ自殺事件」の内容をまとめた記事となっています。

 

自殺してしまった自衛官が日常的に受けていたいじめから自衛隊の内部事情、判決に至るまで簡単にまとめてみました。

 

 

学校で起きた問題とは違うのですが、社会で起きた事件が結果的に「学校に投影される」今の現状を垣間見れる内容となっていますので参考になるハズです。

 

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

※いじめ問題と過去の裁判や判例についてまとめた記事はコチラ!!

裁判に関する記事 一覧

我が子の被害を基にまとめた記事 一覧

 

 

 

護衛艦たちかぜで起った事件の内容

今回の「護衛艦たちかぜ」で起った自殺事件の内容をまとめていきたいと思います。

 

被害を受けた男性は日常的に、

・日常的に暴力(ビンタ、蹴りなど)

・アダルトCD70枚を数十万で売りつける

・ガスガンで撃つ

 

と言った卑劣極まりない行為をしていた事が後の裁判で明らかになっています。

 

 

ガスガンで撃たれた痛みは市販の状態でもアザが出来る位の痛みで、中には改造版としてカスタムされたものもありスチール缶を貫通するくらいの威力を持っているガスガンもあります。

 

日本では「銃砲刀法剣類所持等取締法」でガスガン(エアガンも)は規制されてはいますが、違法に改造しているヤツもいる模様。

 

 

ちなみにガスガン(市販)を人に向けて撃つ場合、どれ位の威力になるのか動画で説明があったので紹介させて頂きます。

 

コチラで紹介している様に、ステンレス製の灰皿がボコボコになるくらいの威力なので人に当てたらどうなるかは子供でも分かるハズです。

 

こんな事を日常的に行われていたとなると、この自衛官は「奴隷」の様な毎日を過ごしていた事になるでしょう。

 

 

私たちが普段ニュースで見ている姿は震災や天災で大活躍の「自衛官」の姿。

 

 

私も東日本大震災で非常にお世話になりました。

自衛官の中でも震災している方がいるハズなのに

 

 

あくまでも災害救助の場面で活躍する自衛隊の姿ですが、今回の護衛艦たちかぜの事件は「氷山の一角」と言われておりこれ以上の残酷な事件や問題が自衛隊には眠っていると言われています。

 

自衛隊は「上下関係」が厳しく(どの社会の場面でも厳しい所はあると思いますが)先輩の言う事には絶対服従と言った風習が「見て見ぬふり」でこの記事を書いているこの時間も理不尽な命令が行われています。

 

 

またアダルトCD70枚を数十万で強制的に売られ(単純計算で総額700万以上)、それを拒むと暴力が始まり他の隊員に相談する事が出来ず(相談したら他の隊員も犠牲になる)自殺を選んでしまったと推測されます。

 

事実、自殺した隊員は遺書を残しており「ある隊員(上司にあたる)」を名指しで書いていて、これを証拠に遺族は加害者と国を相手取り損害賠償と加害者宛には刑事訴訟を起こしました。

 

 

自殺の多い職業として名高い「自衛隊」。

 

この事件を受けて自衛隊引いては国はどのような対応をしたのでしょうか!?

 

 

 

事件が明るみになってからの自衛隊の対応

この事件を受けて自衛隊をはじめ国はどのような対応をしたのか!?

 

結論から言うと「学校のいじめ」の様に隠蔽に走ります。

 

 

まずはじめに隊内でアンケート調査をとってその結果を集計、その後遺族側から結果を公開するように要求されるのですがこれを拒否。

 

理由は「アンケート結果を破棄」したから。(実際にはアンケートは破棄されていない)

 

 

余程酷い内容が書かれていたのか、今回訴えられた隊員の他に「いじめ」が隊内で蔓延していて収拾が付かない状態だったのかも知れません。

 

さらに当事者の事情聴取を記録した書類も残っているのにも関わらず「存在しない」と主張し、裁判などの対応を大幅に送らせる結果となりました。

 

これらの事実は内部告発で明らかになったのですがこの告発をしたのが三佐(詳しくはありませんが大体部長クラスの地位)で、後に内部告発した仕返しに不当な人事を受けている事も噂されています。

 

隠蔽に関わっていたのは主に上層部で海上幕僚長(海軍のトップ)を始め複数の上層部が意図的に関与した事が明らかになり全員処分の対象になったとの事。

 

 

 

裁判ではどのように判断されたのか

この段落では今回の護衛艦たちかぜの自殺事件を裁判ではどのように判断されたのかを調べていきたいと思います。

 

今回の裁判では遺族側が国を加害者を相手取り損害賠償金約1億3000万円を提示しています。(民事裁判)

自殺した自衛隊員は自殺当初は21歳なので、これから生きて行く上で稼ぐ事が出来たであろう金額(平均)を考えるとかなりの額が損害賠償金として提示されたと思われます。

 

 

結果として確定した金額は損害賠償金約440万のみで即刻遺族側は提訴

 

 

高等裁判所での判決は事実認定を改め損害賠償金約7400万円と大幅に増額した内容となりましたが、提訴初期から見比べると「約半分」まで減額されています。

 

 

大人しかもこれから有望な成人が自殺に追い込まれたのにも関わらず提示金額の半分まで減額された理由は何なのか!?

 

今回の裁判で明らかにされた事は「いじめがあった事」は認めるが「いじめがあったから自殺に繋がった事」は認められないと言う事でした。

 

 

今回加害者が行った行為は「いじめ」と認定されたけれど、自殺する所までは認められないと言うことです。

 

今回の自殺には遺書が残っており、加害者からの日常的ないじめ(暴力)が書き綴っていたのにも関わらず...。

 

 

 

学校の自殺事件にも「自殺との因果関係」が認められない事が多く、自殺との因果関係を認めてもらうには「ある条件」を立証しなければなりません

 

 

いじめ問題で学校側を裁判で訴える場合に知らないと損するポイント』で詳しくまとめさせて頂いていますが、

・自殺を予見する事が出来たのか

・自殺を予見する事が困難であったのか

・自殺を予見出来なかった事に「故意・過失」が認められるのか

 

 

この3つの項目は学校の安全配慮義務について過失が認められるのかのポイントになるのですが、「自殺」についても同じ項目が問われます。

 

今回の事件では自殺といじめとの因果関係が認められなかった事で損害賠償金が大幅に減額されていますので、この事実関係が証明する事が出来なかったのか或いは隠蔽した結果なのではと考えています。

 

 

会社など社会で起きた事は学校とは違い、私たち親が関与する事はほとんど無い世界です。

かえって私たち親が関与する事で本人の名誉に影響するケースが大半です。

 

 

基本自分自身で問題解決をしなければならないので、こういったパワハラ系のいじめは学校の時に比べて解決する事が非常に難しくなってくるでしょう。

 

いじめがあったと本人からの申し出が無ければ会社側は事実が無かったと言えるし、情報は会社の中にあるから何とでも事実を加工出来るのが現実です。

 

海軍上層部が関係書類を存在しているのにも関わらず「破棄した」と言っている事がこの事実を証明していると言えるでしょう。

 

さらに自衛隊といった「国家機密に関わる職種」であればあるほど、「機密文書にて公開は控える」といった対策を相手側に取られてしまうでしょう。

 

 

今回の事例では内部告発があったため、自殺の原因を突き止める事が出来ました。

少しでも「隠蔽する事を悪」と考えてくれる上層部の方がいた事がせめてもの救いだったと思われます。

 

 

 

そして遺族は民事訴訟だけで無く加害者を刑事裁判でも事実の内容について争っています。

 

遺書にあるとおり、「加害者のいじめ」によって最愛の息子を自殺に追い込まれたのだから当然の事ではありますが。

 

この刑事裁判では「ガスガンを始めとする被害者への暴力」と「アダルトCDを脅迫まがいで売りつけた事」について暴行罪と恐喝罪で懲役2年6ヶ月(執行猶予4年)の有罪判決を下しています。(参考文献:Wikipedia 護衛艦たちかぜ 暴行恐喝事件)

 

 

 

まとめ

今回の記事は「護衛艦たちかぜ」で起った自裁隊員の自殺事件をまとめたものとなっています。

 

当時21歳だった自衛隊員は心無いイジメによってその短い人生の幕を下ろさねばなりませんでした。

 

自殺した自衛隊員が受けていた被害の内容とは、

・日常的に暴力(ビンタ、蹴りなど)

・アダルトCD70枚を数十万で売りつける

・ガスガンで撃つ

 

といったおよそ一般人であれば「やってはいけない」と判断出来る内容を日常的に受けていた事が明らかになっています。

 

体を日常的に鍛えている自衛隊員であれば暴力といってもその破壊力は凄まじく、当たり所が悪ければ骨折や内臓系統にも損傷を受ける場合があるでしょう。

 

暴力が行き過ぎて相手を死亡させる事も珍しくありませんし、自衛隊であるのであれば「力の使い方」については日々の指導で徹底的に学んでいるハズです。

 

 

 

さらに今回の自殺事件で分かった事は上層部の対応が「今の日本の対応」を表していると言う事です。

社会でも「隠蔽工作」をするのであれば、学校でもそうするのは目に見えています。

 

内部からの告発があった事が解決のキッカケになり遺族側が望んだ「真実」を知る事が出来たのは不幸中の幸いなのかも知れません...。

 

 

 

事件の真実を表す情報が「国家機密」に関する事もあり、情報公開が出来ず真相解明に時間が掛かってしまった事も今回の事件の特徴として挙げられるでしょう。

 

学校であれば「教育の場」と「子供達への影響」が真相解明に時間が掛かってしまう原因と言えます。

 

「人1人の命」と「他の人間に対する影響」を天秤に掛けてしまう今の構造を何とか改善出来る社会になるように、私たち大人が「これから」を真剣に考える時が来ているのだと思います。

 

 

最期に裁判では加害者に対して懲役2年6ヶ月(刑事裁判)、加害者と国に対しては損害賠償金7400万円を支払うように命じる判決(民事裁判)となっています。

 

判決では子供の無念を晴らす事は出来ても、子供は帰ってくる事は2度とありません。

 

自衛隊での管理体制や隊員へのケアが行き届いていればこの自殺は防ぐ事が出来たのかも知れません。

 

今後の対応にこの事件を活かし、清廉潔白を示していく事が自衛隊のこれからの使命になるでしょう。

 

今回の様なイジメの事件をこれ以上増やさないように、「いじめ-ラボ」では我が子のイジメ発覚から裁判を起こした経験を元に「相談コーナー」を開設しました。

 

学校との話し合いの仕方やいじめを学校に認めて貰うにはどうすれば良いのかなど、具体的な方法についてお話をさせて貰っています。

 

もし我が子がいじめを受けていると知ってどうすれば良いのか、相談すれば良いのか分からず途方に暮れているのであれば一度「いじめ-ラボ」までお話を聞かせて貰えませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。
 

※参考文献 一覧

・Wikipedia 護衛艦たちかぜ 暴行恐喝事件

・ 日本経済新聞 アンケート隠蔽で34人処分 海自「たちかぜ」いじめ自殺

・NPJ 弁護士の訟廷日誌 護衛艦たちかぜ 自衛艦いじめ自殺事件

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました