いじめで自殺してしまった子に共通する特徴、心理とは何か!?

 

この記事を書いた人「はかせ」
詳細プロフィールはこちら
保護者がいじめに対処するための無料相談を実施中!
→『【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した相談ページ

 

こんばんわ!

いじめーラボ管理人の「はかせ」と申します。

 

今回は前回と同じ「いじめ自殺と心理学」をテーマに、いじめで自殺してしまう子の心理状況やその特徴をまとめてみました。

 

 

このテーマを書くキッカケとなったのは、我が子がいじめに遭ってしまった事がキッカケになっています。

 

 

2年前に自分が志望した高校に入学し3ヶ月くらいして友達関係や部活など順調に進んでいたはずなのに、急に学校に行く事を渋り始めたのを今でも覚えています。

 

今思えば、入学してから目を付けられていたのかも知れません。

 

1学期で起きたいじめが夏休みを過ぎてさらにエスカレートして警察に被害届を提出するまでになりました。

 

内容は本当に酷いもので、「人としての尊厳」を否定するようなものでした。

 

 

このいじめーラボを開設し、記事を書きながら当時の事を思い出すと本当に涙が出そうになるくらいに辛くなります。

今思うと本当に苦しかっただろうと思いますし、誰にも言える内容では無いので1人でよくここまで堪えたと褒めてあげたいです。

 

 

今学校で行われている「いじめ」は一度起きてしまうと再発する危険性が高く、学校も率先して対応をしない事もあって自殺の確率は非常に高くなっているのは皆さんご存知の通り。

 

この問題自体の発生を抑える事も重要になりますが、何より学校関係者だけで無く保護者である私たちが考えなければならない事は「どうすれば自殺を防ぐ事が出来るのか」についてだと私は考えています。

 

 

被害が明らかになってしまった時に一番避けなければならないのは最悪の事態である「自殺」です。

 

 

では、我が子とその他の子供達、同じいじめに遭い「自殺」を選んだ子とそうじゃ無かった子の違いは何だったのか!?

 

自殺という答えを選んだときの心理状況はどうだったのか、それしか方法が無かったのかを詳しくまとめていきたいと思います。

 

※今回の記事のテーマと同じ「自殺」についてまとめた他の記事を紹介させて頂きますので一度ご覧下さい!

いじめで自殺 自殺の前兆は発見する事が出来るのか!?

 

 

 

※この他にもこのサイトでは私たち家族が子供の被害を通して感じた事や学んだ事をベースにまとめていて、記事形式にして紹介しています。

 

「いじめ」が他人ごとでは無く明日は我が子に降りかかる問題であり、風化させない為にも実体験を基に記事にまとめています。

 

 

もし、我が子が不登校になってどう守って行けば良いのか分からなくなった時にも、あわせて読んで頂ければお役に立てる内容となっています。

 

 

実際に裁判を起こしたり、弁護士や行政書士の方のお話を聞いたりと解決策に向けて取り組んできた事の内容を書いていますので是非1度読んでみてください!!

 

 

 

いじめで自殺を選んでしまう子供の心理状況

いじめに限らず人が自殺してしまう時の心理について考えてみましょう。

人は誰しも「死ぬ事」に対して恐怖を持っていて、誰だって死ぬ事は怖いんです。

 

死ぬ事を選ぶと言う事は、その恐怖よりも「現実世界」に対しての「絶望」が勝っている事になります。

 

※実際に我が子の実体験を元に「自殺についての考察」をまとめていますが、このほかに是非参考にして欲しい内容の書籍がありますのでこちらも紹介させて頂きます。

 

 

この絶望感にはいろいろなパターンがあると思います。

いじめにもいろんなパターンがあるように自殺を選んでしまうキッカケ(絶望感)はいろいろあると言う事になります。

 

 

文部科学省が発表した統計によると直接的な原因が「いじめ」じゃないケースが多く、主に「家族問題」と「進路問題」が上位の自殺理由になっている事が明らかになりました。

 

※実際の統計はコチラ!!

出典元:『文科省 平成29年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果について

 

特に「いじめ問題」で自殺した件数は思ったより少ない感じがしますが、自殺理由の大半を占めている問題として「不明」とされている事と家族関係について少なからず「いじめ問題」に影響を及ぼしていると私は考えています。

 

 

例えば「父母等の叱責」で見てみると、我が子の被害について理解が浅いが為に「なんでそんなことでクヨクヨ悩んでいるのか!!」と怒ったりするケースが今でも少なくありません。

実際に相談頂いている方々で「父親」の見解がこのようなケースが多いです。

 

「えん世」(世の中に対して絶望感を感じること)であればいじめがキッカケでそう思うようになったのかもしれません。

 

「精神障害」での自殺でもキッカケがいじめによるものかもしれません。

 

 

何よりも学校が子供のいじめについてまともに把握出来ていない状況の中で、自殺の原因だけハッキリと把握出来ている事はおかしいのです。

 

なので自殺理由について「不明」としている部分については、「いじめが原因」の可能性が非常に高い事も考えられると言うことになります。

 

 

 

以上の統計データを見ながら子供の心理状況を考えていくと、このいじめを始めとする様々な「悩み」から「解放」または「解決」したいという願いが「自殺」に繋がって行く傾向にあります。

 

死ぬ事への恐怖よりも自殺を選んでしまう心理状況は、裏を返せば「現実世界」の「苦痛や悩み」からの「解放」や「解決」などの願望の表れとも取れるでしょう。

 

 

では、本来ではそう簡単に自殺なんてできるはずも無いのに最近のニュースではいじめを苦にして自殺する子供が多いのでしょうか?

 

悩みのレベルが「死」を考えるくらいに高くなっているのかそれとも子供にとって生きづらい世の中になりつつあるのか、子供が簡単に死を選ぶ心理状況やキッカケを次の段落で見ていこうと思います。

 

 

 

いじめから逃れる方法がなぜ「自殺」なのか

いじめを苦に自殺してしまう子供の心理状況を調べる上で、「苦痛や悩み」からの「解放」や「解決」などの願望の表れが自殺となって最近増えてきていると説明しました。

 

普通に考えると「自殺」はそう簡単に出来るものでは無いのに、何故こんなにもいじめを受けて自殺する子供が増えてきたのか??

 

何故「苦痛や悩み」からの「解放」や「解決」の方法として「自殺」が選ばれるのでしょうか??

 

 

原因の1つとして「インターネット環境の普及」が考えられると思います。

 

 

インターネット環境の普及によって「個人」が情報発信出来る様になり、自分の悩みをブログをはじめツイッターやフェイスブックで発信出来る様になりました。

 

これらが普及する以前にもいじめによって自殺する子供はいましたが、現在の様に個人の情報が公になる事は無かったので「今まで影に隠れていたものが表に出ただけ」と考えても良いかもしれません。

 

 

ニュースでほんの少しだけの尺で流れた「自殺のニュース」。

それが自分が受けているいじめが原因で自殺をしてしまう現実を目の当たりにしたときに「情報」が「手段」に変わって行ったのでは無いでしょうか?

 

つまり、そういう「問題の訴え方」もあると子供は理解してしまったと言うことです。

 

「他人の出来事」が「自分の出来事」に変わったときに、「自殺」が「解決手段」になって行くのだと思います。

 

 

 

原因の2つ目は、情報がインターネット環境の発展に乗じて「溢れすぎた」為に取捨選択が出来ずに情報に流されてしまう事でしょう。

 

先ほどの「ニュース」で流れた自殺の事実がいじめで悩んでいる子供のリアルに入り込んでしまう事も、自分で自分自身にブレーキがかけられない状態になってしまうと言う事です。

 

どれが正解でどれが不正解なのか自分で判断出来ない事が取り返しの付かない選択をしてしまうのだと思います。

 

 

特に「いじめ」を受けてしまうと心の余裕や逃げ場を奪われてしまいます。

心理状況は焦りと不安がせめぎ合って葛藤している感じになるのではないでしょうか。

 

ご飯も喉を通らないし、どう考えてもプラスに考えられないと思います。(実際にウチの子が言ってた事です)

 

 

さらに心の余裕や逃げ場を奪われてしまうとちょうど焦っている時に周りが見えなくなる状況と同じ様に視野が狭くなると思います。

 

ましてや私たち親も普段の生活や仕事の事で悩みを抱えていますから我が子に問題が起きたとしても「見えていない事」があるし、言うつもりも無い言葉が帰って我が子を傷付ける事もあるでしょう。

 

私たちが何気なく言い放った言葉が、我が子に「間違った選択」を選ばせているのかも知れませんね。

 

 

 

以上、何故子供は自殺を選んでしまうのかの原因を2つほど取り上げてみました。

 

2つとも「インターネット環境の発展」が関係していて、いじめの解決策の1つとして「自殺」が選ばれている事が分かると思います。

 

では次にいじめを受けて自殺してしまう子に共通して持っている心理状況を、実際にあった心理実験や心理学の一説と一緒にのせてまとめて見ていきます。

 

 

 

いじめに関係する代表的な心理的状況、心理学実験

 

 

①人が監視され続ける

 

LINEで学校とプライベートの垣根が無くなってきている事が非常に多く、いじめでもLINEいじめが厄介な問題でもあります。

この事に関係する興味深い心理実験がありました。

 

アメリカの「スタンフォード大学」の心理学研究事件、通称「スタンフォード事件」というものです。

 

内容は大学生を20人選抜し「看守役」と「囚人役」を10人ずつに分け2週間監視しながら過ごすという心理実験です。(1週間で交代の予定)

 

結果は与えられた役割(権力)に依存するようになったり、非人道的な行動の強制だったりレイプ事件の発生などが頻繁に起こり大問題となりました。

 

この実験は非常に危険な状況になった為にわずか6日で終了となり、その後も異常をきたした大学生はカウンセリングを受ける事を強制された事が明らかとなっています。

 

 

この実験で興味深い事は、同じ立場の人間でも「与えられた役割(権力)」の前では高圧的な態度を取る事です。

 

学校で実際に問題とされている「スクールカースト」がこのスタンフォード事件と非常に似ている性質を持っており、いくら仲が良い友達同士だとしても一度「立場」が変わればそこには「いじめ」が起きている危険性がある事を教えてくれる事例です。

 

 

 

②いじめる子がクラスの友達で、クラスの友達に深く依存する

 

この内容は心理実験では無いのですが、犯罪者と人質が特別な状況下で親密になり互いに依存してしまう状況になると言うものです。

 

聞いたことあるかも知れませんが「ストックホルム症候群」というものです。

 

 

いじめの事件と関係するポイントとして「何処かでまだ友達と思ってくれている」「自分に原因があると思い込む」心理がこのストックホルム症候群に共通するポイントになります。

 

ほんのちょっとだけ加害者が被害生徒に「親切にしただけ」で被害生徒はほんの少しの淡い希望を持ってしまいます。

「まだ友達として見てくれる」と。

 

本当は誰が悪いのか端から見れば一目瞭然なのですが、当事者同士になると少しの善意で(例えば謝罪の手紙やクラスみんなの励ましの言葉)原因は「自分」にあると自分で自分を責める心理が働き余計に心の余裕を無くしてしまいます。

 

 

 

③メディアで「いじめで自殺」と連日報道される

 

この記事の「いじめから逃れる方法が何故自殺なのか」にも書きましたが、影響力のある「メディア」で「いじめと自殺」が流れると、いじめを受けた子供が自殺してしまう件数が多くなっていきます。

 

心理学でこのような心理状況を「ウェルテル効果」と言います。

 

この「ウェルテル効果」の心理的効果を証明したフィリップス博士が実際の自殺の統計と自殺の報道回数を比較して報道される回数が多ければ多いほど、規模が大きければ大きいほど自殺する確率が高くなると実証しています。

 

 

 

④相手(いじめっ子)の事を殺したいほど憎む

 

いじめの内容が酷すぎて、精神疾患を患ったり心が壊れてしまったりした場合相手に「殺意」を持つ事も珍しくありません。

 

相手への殺意が強すぎて、自分の心に留まり続けると「死」をもって復讐する事があるようです。

 

相手に殺意を持てば持つほど「自殺」する可能性は大きくなって行きます。

普通は逆に思いますが、逆転するほど相手が憎くてしょうが無くなるのだと思います。

 

私たち家族もいじめっ子家族の対応に殺意を持つ事もありましたし、相手にもそれ相応の報いを受けて貰うために「裁判」という形で戦うことを選びました。

 

 

 

⑤「死」に対する憧れからの自殺

 

元々「自殺」などの「死」に対する事への興味や憧れが「いじめ」をキッカケに実行に移してしまう事もあります。

 

現実に疲れてしまい、死へのあこがれが強くなり実際にやってしまう事は青年時代(大体高校生くらい)に多い様です。

 

 

 

⑥自分のステータスをリセットする

 

自分が思っていた様に事が進まず、まるでゲームの様に「やり直す」事を「自殺」で表現するケースもあります。

 

クラスでは人気者だったり彼女がいて毎日楽しくて放課後の時間や休み時間などスクールライフを満喫出来るハズが、蓋を開ければ真逆の苦痛の毎日。

 

罵声や暴力、人格否定の毎日で人生に疲れ「こんなハズじゃ無かった」と生きることを諦める。

 

具体的ないじめという問題があるのであれば「自殺概念」、漠然とした不安や絶望であれば「希死念慮」と言い分ける場合があります。

 

 

 

 

以上、自殺を選んでしまう心理について簡単にまとめてみました。

 

言葉で「自殺」とみただけでは、子供の心理的状況やそれを選んでしまった道程が分かりません。

 

子供は子供なりに「苦悩」を持っていて、大人が思っているより思考が大人になっているものだと言えるでしょう。

 

 

その他に教師がこのようにクラス全体で取り組んでいる事自体に満足して「解決した」と判断してしまう事も「いじめの認知度の低下・自殺の増加」の理由になっているのではと私は考えています。

 

いじめは絶対に一度の指導などでは簡単に落ち着く事は無く、仮に落ち着いたとしても今度がいじめられた側が「加害生徒」の立場に切り替わっている場合もあります。

 

 

我が子が学校に通える様になって初めて「原状復帰」に向けてのスタートラインに立てた事になりますので、これからの対応が肝要になる事を全ての大人が知るべきだと思います。

 

 

「子供同士のじゃれ合い」や「子供の考える事だから」と安易に考えるのでは無く、真剣に子供の様子を観察して、早めの専門家による適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

 

 

 

いじめで自殺してしまった子に共通する特徴、心理とは何か!? まとめ

今回の記事は「いじめと自殺」をテーマに「いじめで自殺してしまった子に共通する特徴、心理とはなにか」をまとめて見ました。

 

実際に我が子がいじめに遭ってしまい「自殺」を意識してしまった時も遭ったようです。

今は何とか学校に通うことが出来る様になりました。

 

 

子供が自ら「死」を選んでしまうほど、今のいじめの状況は深刻かつ緊急を要する状況となっています。

 

 

子供が何を思っていて、何を求めているのかをしっかりと大人が理解する為に「自殺を選んでしまう心理状況」を6つほどまとめました。

 

いじめを受けて陥りやすい心の傷、心理状況を知ることでこれからの子供との接し方は変わって行くハズです。

 

子供であっても大人と同じ様に専門家によるカウンセリングをうけて、しっかりと回復するまで学校から離れたり静養したりと対策を取らないと行けません。

 

 

「自殺したい」と言っているヤツほど、自殺しない

 

 

よく言われる事ですが、自殺に関する心理学についてのとんでもない間違いです。

しっかりと子供の心理を理解していじめと向き合う事が子供が一番望んでいることになります。

 

 

最後にこの記事を読んでくれている方に知ってほしいのは、いじめは絶対に被害者側に原因があるのではなく100%加害者側に問題があるという事。

 

1人で悩む事はせず、「相談」する勇気が必要になります。

 

 

自殺をする勇気を持つ前に、相談する勇気を持って下さい。

必ず心から真摯に向き合ってくれる人はいますから!!

 

 

 

いじめが起きてから裁判で勝つまでの経験を元に相談コーナーを実施中!!

 

この記事で書いた事や「いじめ-ラボ」でまとめている内容は私たちの子が実際に受けたいじめをベースにまとめています。

さらにこの記事を読んでいるあなたをはじめ、今現在いじめで悩んでいる方々に少しでもお役に立てれる様に日々勉強をしています。

 

そこで今回このサイトでは記事の紹介だけで無く「これからどうやってこの問題と向き合って行くか、分からない事」などについて随時相談を受け付けております。

 

  • 我が子にいじめが発覚して、これからどうして良いのか分からない
  • 学校がキチンと対応してくれなくて不安だ...
  • 子供の様子がいつもとおかしい
  • 誰にも相談出来なくて、今の気持ちを聞いて欲しい!

 

など、私たちの経験を基に記事に書いていない事なども答えられる範囲でお答えします!!

 

※質問やお問い合わせはコチラ!

【完全無料】いじめ発生から裁判で勝つまでの「2年半」を凝縮した「いじめ-ラボ」相談ページ

 

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました