いじめで自殺 自殺の前兆は発見する事が出来るのか!?

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめーラボ管理人の「はかせ」です。

 

今回の内容は「いじめと自殺」をキーワードにして自殺をえらぶキッカケや前兆は外からわかるものなのかについてまとめていきたいと思います。

 

 

今までのいじめによって「自殺」を選んできた子供はどれ位いるのでしょう...。

 

 

自殺でしか楽になれる方法が無いと思い込んでしまうほど、いじめは日々深刻化しています。学校という狭い価値観の中で子供達は何を考えて何に傷つき自殺を選んでしまうのか。

 

自殺を選んでしまった子供達のいじめには必ず何かしらの「いじめの前兆」や「サイン」、「自殺の前兆」があったに違いありません。

 

 

いじめによって自殺を選ぶキッカケは何なのか前兆は分かるものなのかをまとめて、そこからいじめから子供を守る術を考えて行きたいと思います。

 

 

よく、いじめの内容を聞いても「子供の問題」とか「子供同士で解決」すべきものと言っている大人達の言葉を耳にします。

 

本当に大人達の言葉通りに「いじめ」は子供同士で解決する事が出来るのでしょうか?

 

 

このいじめーラボで何回か具体例として「大津のいじめ事件」を挙げていますが、この大津のいじめ事件の内容を見てみると実際子供だけで解決する事は非常に難しいと言わざるを得ないでしょう。

 

具体的にどんないじめがされてきたのでしょうか??

 

《大津のいじめ事件の内容》

・自殺の練習

・日常的な暴力

・「死ね」や「カス」など人格を否定する悪口

・家に押しかけ部屋を荒らす

・金品の略奪

 

挙げたらきりが無いほどの内容となっています。

 

子供の価値観や心の拠り所は「友達」や「クラスの中」で全て完結してしまいます。

1日のサイクルも家で家族と過ごす事よりも、学校でクラスメイトや友達と生活するサイクルの方が断然多いハズです。

 

裏を返せば、「学校」でいじめが発生してしまうと「逃げ場」が無くなると言う事になります。

 

 

その世界では自分の事を認めてくれない、自分を人間としてみてくれないという事から「疎外感」や「絶望感」などを感じ自ら自殺を選んでしまうのが心理学の素人の私でさえ分かります。

 

 

結果、子供だけでは「いじめ」を解決する事は不可能に近いでしょう。

 

 

では、先ほどは「大津のいじめ事件」の内容だけで自殺を選んでしまう心理状況などを見てみましたが実際にはどれほどの子供が自殺を選んでしまっているのかを見てみましょう。

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

実際に自殺を選んでしまった子供はどれ位いるのか!?

僕がいつもいじめの事について調べる時に活用しているデータがあります。

 

平成30年10月の時点で文部科学省がまとめたデータ『平成 29 年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について』では、

 

・小学校から高校までで自殺してしまった生徒は約250人(前年度245人)

・小学生は6人(前年度は4人)

・中学生は84人(前年度は69人)

・高校生は160人(前年度は172人)

・全体の250人のうち、いじめによる自殺は10人ほどとされている

まとめると高校生は前年度と比べると若干減少していますが、小学校と中学校では前年と比べると増加している事が明らかとなりました。
この学年の内訳は次のグラフの様になっています

出典元:文科省 平成29年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について

 

やはり前年同様自殺の傾向は高校生が圧倒的に多く、いじめ問題に限らず若者の自殺が重大な問題である事は明らかのようです。

 

 

この統計の中で「いじめによる自殺は10人ほど」とされていますが、そもそもこのいじめの件数は「認知件数」となっていますので、実際には学校側が把握しきれていないだけでもっと多くの子供が自殺してしまっている状況と言えるでしょう。

さらに一番早い学年で小学校5年生の子供が自殺を選んでしまう事は本当に痛ましい事件であると言わざるを得ない状況です。

 

 

本当に子供の自殺を止めることは出来なかったのでしょうか。

 

 

自殺を選んでしまった事の原因として「いじめ」が全ての原因とは限らないとしても、大人が自殺する理由と子供が自殺してしまう理由には大きな違いがあると思います。

 

本当に自殺しか考えられない状況に置かれているとしても、大人に比べて子供は助けを得られる確率は非常に多いハズです。

 

多いハズなのに、実際はグラフの様にこれだけの子供が自殺してしまっている状況があります。

 

 

大津のいじめに限らずこれだけの子供が日々いじめに悩み苦しみ、そして自殺してしまう。

この現状を「まず知ること」が最初に出来るいじめ対策になると思います。

 

 

では次にこの内容を踏まえた上で自殺の前兆は分かるものなのか、何故自殺を選んでしまうのかを考えて行きたいと思います。

 

 

 

自殺を選んでしまう理由とは!?

先ほどのいじめ自殺のデータといじめの具体例をまとめていくと、「心の逃げ場」が無くなる方向に今のいじめが向かっている事が分かります。

 

 

先ほど具体例に挙げた大津のいじめ始め、前に書いた記事「いじめの対応や指導方法 今の学校はどこまでやってくれるのか!?」に書いてある群馬県や名古屋、埼玉、兵庫県で起きたいじめにも共通して「心の逃げ場」をなくす内容のいじめが多いです。

 

諸外国と比べると日本は圧倒的に「傍観者」の数が多く、逆に「仲裁者」の数が少ない傾向にあるとされています。

 

しかし、今の学校のなかで「傍観者」でいる生徒も明日には自分も被害者になると恐れながら学校に通っています。

 

 

クラスで起きた問題に関わることや自分から助ける事は「自分自身」を標的にする事に繋がるので「良心」と「標的になる恐怖」を天秤にかけてしまう事が傍観者が多くなる鯨飲だと推測します。

 

大人でも物事を天秤にかけて判断する事は多いと思いますし、それ自体は悪い事とは私は思いません。

 

 

前にも書きましたが「心の逃げ場」をなくすようないじめが最近の小・中・高校生の間では主流になっています。

 

そんな中、いじめを受けて自殺を選んでしまうケースについて次にまとめてみました。

 

 

 

いじめグループが前まで本当に仲の良いグループだったケース

心の逃げ場が無くなるようなイジメを受けてしまうと、他の人に相談出来ない事は多いと思います。

 

しかもそれが以前仲が良い友達の場合には、なかなか話を切り出す事が出来ないでしょう。

 

 

実際に被害に遭うと誰にも相談出来ない理由としていじめの内容や性的な嫌がらせとかが原因であると思いますが、大きい理由として「前までは本当に仲が良かった友達」からいじめられてしまった事が大きく影響していると私は思います。

 

前まで仲が良かったから「いじめの原因」は相手側にあっても、酷い事されても「きっと何処かで友達と思っていてくれる」と心の何処かで原因は自分の中にあると思い込む、または仲直り出来ると思ってしまいます。

 

 

自分でもいじめじゃなく「じゃれ合い」だと思いたい、自分のプライドを守る心理が働いて誰にも相談出来ずに悩み疲れて自殺を選ぶケースが多いのではないかと考えています。

 

さらに、家族も知っている仲が良い友達が加害生徒になってしまう事もありますので、尚更親には相談したくとも出来ないのかも知れませんね。

 

 

 

先生や学校がキチンと対応してくれると約束したケース

意外にも先生やスクールカウンセラーの人がキチンと被害生徒の立場で話を聞いてくれても、自殺をしてしまう危険性は以前高いままです。

 

先生やカウンセラーの人がキチンと対応しても、必ずいじめが収まるとは限らないからです。

 

そして1度解決したと学校が安心してしまうと再度いじめが起きた時に対応が遅れる事もあり、中には「いじめはもうしないって相手も言っていた」とか「今度は自分が悪いのでは」と対応すらしてもらえない事もあるようです。

 

 

被害生徒の立場から見てみれば「ここまでやってくれても自分の事をいじめるという事は、本当に嫌われている証拠なんだな」と逆に心が傷つく可能性もあると言う事です。

 

本当であればいじめは一度きりで解決する事はそうそう無く、時が経ってから再発するものもあり学校が変わっても知らないうちに発生してしまう問題でもあります。

 

なので「解決した」と安心せずにその後の子供の様子を把握していくしか方法はないでしょう。

 

 

 

大人がキチンと対応してくれないケース

このケースは誰でも分かると思いますが、子供は1人ではまだ何も出来ませんし責任も持てません。

 

本当は大人に頼りたいのです。

 

 

けれど、冒頭にも書いたように「子供同士の問題」とか「無責任な対応」などで子供の心を裏切ったりしてしまうと、心の拠り所を失ってしまう事が相談出来ない理由を作っているのだと私は考えています。

 

心の拠り所を失えばそれに変わる心の拠り所を求めてしまう様になり、より同年代の友達に深く依存するかもしくは依存出来なくなった事を理由に自ら「死」を選ぶ事もあります。

 

 

大人でも楽になるために「死」を選ぶ事は多いハズです。

 

「労働状況」や「金銭問題」「社会人としての責任」など問題から逃れるために「自殺」する大人がいるくらいですので、子供だから「自殺」しないとは言いきれません。

 

 

 

「居場所」が無いケース

先ほどの「大人がキチンと対応してくれないケース」と似ていますが、今の小中高生はスマホを持っている子が多い事も自殺などを選んでしまう理由になり得ると思います。

 

高校生になれば尚のこと「スマホの所有率」が高くなるでしょう。

 

今の中高生がスマホによるいじめを受ける事は「居場所を否定される事」と同じなのです。

 

 

LINEで繋がることは子供にとっても大人にとっても非常に便利だし、いざという時にすぐに連絡が取れるので重宝します。

 

けれど裏を返せば、24時間「監視される・逃げ場が無い」危険性もあると言う事になります。

 

 

この便利さを悪用されいつでも何処でも逃げ場がない無法地帯になる事は、最近のいじめニュースで自殺する内容を嫌でも聞いてれば分かると思います。

 

監視されている事は、心の余裕を静かに奪っていきます。

 

いくらスマホを見ないようにしたとしても、明日学校に行った時には「自分だけ知らない」状況になりますので根本的な改善策とは言えません。

 

 

 

いじめの前兆、自殺の前兆 家族でいち早く発見するために

 

①いじめの前兆

 

いじめの前兆や自殺の前兆を見つけて、いじめの防止や自殺を食い止めることが出来るのかをココでまとめていきたいと思います。

 

実際に私たち家族の息子がいじめに遭ってしまい、長い間家族で悩み苦しみました。

今現在は加害者相手に「裁判」を起こし「白」「黒」ハッキリ落とし前を付けるために裁判所に通っています。

 

 

実際にいじめの前兆や自殺の前兆を私たちの家族の例をとって考えてみると、いじめの前兆を知る為には子供と良く話をする事でお互いの信頼関係を築きあげる事が必要になってくると思います。

 

子供は生活の大半を「学校」で過ごす為に、家族側の視点ではなかなかいじめの前兆は見えにくいでしょう。

 

 

そこで家族での過ごし方や子供との接し方を工夫して、家族全体で子供のいじめに対応していく事でその前兆を見つける事は可能になるはずです。

 

あとはウチの家が狭いので息子の部屋は1つ下の妹と共有しています。

 

なので部屋に籠もる事がなかなか出来ない事や、「家で子供と同じ部屋で過ごす事」が多い事も1人で抱え込む事が無かった原因の1つになるのではないかと思います。

 

いやでも家族の事はみんなで共有出来る事がポイントになったのかなとも思います。

初めて自分の家の狭さに感謝した瞬間でもあります。

 

 

また、家族で過ごす時間が増えてくると必然的に子供の様子が変なのが分かってきます。

 

何となく虚ろだったりスマホ持たせていたのですが避けているように見えたり、話し方も自信が無いように声が籠もる様な感じになったりとか「身体的特徴」が目に見えて分かるようになります。

 

振り返って考えてみると、これがいじめの前兆になるんだと思います。

 

 

実際に家での様子がおかしいので学校に問い合わせてみたら、学校でもクラスでの様子について相談するところだったと担任の先生が言っていました。

 

 

 

②自殺の前兆

 

長くいじめに遭っていると心のストレスで心の病気になる事が非常に多いです。

 

どんなものに掛かるのかを見ていくと「PTSD」や「うつ」「解離性同一性傷害(多重人格)」などの心の病気になることが多い様です。

 

 

このことから分かるように、少しでも様子が変と思ったときは既に自殺の前兆になっていると思ってい良いのかも知れません。

 

 

いじめではありませんが、私の兄姉に「解離性同一性障害」に掛かっている者がいます。

 

日常的にリストカットや睡眠薬の過剰摂取、道路に飛び込みなど自殺の前兆というものは良く目の当たりにしてきました。

 

言動でも「もう疲れた」とか「生きていて申し訳ない」など自己否定を繰り返すような場合には自殺の前兆とみて良いでしょう。

 

 

また記憶の内容が断片的だったり、感情の起伏が激しくなる事も自殺の前兆になると思います。

 

「病(やまい)」は「気(き)」からとよく言いますよね。

 

 

実際にいじめによってこういった心のストレスが溜まって、ほんの少しのキッカケでそれが爆発してしまうといつ自殺してもおかしくはありません。

 

自殺の前兆を見つけるには、いじめの前兆があったその時に専門家による診断を受ける必要があると私は思います。

 

先ほど書いたいじめの前兆が見えたなら、すぐにでも相談を受けた方が良いと思います。

 

 

また自殺の前兆を見つけるために「本人からの告白」が出来る環境がどうしても必要になります。

先ほどの身内の話で「本人からの告白」の必要性は身に染みて思います。

 

 

いじめの前兆と重なりますが、家族で情報の共有が出来る環境は重要になります。

自殺の前兆が前兆で終わるように家族や学校の在り方を再確認する必要があると私は考えています。

 

 

 

③自殺の前兆 子供の自殺が多くなる時期は!?

 

自殺の前兆を考える時にもう一つ考える必要がある事があります。

それは実際に自殺する時期に偏りがあると言う事です。

 

 

文部科学省が取った統計ではダントツで「9月1日」が多いですが、詳しく見てみると少ない日でも10人以上(3月1日)は自殺している事が分かりました。

 

その後を見てみても、自殺をしてしまっている子が1年を通して20人から60人の間を行ったり来たりしている事が明らかになっています。

 

1年を通して「自殺が多くなる時期」を特定する事は非常に難しいと言う事になります。

 

 

自殺している人数に多いも少ないも無いはずです。

1日に10人も自殺しているのであれば非常事態だと言えるでしょう。

 

言い換えれば一年中いじめや自殺の前兆に入っていると考えて良いくらいだと言う事です。

 

 

子供の心理面で見てみると環境の変化について行けない事や、やっと環境を変えることが出来るのに思ったのに全然変わらず絶望してしまう事があると思います。

 

特に中学校や高校になると自分のプライドを守る心理が働いて大人に気兼ねなく相談する事も出来なくなります。

ちょうど思春期にもなりますし。

 

少なくとも夏休み明けの「9月1日」や入学シーズンの「4月1日」、年明けの「1月1日」は要注意になるでしょう。

 

 

 

いじめで自殺 自殺の前兆は発見する事が出来るのか!? まとめ

今回は「いじめと自殺」について自殺するキッカケや前兆は発見することが出来るのか、実際に我が子がいじめを受けてそこから分かった事を簡単にまとめてみました。

 

まず、最近のいじめの内容を簡単にまとめると「心の逃げ場」を奪う内容が非常に多くなってきています。

 

 

具体的にどんな内容なのかを「大津のいじめ事件」を代表として見てみると、

 

・自殺の練習

・日常的な暴力

・「死ね」や「カス」など人格を否定する悪口

・家に押しかけ部屋を荒らす

・金品の略奪

 

と言ったような非常に惨い内容が今の学校で起きているいじめで主流になっています。

 

 

子供がいじめで自殺してしまったり、いじめに遭ったりしても大人は「子供のじゃれ合い」とか「所詮、子供の問題」とまともに取り合ってくれない時もあるでしょう。

 

そこで、どれだけの子供が自殺してしまったのか統計を載せて自殺を選んでしまう前兆に見られる傾向を具体的にまとめました。

 

 

 

以上、全部書いて見て分かる事はどんなに小さい事でも子供は自殺する時や前兆で必ず何かしらの「サイン」は出していると言う事です。

 

「仲の良い友達」とのトラブルにせよ、「学校」に対する不信感にせよ、「大人」に対する不信感にせよ、「居場所」が無い事への不安にせよ何にせよ子供は必ず何かしらの「サイン」を出しています。

 

 

ほんの小さな「サイン」でも大人はそれに気づかなければいけません。

 

 

その「サイン」を放置してしまうと子供は絶望してしまい最終的に「死」を選んでしまいます。

そうなれば、最早「子供同士のじゃれ合い」では済まなくなります。

 

 

 

また、前兆「サイン」を別の視点からみて見ると「自殺する時期」に大きな「ばらつき」が見える事が分かります。

 

ニュースなどで言われる「9月1日問題」を中心に「季節の変わり目」、「新しいスタートを切る時期」が自殺のキッカケや前兆としてよく見られる傾向である事が分かります。

 

いじめで自殺する事、その前兆を発見することは可能

いじめや自殺の前兆を見抜く条件は、大人がその「サイン」に気づく事

 

まずは子供の言葉に耳を傾けましょう。

 

そしたら子供と一緒に笑いましょう。

そして泣きましょう。

会話をしましょう。

 

 

いじめ問題が上手く解決出来なくとも、「一緒に考える姿勢」が子供に伝われば子供はそれだけで心から安心します。

 

2年経った今、ようやっと子供のいじめも落ち着いてきて会話に「笑い」が出てくる様になってきました。

泥だらけになりながら辿り着いた1つの「答え」なのかも知れません。

 

もしよかったら、「いじめ-ラボ」では我が子のいじめ発覚から裁判を起こすまでの経験を元に「相談コーナー」を実施しています。

今現在イジメで悩んでいて学校との対応や我が子との接し方など、どう対応して良いのか分からず途方に暮れているのであれば一度お話を聞かせてもらえませんか!?

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました